逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

悪夢の雛形(DNAデータベース)

< 警察庁、DNA型情報 集積検討 >
警察庁は、事件の容疑者や現場から採取された血液や毛髪などのDNAの型情報について、データベース化に向けた検討を始めた。
昨年は殺人や強盗、強姦(ごうかん)など1159件の捜査でDNA鑑定が使われた。
警察庁は、捜査の中に入手した血液、毛髪や容疑者のDNA型情報を一元的に管理し、全国的に活用する方針。導入までには少なくとも数年かかるとみている。

「197×年以降に生まれたこどもたちは、一部の政府機関と懇意の病院施設によって、DNAを採取・管理されている」という種の、稀に見かけた例のフォークロア的伝説は、事実だったのであろうか?

※ここから下記の記述は、多分にボクの妄想的仮定によって構成されています。判断はすべて読み手の感性に委ねます。

_これは悪夢の現出ではなかろうか?
かねてより、ボクが漠然と不安に感じていたことが、現実味を帯びてきたのか?
警察庁が、DNAのデータベース化を始めるらしい。これはすでに規定の路線のようだ(「G8のなかでDNAのデータベースを警察捜査に利用していないのは、イタリアと日本だけ」という、いつものバカげた論拠で、もうやることは前提としての検討らしいから)。
いまのところ
「捜査の過程で得られた、記号化されたDNA型情報だけだ。この型情報には、病気や体質にかかわるような遺伝情報は含まれない」
と主張しているようだが、これはいままでの数々の前科(一部の障害者たちの長年に渡る去勢事実の隠蔽など)からも、甚だ信用できないものである。 
「病気や体質にかかわるような遺伝情報は含まれない」といったところで、なんだって「純粋な研究目的(旬語w)」と称して、「サンプルとして保存・隠匿」する可能性は高いだろう。

データベースに入る対象者
対象者は、いったいダレになるのだろうか? こちらもいまのところ「捜査の中で入手した血液、毛髪や容疑者のDNA型情報を一元的に管理し、全国的に活用する」といってはいるが、この「捜査の中」というのはどういったものだ?
大きな施設で事件が起これば、それだけDNA採取の対象範囲はもちろん広範になる。
ましてや病院施設などで起きれば、全患者を「捜査対象者」とできるのではないだろうか?
そして最も恐るべき、最も想像に難くない未来図として、捜査の有効性を盾に「全国民のDNAデータベース保持化」を政府が主張するのではないか、というのがボクのいちばんの懸念である。
これは特に妄想とは言えないのではないだろうか?
「トンガ王国が全国民の遺伝子をデータベース化」

遺伝子データベース化による弊害・差別
ここからは完全に仮定の話となるが、全国民が管理された場合の弊害について話そう。
DNAの持つ特性は、日々、加速度的に解明されていっている。
「このひとはガンになりやすい遺伝子を所有している」など、医療現場においても一部ではすでに活用されている(こどもの段階で調べてもらっても判るらしい。親族にガン患者を持った家のひとたちが、判定をしてもらうケースはけっこうあるそうだ)。
近い将来、ほぼすべてのDNA特性が解明・利用されるのではあるまいか?

「彼は暴力的な素養を持っているからねぇ・・・」
「キミは夜型に向く遺伝子型のようだから、夜勤をおねがいしたい」
攻撃性を持つホルモンの分泌が一般のひとよりも多いや、有効な睡眠を得られるであろう時間帯の個体差による算定などは、けっしてむずかしいDNA判定とはならないだろう(すでに解明されてるかもね。ちなみにこの上記のセリフは、むかしなんかで読んだSF小説のうろ覚えを起こしたものですw)。
こうなってくると思想統制(?)や就職など、あらゆる場面でDNAデータベースが引き出されるようになるのではなかろうか?
いくらデータベースの管理を厳密にすると言ったところで、肝心の運用者がバカな人間なのだから、どうやったって「おもらし」が現れるにきまっている。
というか、そもそも国・政府ごときが、このようなシロモノを手にすれば、悪用するのは火を見るよりも明らかだろう。
(ボクらは、戦後生まれのために完全に平和ボケしているが、すこしでも緊迫した時勢になれば、そんなものはなし崩し的に蹂躙されるのだから。現にいま、やたらと「有事」に関して、うれしそうに躍起になって法整備を進めている姿からも、充分に憂慮できるはずだ)

さてさて、みなさんはこの件に関して、どう思われますか?
文章のほとんどは、ボクの妄想的な仮定によって構成されていますが、それらを差し引いても、国民すべてで話し合うべき議題ではないでしょうか?
この国は、なし崩しが大好きな国です。
それはみんなが暴挙や何事に対しても、バカな諦念から意見しないことからに起因します。
政府は、国民がバカになればなるほど、嬉々としてどんどん平気で愚挙を行えます。
みんな、いつまでも「どうしようもないから」とか眠たいこと言って、流されるままで良いのですか?
いまの時代の閉塞感って、なにも抵抗しないバカなボクたちにも責任が大なのだから・・・。

|∇')ノ感想できればよろ~♪(妄想文相手にとっつきにくいだろうけどw)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-09-17 12:33 | ニュース