逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ひとのフリ見て もちろん我がフリは改めず

< 反日デモは「愛国主義・反日教育の成果」 文科相が批判 >
近年、さかんに次世代の子供たちの教育指針に「国を愛す心」をねじ込んでいる文科省のトップが、他国の愛国主義教育は悪し様に批判してみたり
これは政治家としては完全に失言だ なにかを批難したかったら細部について言及すればいいのに、「愛国心」という本丸に文句 これでは日本の文科省も教育指針から「愛国」の二文字を削除する必要があるな もちろんとらないんだろうけど
きっと他国の愛国教育は気ちがいばかりつくるけど、日本のそれは全然、別次元の高次にして崇高なものを施せる、とでも思ってるんだろう バカさ加減もはだはだしいが
「愛国心」とは、本質的に常に「対話の拒絶」を意味する
愛国者が、情念たっぷりに非論理的言動・行動を平気でするのは、いまの中国での暴れっぷりを見ても明白だが、これはなにも冒険野郎気質な中国人だからというわけではない
単に集まった数によって、その行動の過激さが変わってくるだけで、日本でも中国領事館や中国人施設が、こっそりと攻撃を受けている
ひとが愛国心を唱えるとき、そこからは思考力が激減し、情念が完全な主体となって、発言や行動が誘発される そこでは人間的論理性はいっさいの効力を失い、ひどく動物的な、血生臭い異臭が発せられる
元々、一般的人間には、他国の、とりわけ理解に苦しむ人間を下に見なす傾向があるが、中国の愛国者が理解できないのならば、日本の愛国者の例ならばどうだろうか
たとえば、つくる会を強力に支援する(支援者リストにしっかりと名を連ねている)イシハラなんかを考えれば、どんなものかなんとなく分かるんじゃないだろうか
もし彼とふたりで遭遇したとき、彼と意見を異とする場合、まともな人間的対話になりうるかどうか、想像してほしい もちろん会話にもならないだろう
情念という、「思考と切り離された」非論理的言語を発するような相手といったいどうやってコミュニケーションをとればいいのだろう?
愛国教育とは、すなわちそういうことじゃないのだろうか? いまの燃え盛る中国の愛国者と接点を持つことが困難なように、そういった人間を日本も増やそうとがんばってるんですよ、いまこの瞬間も
国家斉唱しないだけで減給処分を受ける先生たち
受動的防衛の自衛隊から、能動的防衛・侵略型の自衛軍へのシフトチェンジ
そろそろボクらの民主的権利も愛国の名の下に踏みにじられる日も、もうそこまで来ているんじゃないか? 他国の過剰な反応にまんまと乗せられ、ボクらはボクらの国の政府にその首を差し出し、まんまと絞められようとしている
中国国民の日頃の鬱屈も、中国政府による精神的抑圧からくるものであることを、ボクらは無視して
ボクらは、近隣国を恐れて、この国が中国化しようとしているのを何もせず黙認したくはないものだ
愛国者をつくるのは極めてカンタンだ 他国者から攻撃を受ければいいだけなのだから
うまいもんだぜ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-04-19 14:57 | 日中問題