逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

戦後民主主義は、首都から終わりを告げるのか?

< 都教委:卒業式の君が代斉唱時に不起立で50人処分へ >
びっくりするくらいバカげたニュースが飛び込んできた
本年度の卒業式、君が代斉唱時に起立しなかった都立高校教員たち50名の処分が発表された
しかも昨年に引き続き起立しなかった教員約(?)10名は、減給処分まで受けるという
こんなバカげた話が、民主主義国家を名乗るこの国であってもよいのだろうか?
君が代は、いわゆる天皇家の万世一系の・・・という内容の曲であり、第2次大戦後、民主主義国家を名乗るようになったこの国の国民のおいては、この歌の斉唱はどこまでも個人の任意の下に委ねられるべき事柄となったのではなかったのだろうか?
それはたとえ公職についていようが守られる、いわゆる信条の自由というものだ(コイズミも一国の宰相という最大公人であるにも関わらず、「公人として」すらのうのうと靖国参拝しているのだからね)
この国の首都・東京都は、知事を石原慎太郎としてから何かが急激におかしくなっている
えらいファシズムをすんなりと受け入れ、都民自らが個人の自由を捨てたいというのだろうか?
こんなバカげた独裁者とその取り巻きは、民主主義国家においては似つかわしくない
次回選挙時には、必ず石原のぶっちぎりの敗戦、および引退を切に願うものである
もし彼が今後も都政に携わっていくようなことがあれば、少なくとも東京における戦後民主主義の終わりを意味するだろう 都民自らがその権利を放棄しているのに他ならないのだから
(そういえば、石原は作家時代に皇室に対する記述で、彼らを国民の鑑賞物になりさがってるといった種の記述をし、さる右翼団体からその命を狙われていたとなにかで読んだ記憶があるが、このような行動もやはりそこからの逃避が変化した形であらわれているとでもいうのだろうか?)
斉唱時に起立しなかった教員数人が「勤務態度不良」とみなされ、定年退職後の再雇用試験で不合格とされている_との記述もこの記事にはある この国の司法がまだ最低限、建前の民主主義を認めるのならば、即刻この違法な行動にたいして然るべき処置を早急に取ることを切に願う
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-24 20:49 | ケイオス-フィリア