逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

☆J リーグ2005シーズン 優勝予想☆

いよいよ開幕が目前まで迫ってきました なにか忘れてるなぁ、と思っていたら、そうこれ!
優勝&上位予想やるの忘れてました! つうことでAMNESIac7が予想する順位はこちら・・・

優勝:浦和レッドダイヤモンズ
エメルソン頼みとも言われるチームだが、そのエメルソンがシーズン通して出場できれば充分に優勝することが可能だろう もしエメが抜けるようなことがあっても、田中-永井-岡野といったアタッカーたちも決してあなどれるようなレヴェルではない 問題があるとすれば、坪井が代表招集で抜けたとき、アルパイが腐らず残留しているかどうか、これである 開幕を取れれば、優勝の可能性はもっとも高い

2位:ガンバ大阪
天才アラウージョの加入で前線はJでも最高のファンタスティックなものとなった 大黒が抜けても吉原がおり、宮本に関してはそのポジションすら定まらないので問題ない キーとなるのはやはり遠藤に出場数だろう 30試合以上のフル出場があれば、最後まで優勝争いに絡めるだろう

3位:ジュビロ磐田
その戦力だけを見れば、J 最強はおそらくここだろう 各ポジション、さまざまな年代で素晴らしい選手を抱え、最強を名乗るのに相応しいメンバーだ キーとなるのは、初めてリーグの監督として采配を振るう山本さんだ 短期決戦の戦いは熟知していても、シーズンを通しての戦いは未知数 現在のメンバーを見ると、若手をスタメンにして、ベテランの後半投入がもっとも有効な戦術ように思えるが、おそらく山本さんはその逆で開幕を迎えるだろう 5~10節あたりでもその構成ならつまづき、そのツケが最後に祟ってくるだろう また逆におもいきった采配ができれば、優勝の大本命に推しても支障はないだろう

4位:横浜F・マリノス
若手が着実に育ち、選手層は確実に上がってきている昨年、一昨年の年間王者 しかしあまりにも主力組のケガ人が多く、奥大介あたりにかかる精神的負担は相当なモノだ 素晴らしい選手ではあるが、攻撃の核となるドゥトラも年齢的にいつケガをしてもおかしくないだけに、すべては薄氷の上である 久保、山瀬、安、坂田、松田、アデマールなどが、復帰後即活躍できるという保証もなく、素晴らしい戦力はいるも、若手だけでは厳しいだろう そのうえ大島まで開幕直前に左アキレス腱炎症とは・・・どうなってんだ、ここのチームドクターは?!

・分析だけして順位予想忘れてました(アホ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-04 13:02 | サッカー