逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

寝かけ寸前

雨戸を閉めて 完全に近い暗闇のなか
ラヂオをかけながら 意識が遠のく瞬間
このまま呼吸を止めて 現世とおさらばしたいと ふと願う
なにも考えずに ただしずかに ただしずかに
いまの世は 不毛な会話がおおすぎる
ダレもカレも不満をかかえ まともな会話ができなくなっている
(ボクの周りだけか?)
もううんざりだ もういいんじゃないか と闇はボクに告げる
そのくらい 闇には官能的なものがある
どこかしずかな やすらぐ とこしえのひびき・・・

ラヂオから笑い声
意識がきゅうに闇から抜ける
さっきから聴こえていた声とはあきらかにちがう シンパシーのもてる波動
すこし元気がもどってくる
もうすこし・・・わるくない
120歳までの旅は まだまだ遠い


(´-ω-`)かなり疲れてます
元来、人生とはつまらないものですが、それでも栄養は必要です
だけど栄養は自分のなかからひねり出すしかない
ネガティヴな会話しかできないヤツら
こころとの対話をする邪魔をするんじゃねぇよ 
ひきこもれってか バカヤロー

※人生、食うに困らないだけのカネがあれば、ひとりで充分だとも思う昨今であります
おわりかけです
[PR]
by amnesiac7 | 2004-11-19 08:32 | 日記