逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

控え組は やはり控え組ということなのか?

おそろしくつまらない試合だった。控え組とは やはりこの程度なのか?

ホンキでアピールしようという意識が見えたのは、ボクには松田だけだった(しかし何だか痩せてたね。体調不良か?)。
前半序盤の決定機連発が、試合に対するモチベーションに祟ったのかもしれない。
この程度の相手なら いつでも崩せる、と完全にナメてしまったのか、選手たちの意識は明らかに低かった。
チームとしての連動性、相手の動きや位置の確認、球際への積極性、すべてにおいて今年のワースト級だった。
おそらくアピールする気はそれなりにあったのだろう。
しかし、それはチームとしてではなく、あくまでも自分だけの。
タクトを振った小笠原は、はっきりいって今日のワーストだった。完全に手抜きな、馴れた相手だけを意識した、馴れたスタイルのパスに終始。元より展開力のある意表を突くタイプの選手ではなく、職人肌の選手だ。だからチームの中心に据えることのできる選手ではないのだが。
きょうのジーコの采配で、ケチをつけれるところといったら、大久保の起用法だけだった。
アレが逆の交代なら、なんの文句のつけようもなかった。

結果論からいえば、旧世代のチームのほうが、きっと楽しめたに違いない。
消化試合であるはずの今日の試合が、結果として消化不良試合となったのだから。
だが、こんなの試合結果でも、ジーコにとってはひとつだけ大きな価値のある試合となった。
それは、「控え組を出せ!」という外野からの声を、しばらくのあいだ封殺できるであろう、ということである。
これはひょっとして至高の結果ともいうべきではなかろうか?

ヽ( ´¬`)ノそんくらい つまらん試合だった つうことだよっ!!!ぁぁっ!!
[PR]
by amnesiac7 | 2004-11-17 21:41 | サッカー