逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

断想アワード ニュー・カマー編

あくまでオレ的なので、世間的には周知でも、オレが今年発見したそれをピックアップ

< 音楽 >
Panic at the disco ぶっちぎり!今年最大の発見!カッコイイと道化を見事に調和!
カミアリツキ リンク先からマイスペースに行けます 黙って聴け!
I am robot and proud 中華系カナダ人 トロニカ方面ではコイツがいちばんのサプライズ
高木正勝 ヤパン(日本)にも出てきたのですな、新たな異才が!

音楽方面は今年は大豊作の年だった
特にMICKEY.TVの多ジャンルのチャートは非常に参考になったし、各種検索サイトも範囲が充実してきて、いろんな種類の音楽を聴けた(ココのSimilar Artists検索はマストでしたね!)

< お笑い >
ガリガリガリクソン 「オッス、おらニート!」「あれ、夢で見たのとちがう」 7年目の新人w
モンスターエンジン・西森 鉄工所ラップすげぇー!
天竺鼠・川原 ねむたーい! 

にしても不作だ 各制作者のアイデアの枯渇のせいもあるが、お笑い番組はどれも死んでしまった

< コミック >
コーヒーもう一杯(山川直人) 味わい深い、味わいだけの漫画 ひじょうに良い
鈴木先生(武富健治) 完全無欠のオナニー漫画 作者の自意識の過剰さが(共感を含め)爆笑

コミックは例年通りといったところか
土屋ガロン(狩撫麻礼)の新作におけるアイデアの枯渇ぶりには、唖然とさせられたが・・・

< 映画 >
該当作品なし

まったく見ていない 見る気も起こらない
いまのボクを、90分ガマンして見させきれるような作品は、おそらくなかなかないのだろう
そういえば、TVで"キサラギ"を見た あのくらいのギャグものじゃないとダメだろうな、いまは
(といっても、賞をあげれるところには、もちろんとどかないが)

< ラジオ >
文科系トークラジオ Life 関東ローカル番組 ネット配信で聴取

関西ではなかなか聴けない、実のあるラジオ番組をネットで発見
アタマでっかちの半人前、鈴木謙介(同い年w)をメインに、大人なサブたちが脇を固めるトーク番組
毎回、現在の世相をテーマにああだ、こうだ
柳瀬、森山(あだち充原理主義者)の出ていない回は聴くに耐えないときもあるが、津田大介も良い
にしても、鈴木を"チャーリー"と呼ぶのはなぜか?
どこで待ち合わせをしても自転車で現れるから、とかか?(笑)
ベストの回は、やっぱ「運動」
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-12-26 17:55 | オススメなのか?