逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

天獄

彼は生前"常に正しく"暮らしてきた。
よって、彼は念願でもあった天国に辿りついた。
しかし、そこには誰ひとり人間はおらず、彼ひとりが存在するのみだった。

彼は生前、大きな病気をひとつもせず、常に節度を守り、なにひとつ他人に恥じるところを持たず、
天寿を全うした。
そんな人間であったにもかかわらず、彼にはまるで人望がなかった。
彼の、ひとの痛みをなにひとつ感じることができず、認めないもしない態度が、ひとびとをして、
敬遠させる結果を招いたからだ。

彼は天国で、こうつぶやいた。
「また、ひとりぼっちになってしまったか」

節度の虜囚の話
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-12-18 18:32 | 断片小説