逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2010年 09月 ( 49 )   > この月の画像一覧

がちホモ

いつも行く銭湯で、ちょちょい出くわす、ガチホモの角刈りおっさんがいる。
ちびっこ熱視線で、いつも見てきて、過去に一度、空々のサウナで肌が触れるくらい真横に座られたことがあり、見かけたら必ず距離を置くようにしていた。
しかし、きょうはとんでもなかった。とにかく付回してきたのだ。
湯船で、水風呂で、洗い場で。マジでドツいても良いレベルだったと思うけど、ガリちびの50歳代をぶん殴ったとあっては、人間としてどうかと思うのでガマンしながら、逃げ回った。
にしても遠慮というものがなさ過ぎる。ホモにもホモのマナーがあるだろうが!

遠慮というか、手加減のない人間が、最近どんどんと増えてきている。
「ぶっちゃけ」以降、この国は際限のないボーダレス化が進んでいる気がしてならない。
歯止めというか、建前というものを再考すべき時が来ているはずだ。
このままいけば、なんの救いもない国になるよ、日本も。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-23 22:03 | 日記

ラヴいにも、ほどガール

「帰りにちょっと寄ってもいいですか?」 なんの用だろう?

どうやら、おしゃべりしにきただけだということには、数分ほどで気づいた。
で4時間(!)ほどトーク。
しかし、なんでこんなおっさんを相手に10代のオンナの子がお話をしてくれるのだろうか?
他愛のない会話から、込み入ったプライベートな話まで。
ボクに対する警戒心をカノジョはまったく持っていないらしい。
ボクはカノジョを眺めているだけでニマニマとしてしまうわけだが、真剣な(プライベートの)告白をされると、やはり真剣にボクも応えなければならない。
これがいちばんカロリーを使う。もちろん今夜、体重計に乗ったら、がっつりと落ちていた。
楽しく痩せるダイエットて、これ最高じゃないか。

最近、年齢に関係なく、とてもプライベートな話を仕掛けてくる女性が急増中。
「このひとは聴いてくれるひと」みたいなオーラでも出ているのだろうか? 初対面でもガンガンだ。

きょうは、インプットしなければならないデータがいっぱいだ。
全部・・・入るわけがないな^^; 反芻作業は明日のボクにゆだねよう。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-23 00:11 | 日記

めんこいということ

なんて、めんこいんだ!と心の中でさけんだ瞬間。
て、カノジョがボクのアクションをそのまま瞬時にトレースしていただけなんだけどね(笑)。
ヘン顔 → ピース・サイン(チョキチョキ) → 笑顔 → 手をふる。

ちょっと、びっくりした話。
問屋の従業員が、なにやら梱包作業にもたついて、振り向きざまにひとこと。
「ごめん、ちょっと待ってん」
唇を軽くとがらせ、小首をかしげながら、アンニュイに・・・オマエはオレのカノジョか?(笑)
初対面(のはず)の相手に、この対応はちとマズいんじゃないかな?
最近の20代前半くらいの娘たちは、けっこうな割合で、いきなりのタメ口が多い。
これがいわゆる「ゆとり」というものならば、うっと・・・りだ(ぉぃ)。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-21 23:57 | 日記

憑かれ

疲れていないつもりでも、完全オフ日を全くとらないでいたら、さすがにヤバくなってきた。
1日に、自分で何をやっているのか、わからなくなる瞬間が何度か訪れる。
けど、休む気にはなれない。休んでいる場合じゃないからね。
夢遊病的行進だ。人生には、そういう時期があってもかわまないと思う。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-21 07:04 | 日記

理解不能

「アンタ、女泣かせてばっかりしとったらアカンで」
意味がわからなかった。初めて訪れた客。数点、服を購入して、帰り際に飛び出したセリフ。
直前までは普通の会話、普通の応対。こんな文句に繋がる脈絡など存在しなかったはずだ。
「- 泣かせたらアカンで」くらいなら、なんとなく理解できる。勝手にモテると勘違いしているのだろうと。
だけど、「しとったら」では、すでにダレかを泣かせているみたいじゃないか。
そのダレかさんと、この客が知り合いなのだとすれば、いちばんスッキリと繋がるが、そもそも、ボクがダレかを泣かせているということ自体が想像しがたいものがある(草食通り越して、仙人系中年みたいなもんなんだぜ、オレって。誰彼かまわず、お手つきなんてしないのです)。

最近、脈絡というものの根本原理が、激変してきているようにしか思えてならない。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-19 18:16 | 日記

振りまわ

どうでもいい人間たちは、すべて振り回してやりたいものだが、

好きな人間には、やはり振り回されたい、という微マゾ心がはたらくらしい。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-19 08:55 | 雑記・雑感

初耳です

それは口ぐせなのでしょうか?
たとえばボクが魚貝類がキライであったり、辛いものが苦手であったりを告白すると
「えー、それ初耳ですー」とカノジョは応える。
ボクは首をかしげる。「・・・(そりゃ初めて話す情報なのだから初耳でしょうよ)」と。
カノジョの言葉がおかしくないものだとした場合、ボクの情報を詳しくカノジョに流している人間が存在していなければならない。でなければ「初耳」という言葉にはやはり違和感が生まれてしまう。
だけど、そんな情報屋もやはり存在しない。だってカノジョと知り合ったのは、ここ数ヶ月のことだし、カノジョの周りともまた同じくらいなのだから。
でもまあ、カワイイから仕方がない。というか、めんこいから、かわいくて仕方ない。

いや、厳密にいうと、カノジョはボクと2年ほど前に会っているらしい。だけど、ボクの方はまったく覚えていない(そりゃそうだ)。しかし、そのときの1回だけのはずだから・・・まあ、うん。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-18 22:25 | 日記

キミも役に立つね

再接近のカノジョ。原因非開示の距離置きから、原因不明の再接近。
ボクは何も納得していない(当たり前だ)。
現在、いちばんのお気に入りに、その話をしてみたら、露骨に不快感を示してくれた。
納得のいかないことにも、思わぬ副産物が生まれるものなんだな。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-18 18:35 | 日記

まさかの受け取り拒否

喫茶店の出前、まだ新人さん。最近、このコともよく話す。
きょうは運んできたときに、けっこう話し込んだので、下げに来たとき、先にお皿をさしだすと・・・。
一向に手が前に出されない。まさかの受け取り拒否である(苦笑)。そして、しゃべりだす(笑)。
ボクも若いコと話すのは楽しいけど、クビを切られない程度には気をつけてね^^;
バイト終わりにも寄っていった(もうひとりの - ボクのお気に入りを連れて)。
いやいや、アナタ。きょうは用事があってスケジュールがタイトだと言ってなかったかい?
まあ、楽しいから良いんだけどね。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-17 18:45 | 日記
カノジョが急に機嫌を取り戻した理由。
カノジョが急にへそを曲げだした原因。
さまざまな力学がカノジョたちに、はたらいているのだろうけど、みんなが笑顔とかは不可能なのかな?
オトコ以上に、オンナは生理的なものに支配されやすい。たとえば気圧であったりとかでも。
「常に安定した、はムリなんだな」「きょうは斜めな日だな」などと油断してたら、急に元気になったり。
ネコの瞳のように変わるキャラクター。いや、理由も原因も、すべて解っているさ。
全部、相対的なものなのですな、これがやっぱり。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-16 23:00 | 日記