逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2010年 08月 ( 60 )   > この月の画像一覧

キミはボクの救いだけど

それに依存してしまうのは、自分でもイヤになる。

救いがない方が、前に進める瞬間もたしかにある。

なのに、ボクはキミに、完全に中毒を起こしている。どうしようもないな。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-21 18:23 | 日記

中心人物

自らが中心人物たる時間が、やはり1日に1回は欲しい、という人情。
露見の仕方の程度はあれ、これは万人に共通する心理ではないだろうか。
「オレの話をきけ」
だれにも自分の話をしたくない状態というのも、相手次第の話なのだ。

追記:あ、もちろん話題の中心になりたいのは、自分の好きな人間たちのあいだでのことです。
どうでもいい連中に話題にされるのは、逆に不愉快なことも少なくないからね。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-20 20:39 | 雑記・雑感

敢えて虜囚となるを望む

ボクはそういう人間なのだろう。こと恋愛に関していえば。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-19 20:07 | 雑記・雑感

自信と自身

ボクは、いつまでたってもボク(自身)を手に入れていない。だから自信がないのだろう。
と心のなかでは思うわけだが、周囲から見ると、ボクは自信満々な人間に映るらしい。
諦念にも似た対応。なるようにしかならんという態度が、鷹揚と勘違いされているようだ。
もし、ボクが自身を手に入れ、自信に溢れていたら、もっと滅茶苦茶に振舞うだろうな。
ミスターやりたい放題になりたいのです、ボクは。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-19 19:27 | 雑記・雑感

感度

人生ってのは、けっきょくのところ、"感度"に大きく左右される。
たのしい、つらい、も感度次第。
他人から見て、どれほどたのしそうなことでも(つらそうなことでも)、感度が低ければ、意味が変わる。
逆に大して楽しそうでないことでも、高感度なら、それは快楽にすらなりうるのだ。
感度は、認識によって大きく変わる。
「そういうものだ」と思えば、麻痺していくし、「なんてことだ」などと興奮すれば、敏感にもなる。
未知と慣れ。境地。
知った気になっていたものでも、その奥深さを垣間見ると、景色は一気に変貌する。
あらゆるアングルから物事を眺めるのが、人生を楽しむ秘訣ともいえる。
敏感のキーたる違和感、を大事に生きよう。

新しい価値観には、常にリンクしている必要がある。
新しいとは、もちろんヴァージョンの話ではない。自らに未インストールのプログラムのこと。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-18 20:19 | 雑記・雑感
モウリーニョにエジルって、正に鬼に金棒だね。
エジルくん、はっきり言ってボクの中では2010年代のスーパープレイヤー候補だったから、+モウリーニョでジズーを超える存在にもなりえると見込んでいます。
カカさん、さようなら。レアルのトップ下付近はエジルさんにおまかせです。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-18 00:58 | サッカー

現在値

176cm 68.5kg 体脂肪率8.7%
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-17 23:41 | 日記

時間について

時間は経過していく。万人、皆同じく。
だけど等しくはない。と最近は強く感じている。
現在、ボクは34歳で、世間的には立派な「おっさん」なわけだが、感覚的には全くである。
肉体の調子は、まだまだ上がってきているし、「老い」を感じることがほとんどないためだろう。
しかし、社会的通念に則って、下り坂を口にする同世代も少なくない。
自ら、自分の墓穴を掘るような行為を平然としているわけだ。

時間と精神の関係性は非常に密接だ。
精神は、時間の速度、方向性に大きく作用する。
ボクも34年という月日をすでに経てきたわけだけど、その曲線はまだまだ上を向いている。
若さに出逢えば、それはさらに上向くだろうし、老い人と交われば、下を向くだろう。

通念なんてクソくらえだ。
ボクはまだ夏の季節にも到達していない。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-16 19:37 | 雑記・雑感

長すぎた3日間

仕事柄、もちろん盆休みなどない。
ひとはたくさん来たし、いろんな人間とも会った。
けど、逢うべき人間のひとりと逢っていない。
もちろん、それが3日間が長かった理由である。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-16 18:13 | 日記

ちがい

こんな時代だからこそ、"ちがい"が最も重要なんだよ。
"ちがい"こそが全て、といっても、かまわない。
「ボクは、ひととはちがう」と思っているのなら、かならず"ちがい"を見せる必要がある。
"ちがい"は、自らの間(ま)としうる。
自分のタイミングで、なんでもできるのなら、それはもう無敵といっても良いのではあるまいか。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-08-15 23:30 | 雑記・雑感