逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2010年 06月 ( 71 )   > この月の画像一覧

はっきりいって違和感を持たざるを得ない。今回の日本のファンの反応を見ていると。
あの試合内容で、なぜこんなにも喜べるのか、と。
「勝った」という結果以外、ほとんど評価するところのない試合で、ちょっとした運で、すべてはひっくり返っていた、にも関わらずだ。
国全体が「自信」を失っている現在、世界を相手に勝利するのは、さぞかし喜ばしいことだろう。
しかし、過程よりも結果だけが大事では、後々、大きなダメージをもたらすことは明白だ。
本来、「内容よりも結果」というセリフは、「ある一定の次元」を超えてから語られる話であり、なんの積み上げもない状態で結果のみを求めるのは、自ら「低い上限」を設定しているようなものである。
精神的に卑しい人間が「金持ちになったら私は高貴に振舞う」とほざいているのにも似ている。
ボクは、昨日の試合も不満以外の何者でもない気分で見ていた(ゴール・シーンでは反射的にガッツポーズをとったものの、ね)。「これが"戦っている"と言えるのか?」と。
"戦う"の次元が低い。"世界と戦う"というのならば。
岡田武史は「世界を驚かせる」と言った。だが、世界からこぼれたのは"失笑"ばかりだ。
日本代表は、たしかに戦った。だがそれは、最も「弱い者の戦い方」をしたまでのことだ。
この戦い方に"誇り"はあったのか? "結果"こそが"誇り"なのだろうか?

ボクは美学のない戦いを"闘争"とは認めない。
あれは"現実路線"の戦い方であり、今後、高みを目指すつもりの人間たちの戦いではなかった。
日本のサッカーが伸びていくためには"闘争"こそが必要だ。
このままでは、ただ"延びて"いくだけである。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-15 22:37 | サッカー
"ダイジェスト"放送文化は、実像を歪める。
内容の薄い試合でも"ピックアップ"により、エキサイティングなものであったかのように錯覚させる。
たしかにシュートが生まれるシーンは興奮する。だからこそ問題なのだ。
"プロセス"の欠けた"断片"の連続。作為的なコラージュ・ワールド。
ディテールの"総体"としての試合が、"切り身"として並べられたら、その魚が実際にどんな形をしていたかなんて、想像するのは難しい。
やっぱ試合は丸ごと見なければな、とつくづく(日本代表のニュースダイジェストを見て)。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-15 19:28 | サッカー
のび太ジャパン、よもやの勝利!

相性というやつなのだろうか?
またもやカメルーン代表が日本代表に屈した。
とにかくボールが伸びた。高地であるがゆえに。
カメルーン守備陣はアジャストできず、いちばん奥の本田までボールが流れた。
内容はなかった。お互いに。
だけどデンマークにも、ベントナーさえ抑えれれば、良い線いくかもしれない。
なんせデンマークの中盤の老朽化は、日本代表以上だからだ。
オランダの勝ち抜けは、ほぼ決定。とりあえず次の枠に日本代表は、いちばん近いところに立った。

オランダ代表 2-0 デンマーク代表
いつもいきなりトップギアで入って、あっさり決勝トーナメントで消えるオランダ。
今回はめずらしく、緩めのギアから入ってきた。
しかし、ペルシーはニステルローイにはなれない。フンテラールを使えよ。
ラッキーボーイになりうるとしたら、もちろんエリアだろう。ロッベンのブレイク時に近い感触。
デンマークはヨルゲンセン、ポウルセン、グロンキア、トマソン、みんな見事に老朽化中。
アッガーが、ガンガン前に出てこない限り、攻撃力は低そうだ。

全般的にこのグループは、オランダ以外どんぐりだ。
相対的にレベルがあまり高くないので、日本が残る確率も意外に低くないのかもしれない。

オランダとイングランドも優勝にはとどかないだろう。なにか大事なピースが欠けている。
スペイン、ブラジル、ドイツの3国に絞られた、とボクは見ます。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-15 01:08 | サッカー

証拠を求める

自分を肯定してくれる、なにかを

オレって、こんなにも自信のない男だったんだな

過剰な状態というのは、常に心理的錯綜が働いている

それに気づけただけ、ちょっと進歩か
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-14 00:48 | 雑記・雑感

笑顔を買う

最近、ほんとうに自分でも驚くほど、キャラクターが変わってきた。
とにかくオンナの子を見ると、ホメ倒すようになった。
「かわいい」「美人だ」 さまざまな修辞、変化をかけながら。
セクシーな格好でいたら、ガン見し、謝意を直接述べるようにもしている。
(あまり上手くホメ過ぎ、ノリ良く、胸豆を見せていただいたことも)
昨年までなら、まったくありえなかったキャラだけど、いまはこれで成立している。
だから、もっと、もっと変わっていくつもりだ。

ホメられて腹を立てるひとはいない。
問題はホメ方だけだから、わざと"外し"を加えておけば、ほとんどは大丈夫。
ひとは自分をホメてくれる人間に好意を持つようになるから、笑顔もたやすく見れるのです。
(でもね、"けなし"の加減は気をつけて。あくまでも隠し味程度がベストです)
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-13 18:16 | 日記
アルゼンチン代表が順当に勝利。したが、内容はそれほど良くなかった。
ヴェロンが、すでに一線級の選手ではなくなっており、攻撃のテンポに水をさす。
イグアインも機能せず、ミリトの方が良さそうだった。
で試合を通して、メッシを見ていると「コイツは反則設定だ」と笑ってしまう。
細かいタッチもさることながら、なぜスライド・ステップがあんなスピードで可能なのか?
あんなドリブルをされたら、ディフェンスはどうしようもない。
実際に危険な形でもなんでもない場面から、メッシの突破を何度も許していたナイジェリア守備陣。
"仕様"が違うよ、あの子は。「ズルい」と言いたくなるほどの高性能だ。
とはいえ、アルゼンチン代表はやはりバランスが悪いし、戦術もイマイチだ。
上位を争うには少々苦しいだろう。グループ突破でよしとしておこう。

ところで"将軍"候補のリベリは、きっと"王様"止まりの選手だ。
彼は攻撃のタクトを振るうのではなく、個人で打開してしまうタイプだから、将軍格ではないだろう。
レ・ブルーもグループ突破で御の字だ。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-13 01:02 | サッカー
韓国代表が04年の欧州王者を撃破!
ギリシアは、ほとんど良いところを見せられずに敗れ去り、グループ突破が厳しくなった。

ギリシアのサイドアタックは、左ウイングのサマラスと右SBのセイタリディスにかかっていた。
だが、セイタリディスはパクを警戒してか、まったく上がっていかず、結果、サイド攻撃は左のサマラスを注意すれば問題がなかった。
カウンター型チームは、先制されると非常に脆いことを証明する試合内容となる。
前半早々のイ・ジョンスの先制点によって。
自力では崩せないリアクション型サッカーの末路。
どうにもギリシアの青いユニホームが、日本代表のそれに映って、仕方がなかった。
しかも日本代表は、長友を守備に専念させることにより、実質ノー・サイドアタックとなる。
センターからだけの攻撃は、自然、相手の網の目を細かくし、あっさり奪われることになるだろう。
韓国の試合を見てたのに、なんか悲しい気分になった。もちろん日本代表のことを考えて。

パクはチャンピオン・クラブに5年も在籍しているだけあり、まったくスキのないプレイを見せた。
すばらしいね。アジア人選手でもあそこまでいけるというのは指標になるね、マジで。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-12 22:51 | サッカー
「信じてたのに裏切られた」
ボクの中では「信じる」と「裏切る」は、切り離されたことばだ。
こどもが生きていくうえで、親などを信じるというのは生活上、不可欠なのかもしれないが、社会化された人間として「信じる」という言葉を平然と使うのは、危険性を伴う感覚だ。
「信じる」は「判断」を奪う。そのときどきの。
「信じる」は「責任放棄」を謳う。

「悪気はなかった」
これも平然と使われることばだ。
「悪気がない」という言葉には、その対象への「無配慮」という悪意にも似た成分が介在する。
無配慮・無関心が、この世界の悪意の最も重要な根幹となっているのに、無感覚にその言葉を使う者が後を断たない。
こどもは「未知」に対する畏れを持つが、おとなの多くはそれに対して「麻痺」で対抗しようとする。

いい歳こいて、「信じる」「悪気はない」などを平気で使う人間というのは、すでに退化、老いへと向かう執行猶予期間の予約死人ともいえる(ここでいう「老い」はもちろん「老成」などを含まない)。
死人は他人を平然と殺す。死出の旅路は道連れが多いほど良いから。
或いは、死人が生き返るためには、生贄の衝撃的死を必要とするためでもあるのかもしれない。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-12 08:28 | 雑記・雑感
遂にW杯が始まった。が、日本代表の体たらくのおかげで、今まででいちばん盛り上がらない。
とはいえ、ネット中に、うーすとれむでLIVE配信しているのを見つけ、メヒコ戦を途中から。

マルケスがアタッキング3rdに入る。最終ラインもセンターライン付近。
明らかに攻めに出ている。時間は50分過ぎ。
「カウンター1発でやられるんじゃないか?」ほんとうに1発でやられた。
その後もメヒコは攻める(当たり前だ)。南アが鋭いカンターを時折入れる。
マルケスがゴール・ゲット。最終スコア1-1に到達。
メヒコも南アも、同サイド(メヒコ右、南ア左)が攻撃の核だった。逆の刀がどちらも弱い。
フランス、ウルグアイはスコアレス・ドローらしい(見てない)。
グループAはいきなりの混戦スタート。レ・ブルーまたもや沈むか?

やはり攻撃はサイドが重要。もちろんスピードもだ。
日本代表には、どちらもない。点が入るとしたらセットプレイだけだろう。
から、オランダ以外からとるのはむずかしいんじゃないかな?
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-12 07:34 | サッカー

げにむずかし

年齢が年齢だからだけど、ボクに気を持つひとは、いきなり結婚を意識していることが多い。

現在のところ、そんな気はサラサーティなんだけどね、ボクは・・・。

人気は欲しい。けど一足跳びはちと困るぜよ。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-11 19:18 | 日記