逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2010年 04月 ( 59 )   > この月の画像一覧

何かがおかしい

「肉食系女子」だけが問題じゃないようだ

どうやら、うちの商店街に来る連中には、なにか別の目的でもあるのではないだろうか?

きょうもまた「ゴハンでも」である

ヘンな噂でも立っているのか?

つーか、ナメんなよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-25 19:51 | 日記

メディア符号に乗る

「肉食系女子」
そんなことばを耳にするようになって以来、実際に積極的な娘たちが増えてきているように感じる
予兆は、ほんのわずかなものであったはずだが、メディアが仕掛けたことにより、「乗っかった」娘たちが、ほとんどなのではないだろうか
時代の「気分」に合致したとき、造られた符号に生命が宿る(宿った場合は爆発的だ)

最近、平然とメシや遊びに誘ってくる「お客さん」が増えてきた
しかも、自分は友達に付いてきただけで、何も買っていないのに、気安く、なんてのも
鼻で笑って拒否すると「断られたで~(笑)」と、あっけらかん
なんか豪快な男っぷりで、あこがれないわけでもないが、カノジョにしたいとも思えないよね^^;
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-24 18:46 | 雑記・雑感

パートナー

相手をパートナーと見る それは現在までも何度となくあった

だが、こちらがパートナーだという意識は、ひょっとすると薄すぎたかもしれない

完璧なパートナー、としての振る舞いを手に入れれば、相手を操ることは存外、容易かもしれない
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-24 07:55 | 雑記・雑感
最近、顔は知っていたけど、しゃべったことのなかった人間に、片っ端から声をかけている。
いつだって、ボクらは気難しそうな顔ですれちがっていたわけだが、声をかけてみると意外、ほとんどのひとたちが、好反応を示してくれる。
次にすれ違えば、笑顔であいさつもしてくれる。
とてもカンタンなことで、しかも失敗のないことなのに、ボクらはいつだって臆病で。
でも成功を実体験してしまえば、あとはノリノリだ。
良いサイクルというのは、ほんの一歩で雪だるま式に増えていくもの。
どんどんと積極的にいきませう。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-23 18:57 | 日記
"ぶっちゃけ"以降、日本は"程度の低さ"を争う国となった

武士は食わねど、高楊枝の精神はどこに消えたのか?

エレガントが消失した国に魅力がないのは当たり前だ
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-23 09:12 | 雑記・雑感

見る力

今回は洞察力の話ではなく、単純に見る力について

ひとが髪の毛を切る、その色を変える
ひとが太る、やせる
ひとがしんどそうにしている、なにかをたくらんでいる
ひとが・・・
特別、興味のない人間が相手でも、ボクはすぐに変化に気づくタイプだ
読み取ろうとしてではなく、一瞬の違和感がアラームを鳴らす
他人に対して興味のない社会
ボクも、その一員であるわけだが、興味がなくても、そういった"処理"は自動的にはたらく
だけど、しかし世の中にはそうでないひともいるらしい
普段、なかよくしているひとが相手でも、その変化に気づかな人間というのがいる
変化に対する知覚が、"興味"とは直接的には繋がっていないということなのだろうか?

あからさまな変化にも、ボクが指摘するまで、周囲のほとんどの人間が気づかない
彼らはいったい、どこの世界を生きているというのか?(こころは常に夢の国?)
それとも"記憶"が、ボクとはまったく違う形式で書き込まれていて、瞬時識別に劣るのか?
(ボクは過去をまったく思い返さないので、数年前までの記憶がすでに"映像として"ほとんどないが)

なにがなんだか、よくわからない
個体差にしたって、根幹差異が大きすぎる
ボクからすると"気づかなかった"というのは、冗談にしか聴こえないから
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-22 22:21 | 雑記・雑感

その眼は、なんのためについているのか?

他人の、しかも信頼に値しない人間のことばを、そのまま鵜呑みにする

オマエのその眼は、頭は、なんのためについているのか?

やはりオマエも烏合の一羽でしかないか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-22 18:22 | 雑記・雑感

なにか おぼろげだったものが見えてきた 気がする

本質的 光体

人生は舞台だ だれよりも光る必要がある

ひとつひとつの挙動 すべてが エレガントである必要がある

ことば 声 しぐさ なにもかも
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-21 22:16 | 雑記・雑感
よくよく考えると、やはり人体というものはスゴイ仕組みで成り立っている

鍛えれば筋肉は引き締まり、隆起する

そもそも"筋肉"という概念自体がおそろしい

生命とはそんなものだ、と言ってしまえば、おしまいだが、

運動によって変質だけではなく、増減もする肉

こういった変化が人体に起こりうる以上、精神もなんらかの法則性により、増減すると考えられる

"精神"を可視化することができれば、きっと肉体よりも、マッチョな精神を磨こうとするひとが

続出するだろうが、現在のところ、人間は、そういった能力も装置も手に入れていない

しかし、答えはカンタンだ 動かなければ何も鍛えられず、衰えていくのみ

精神も旺盛な活動を求め、美を手に入れたがっているに違いないのだから
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-21 11:47 | 雑記・雑感

尊重されるには?

自分はもっと尊重されるべきだ

極限すれば、ここ数年、ボクが憑りつかれている感覚はこれだろう

尊重されるには、ある程度、自分の価値を証明する必要があり、少しずつではあるが、ボクも

それらの表現の一端を外部に示し、一定の評価をつけてくるひとも出だした、と感じている

だが、肝心の人間、キミはボクをまだまだ低く見ている

ひょっとすると、キミは空間を知覚する能力が著しく欠けているのではないか、と疑いたくなるほどだ

人間は、自分の分かる範囲までしか、物事を評価できない

なぜ、キミは、そんな浅い部分までしか世界を見ていないのであろうか?

ボクは、キミや、キミのお仲間たちにも理解できるように、現在の狭いコミュニティ、サークルを抜け、

もっと広範で評価を得る必要があるようだ

キミたちは自らの価値基準を持たず、他人の評価にそのまま流されて生きてしまうような漂流民だ

ほのかな光では足りない 太陽までいかなきゃ、見えないんだろ?
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-21 10:58 | 雑記・雑感