逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

地図

「タコ焼きの匂いがする角を左にまがり、ひまわりの香りがする筋を道なりに50mほど、
点字タイルのある交差点にたどり着くから、そこを右に       
ボイスレコーダーを手にし、薄目で、何やらぶつくさ。
「やぁ、M下くん。いったい何をやってるんだい?」
「いやぁ、M沢さん。今度、M本のヤツがウチに遊びにくることになりまして」
M本といえば、先天的に盲いた、われわれ共通の知人である。
「で、キミは家までの道順を録音していると?」
「左様でございます」
「その日は、駅まで迎えにはいけないの?」
「あっ・・・・!」

-------------------------------

音で描かれた地図 (聴覚障害者への秘匿。読唇術でも通用しない)

匂いで描かれた地図

肌触りで描かれた地図

味で描かれた地図

鳥眼で描かれた地図

猫眼で描かれた地図 (100m圏内)
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-20 19:10 | 断片小説

心模様

ほんのわずかな、何かの組み違いで、あれほど浮かれていた毎日が、

一瞬にして、しぼんでいく

たぶん、理由はわかっている 月の満ち欠け、その他もろもろ

人間、理性よりも低い部分、感情は揺れ動く

掛け違えたまま、時間が流れる

ほんのわずかな、些細なズレが、そのまま亀裂となって

もはや、"割れる"のは前提条件だ

割れた後の処理法を手に入れよう 悲しい話ではあるけど

--------------------------


ことばは、いきなり疾走を始め、そのまま失踪した
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-20 18:59 | 雑記・雑感

ひととモノ

ふと気づく

ひとは歴史に残ることもあるが、はたしてモノはどうだろうか、と

モノが歴史に残る場合、だいたいは、それを巡るバーレスクのエピソードが多い

モノに振り回される人間たちの滑稽劇

なぜ、人間たちはそれほどまでにモノに執着するのか?

モノは、その人間の薄い内容をも補充しうるとでも考えているのだろうか?

もっと人間は、人間を尊重し、人間に興味を持つべきである

世の中に本物なんて、まずない

まがい物で成り立つ世界で、モノに血道を燃やすのは、バカ気ている



それとも、ほんの刹那で人生が終わることに、みんなは恐怖しないのだろうか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-19 08:32 | 雑記・雑感

毎日、死にきるべし!

毎日、死にきろう

中途半端な半死にはダメだ

全力で、前のめりに死ね

そして毎朝、生まれよう

毎日、毎日、生まれ変われば、浮世も新しい世界だ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-17 19:06 | 雑記・雑感

それは不死鳥の調べ

PCくんが死んだ
完全に立ち上がらなくなった
どうしようもない
一縷の望みで再インスコを開始する
半信半疑 いや一信九疑
リカヴァリーが無事終了
すべてのデータがぶっ飛んで、1からのリスタート

サクサクサクー!サクサク動く!
いろんなソフトが消えたおかげか、はたまた壊れたファイルの復活のせいか、
最近では考えられなかったくらいの軽快な動作!!
重要なファイルは消え、これからさまざまなソフトの再インスコがあるが、
にしても・・・よしゃー!(なのか?)
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-17 07:59 | 日記

不毛地帯

なんでトム・ウェイツやねーんっ!w
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-15 23:37 | 日記
収穫は徳永

ドイヒーなメンバーだった、トーゴ代表は
すっとこ同様、直前にW杯予選敗退が確定し、主力(アデバヨールほか)はクラブ重視に
来日予定だったヤツらが、次々にキャンセルし、結局来たのは14名の観光客だけ

サンドバッグを相手にまず魅せたのは岡崎だった
けっしてイージーではないシュートを連続で決め、エースの座を確定させた
初先発の森本も存在感を示し、しっかりと代表初ゴールもモノにした
で新たに戦力となることをアピールしたのが、徳永だ
日本代表懸案の課題、クロスの精度が他のサイドよりも優れていた
上下動もさかんで、クロスの突出した内田とも、トータルでは遜色はあまりない
右サイドだけで考えれば、コマキチよりも上に行きそうだが、岡田の判断やいかに
   チームメイトの長友次第か 彼が絶好調で本大会を迎えられれば、左のバックアップは、今野と
阿部という専門外選手でもOKとなるはずだから、そうなると右のオプションで徳永という現実味も

この試合の評価ポイントは、TVでも指摘されていたが"アーリークロス"だ
岡崎の抜群の飛び出しを考慮すると、この戦術は、かなりの効果が見込めそうだ
シンプルにやる分、判断を削ることが出来るので、なぜか長友のクロスの精度も上がってたしねw
で、こういうとき、モヤモヤさせるのが俊輔だ
パス能力は突出しているが、本人の飛び出し、スプリント能力が低すぎる
パスにもヘンな"タメ"がつくし、現状のポジションでは意外に苦戦するところも(相手次第だが)
中村憲剛は、もう充分 本大会でもぜひ魅せてほしい選手のひとりだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-15 08:37 | サッカー
日本代表 2-0 スコットランド代表
W杯予選敗退も決まり、宙ぶらりんなモチベーションでやってきたすっとこどっこいず
(ダレン・)フレッチャーもファーガソンもいないので、脅威はなにもなかった
なので日本代表としたら、ストレス・フリーな状態での試合 結果は・・・

今日の試合で目を引いたのは、本田、森本くらいか
本田は、ほんとうに見違えた 以前までの"ただ遅い"だけの選手からの脱皮
もちろんスプリント能力が上がったからではない プレイがシンプルになったのだ
ボールを受ければ、とにかく切れ込んでシュートを狙い、ダメなら横に流す
結果、判断にまったく時間を有しなくなったため、スピード感のある選手へと変貌した
森本は、ポジショニングが極めて良くなっていた
すでに形に対する"ポイント"が頭の中で構築されていて、そこに逆算してトップ・スピードでたどり着く
待ち構えるのではないでの、相手DFは摑まえるのが困難になる
これは日本待望のストライカーの誕生を予感させるに十分な質の高い動きだった

個人的本大会登録希望メンバー
GK 川口(or楢崎のどちらか)、川島
DF 内田、闘莉王、中沢、長友、徳永、今野、駒野
MF 遠藤、中村俊、中村憲、橋本、阿部、本田
FW 岡崎、森本

バックラインは、これに岩政を加えるくらい(要育成)
問題は中盤のサイド "クロス"の質の高いサイドがいない
松井はとっくに通用しないし、石川は突破力があるが、クロスが芳しくない
大久保は、もう大舞台で信用する気にはなれないし、むずかしいところだ
FWは1トップでやるのが人材的にベストだろうから、あとは前田を加えるくらいだけど、2枚でいく場合のみ、佐藤か大久保で手を打とう(玉田は却下)

まぁ、中盤のサイドをもう少し探るなら、香川と山田直があと半年くらいで一気に伸びて、代表入りするのがベストのシナリオ 次世代は必ず彼らが中心となるだろうし、ならなければ困るから

期待は、もちろん2014年だ
今回の大会、岡田が如何に豪語しようが、勝っていくだけの根拠がまったくない
それは大きなサイドチェンジや、サイドアタックそのものに問題があるからだ
クロスで危険な選手といえば、内田くらいで(中村はムダな"タメ"で実質は遅過ぎる)、あとはどうしても中央からの崩しに依存するところが多いので、本田や中村憲あたりが爆発しない限りは相当苦しい
中盤に底(阿部or今野or啓太みたいな選手)を置いて、遠藤とW中村をセンター 右に本田圭(クロスは内田にお任せ)、左に山田直or香川の5人で中盤を形成する4-5-1が理想となるだろうね
でも、まぁ、岡田なのでそこまでは期待しないけど
とにかく若手だけはどんどん使ってくれ 2014年のために!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-11 00:19 | サッカー
過日、10年以上ぶりにカラオケに行った、旧い仲間たちと
5人中4人が音痴(もちろんボクも含まれる)というすばらしきメンツで、事なきを得た(?)わけだが、
やはり何もまとも歌える曲がないというのは、今後のことを考えてもマイナスだ
ボクの場合、リズム感うんぬんよりも、声量、音域に難ありというのが、そのときの自己分析
で、練習も含め、カラオケに登録されているような曲でボクが歌えそうなのを、日々、気にかけて
いたところ    これだっ!!



さすが岸田はオレ(76年生まれ)世代!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-09 21:14 | オススメなのか?

色気とか、そのへんの話

異性と話すのが苦手だ 緊張するし、どう口説いて良いのかわからない
思い悩むひとは少なくない
けど、何もしないで、それが改善されることなんて絶対にありえない
やはり何事も実践である

浮いたセリフというやつが苦手だった 何を考えたら、そんなことが次から次へと出てくるのか、と
何を考えたら? 答えはカンタン とにかく相手を"喜ばせる"こと
ホメられて気分を悪くする人間なんて絶対にいない 問題があるとすれば、ことばのチョイスだけ
相手が"何を、どこをホメられたいのか"をじっくりと観察する
そこに自分の感情なんてのは、まったく不必要 とにかく会うたびにホメちぎるべし

ひとをホメる 喜ばれるというのは悪い気分がしないものだ
特に自分の好きな相手なら、なおさらだ
遠慮なんて必要ない ホメて、ホメて、ホメ尽くせ
脳も「きょうはどんなホメ方をしよう」なんてことでフル回転 ドーパミンも出っ放しだ
ホメられた方も、悪い気を起こしていなければ、実際にどんどんと輝いてくる
ホメて悪いことなんて、なにひとつないのではなかろうか

色気とかっていうのも、けっきょくのところ"輝き"に依存するところが大きい
人間、自分を輝かせてくれる人間には、無条件に好意を寄せるものだし、その好意でこちらも輝く
人間が生き生きとするには、やはりポジティヴな行動、これあるのみである
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-09 19:14 | 雑記・雑感