逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ミス?

行き交うテレパシー。ほど良いミスリード    全て。
室内に充満する愛。性欲に偽りはない。
薄暗い照明。のおかげで、われわれの理性は眠る。共犯。
競争が始まった。多少のミスマッチは、この際、無視だ。飛びつけ。
ん、何かがおかしい? 何がおかしい? そこにあってはならぬ手応えあり。
「てめぇ、このヤロウ!」 
部屋の隅から飛ぶ罵声。よく知る男の、野太い。
おそらくディテールの差だ。オレのは    ざんねんながら高精度だ(?)
どうせ眠りの、夢の中。あとは野となれ、なんとでも(??)

ミスター。
ジェントルマンズ・ブルース。
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-10 18:39 | 断片小説

とべ、どこまでもとべ!

「戸部、どこまでも戸部!」
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-10 18:31 | 断片小説
足が止まった、我那の 

特に絵っしぇん

でも、よくキメた にぽん

おわり

追記:すんすけがいない方が、タメがなくて、スムース?
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-10 18:30 | サッカー
予定どおりの結果

格下との戦いでは、誤魔化されてしまう部分だが、格上が相手ならこのとおり
日本の弱点=運動時間帯の大幅なムラである
ゲーム序盤、世界でも類を見ないハイスピードな攻守を展開する日本代表
これぞ「世界を驚かせる岡田サッカーだぜ!」とでも言わんばかりの猛烈な運動量
そして前半も中盤に差し掛かるところでペースダウンし、終盤、ちょっと上げて後半へ
後半は、最初の10分で活動限界
そこまでを凌がれれば、あとはこの結果である

にしても、やっぱりフィニッシュの精度、というか根性である
死んでもゴールに叩き込む 入らなきゃ憤死する、みたいな気概のシュートを放つ選手がいない
本気じゃないから、相手も怖がらないし、本気だから、相手のシュートは入ってしまう
「外したら殺されるかも」みたいな危機感は、Jリーグでは育たないんだろうな、たぶん

時計じかけのクラース・ヤン・フンテラール
本当に美しく均整のとれた数式で動く精密機械のようなセンターフォワードだ
特別な個人技や身体能力がなくても、一切の無駄がないそのプレイでやすやすとゴールを奪う
すべての教科書になりうるような選手 思わず、ため息が出た

脱・岡田サッカー あるいは勝負をかける時間帯の調整
これが現日本代表の急務だろうね
フィニッシュ・ワークの精度に関しては、集中力の増す勝負の時間帯作りで補うしかあるまい
ベスト4は夢のまた夢 グループ突破で奇跡の歓喜、くらいが妥当だろうね
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-05 23:40 | サッカー
うまく伝わってないがなw


[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-04 23:25 | サッカー

善は悪を許容しない

善だけでは 全てを取りこぼす

-----------------

朦々とけぶる 煙巻

無限の夢幻 有限たる幽玄

ニュアンス この世のすべて

ずっこける 無辺への切符

オンギャーと 鳴くは鴉か アメフラシ

だから なんだってんだよ?

ほんの寸過 鍵のあるなし

倒変木が二度、三度

メェェと泣くから 空晴れる

-----------------

同系色 道化の食指

同化したいだなんて どうかしてるよ

遠くへ行きたい? ただでさえ遠ざかってるのに?

花ひらく 鼻たらしが 放たれる

逆へ 逆へと ギャグなんだろ? 自虐的に過ぎる

過ぎゆく季節  ゆるりと見せつつ

------------------

ボクをがっかりさせるためだけに キミは生きているのですか?

ボクをがっかりさせることだけが キミの存在証明なのでしょうか?

不在者投票で議決された 不如帰のトコズレ

とこしえの悲しみの内に どうしようもない喜びをみとめる

--------------------

怒りにまかせて生きられなかった者たちの怒り

--------------------

キミが意味もなく笑うようになったのは

心が渇ききってしまったため?

涙のかわりに クックック

九の字にまがる心象風景

嗚呼、そんなにも自然に ひび割れを起こせるだなんて!

----------------------

すべては言い訳に過ぎない

この世を埋め尽くしていることばのすべてが

そんなことで良いわけ?
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-03 18:40 | 雑記・雑感

国政あれこれ

ここ数日、何も書くテンションがなかったので・・・

31日の衆院選で、とうとう政権交代が実現された
が、とって代わった政党は、成分の半分が自民(自由)党系で出来ている民主党
なにかが大幅に変わるなんて、どこからも想像できない
「共産が241議席、単独過半獲得で革命政権樹立」くらいのことでもなければ、ね

さっきニュースを見ていて、毎度の馬鹿らしさを覚えたのが、政党助成法による政党交付金だ
政治献金を制限する(笑)ために平成6年に施行された国庫(税金)から支給される数百億円という
巨額のあぶく銭
悪法以外のなにものでもないのだが、受け取りを拒否している政党は、なんと共産党だけだという
(社民党が外面だけのウソっぱち政党だという証拠でもあるね、これは)
そんな共産が、けっきょく今回も議席を伸ばせずに現状勢力維持という体たらく
あれだけ盛り上がっておいて、この結果ということは、この期に及んで、普通だったら減席だったの?

投票率が70%近くにまで上った今回の衆院選 気になったのは残りの30%の存在だ
ボクが働いている商店街では、日曜日はとんでもない人出だった
どう考えても選挙に行っていないであろう連中が、必死こいて偽ブランド品を買い漁るという毎度の光景
そこで、ふと考えたのが"選挙権取得の登録制化"である
成人を迎えた段階で選挙権を"有償で"取得するか、辞退するか、という制度
政治そのものに対するスタンスを成人するとともに"問う"わけである
カネを出してでも国政に参加(投票)したいか、まったく関心がないか
"永久放棄(=アナキスト宣言)"なんて選択も可能にして、これを選べば、公共機関などが有料利用と
なる代わりに、納税額の一部減免を認める、とかね
リベラルな民主主義国家なら、これくらいの選択肢があったって良いのではないか、と
つまるところ、ボクが望むのは取得、あるいは辞退をも選択しない、宙ぶらりんな連中を公に指弾しうる
システムの導入なのである
アッパラパーな連中がまだまだ多いし、政治に対する真の関心も、国民レベルでまだまだなので、ね
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-02 20:09 | 雑記・雑感