「ほっ」と。キャンペーン

逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

愛染まつり!

b0006096_23332953.jpgアネックスにて一挙掲載!

あむ先生の写真が見れるのは、アネックスだけ!!(なにが)
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-30 23:34 | デジカメ小僧
☆「麻生降ろし」封じ 安倍晋三が動く 孤軍奮闘の全面援護☆ 
「北朝鮮に対しては友愛外交では全然ダメだ。しかも鳩山氏は『日本列島は日本人だけのものじゃない』と言っている。彼には国家の概念がない。主権意識がない」
麻生擁護と鳩山批判のなかから飛び出した安倍晋三のセリフ
一読して、ボクが引っかかった違和感の正体は、この"主権意識"ということばにある
この語の意味するところ(性質)が、"既得権意識"のそれに似ていたからだ
小泉内閣の官房長官を務めた男の口から、こういった語が飛び出すのには、げんなりとさせられる
市場原理による規制緩和、勝ち組・負け組、民営化による既得権の排除
構造改革の名の下、枠組みを壊すことに執着した(という)総理の右腕が、なぜこのような言葉を、と?
きっと無意識どころか、考えたこともないんだろうね、自らの立つ位置の意味を
安倍の思考パターンは、極めて鎖国的、自閉症的防衛意識に由来するところが多く、国際性は皆無
自民党という閉じられた体系のなかの、さらに閉じられた体系内に属する男の言葉はどこに響くのか?

当たり前のように、当たり前とは通らないことを、当たり前と信じて
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-22 20:08 | ニュース

ルール境界、溶解

警察、公務員、教師、自衛官
組織内のみで循環(許容)されていた"空気"が、外に漏れ出す
暴力機構の暴力が、権力機構内の不正が
いや、元々ガス抜きとして漏れていた部分がスクープされやすくなっただけか?

ごくごく内輪の"自分(たち)ルール"が、社会に漏れやすくなってきている
社会という名のユニットの単位が、個別化、分断化により、小さなものに感じられやすくなったためか
みんな声を出さない 異常な事態でも自分だけはやり過ごすことだけに必死で
バカなヤツらには、それが境界の不在の合図に映るのだから、警告は無言でも常に発するべきだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-22 08:41 | 雑記・雑感
☆ケネディ待ってたぜ! 194センチ豪代表FW 逆転Vの切り札が来た☆

すでに条件面で合意しているらしいので、加入はほぼ確定かな
となると玉田はサイド起用?
小川がいるから不要だし、ピクシーが3トップを敷くとは思えないので、ベンチ・ウォーマー化か
代表から干す理由もできますたな
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-19 20:31 | サッカー
ざ・力負け

なんのデジャ・ヴュだ またケイヒルに2発もらうことになろうとは・・・
いや、ケイヒルが良いアタッカーだということは、身をもってすでに知っていたわけだが、
前回はスタメンで使わずに、わずかな時間しか出さなかったケネディも今回はフル出場
日本がベストメンバーではなかったとはいえ、ベスメンでも大して結果は変わらなかっただろう
単純に身体で負ける場面、キープされるシーン
ゴール前での確実な落としと、ゴールに対する身体の置き方
さすがに欧州のトップリーグ所属の選手が多いだけあって、サッカーの基本がしっかりしている
(ピムがグッドな監督であるというよりも、選手たち自身のサッカースキルの水準が高い)
ただし、オーストラリア代表の限界値も見えた試合
弱点というか欠点はズバリ、展開力
一発のサイドチェンジが皆無だということ
いくら縦に素晴らしい攻撃力を魅せたところで、欧州の一流どころはきっちりと押さえてしまうだろう
通用するのは、アジアや南米の比較的大きくないバックが揃うチームに限られそう
組み合わせ次第だが、ヒディンク並みのインパクトは残せずに本大会を去るんじゃないかな

さて、日本代表は、本大会で必要のない選手がはっきりとしてきた
きょうの試合に出場した選手でいえば、松井と玉田か
松井は1対1で勝負できないなら、起用する意味がないし、すでにそれほど高くなかったピークも
越えてしまった感がある
玉田は、たまに何をするかわからないが、サッカー・インテリジェンスはあまり高い方ではなく、
チームとして機能的な攻撃に関与するのはむずかしそう 大久保も同様だ
今野もこのままでは厳しい バックアップ要員で登録はされるだろうが、出場機会は限られそう
とにかく山田直輝は、是が非でも登録し、スタメンで起用しないとね
彼だけが唯一の光明 勝利の可能性を導き出す選手みたいだから
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-17 23:40 | サッカー
人生最大のテーマのひとつ、魂の昇華について

やりきれない、報われない気持ちを抱えて、どうにかこうにか日々をやり過ごし、しかし、ひたすらと蓄積されていく閉塞感。
目に見えない壁に周囲から圧迫され続けているような気分を、ほんのわずかなドラッグ(目くらまし)で麻酔をかけ、ありはしない、いつか勝手に消えてなくなると、実のない自分だましを繰り返し、取り返しのつかない位置にまで堕ちていく。

魂はどうすれば救われるのか?
たった一歩。たったそれだけ。
一歩が出ない。なぜなんだ?
魂を傷つけ、苦しめ続けるものの大半は、"恥"という概念の内に隠されているのではあるまいか?

あらゆる行動に制約を付加する羞恥心。
常に他人の目を気にして、雁字搦めになっていく。
アナタは全ての人間に好かれたいのですか?
全ての人間に好かれることに、どんな意味があるというのですか?
そもそも、ほとんどの人間は、アナタにこれっぽちも興味を持っていないし、興味を持ったとしても、それは一瞬、数秒もすれば、それがダレの手によるものであったかすら、忘れ去られるようなレベルなのではありませんか?
しかも、アナタに興味を示すひとたちの中に、本当に価値のある者は、いったいどのくらいいるというのでしょうか?(興味を持ってくれること自体が、唯一無二の価値なのだろうが)
そんなものの為に、全方向に開けている道を一歩も進まず、ただこの世を嘆く?
たぶん、それが一番の恥知らずというやつなのではないのでしょうか?

魂の救済、昇華は、他者との関係性のなかに生まれる。
だから、ひとはあらゆる手段を講じて、取り繕う、実のない、虚構の関係を。
いちばん欲しているものを捨て去れば、いちばん欲しいものが手に入る。
質よりも量? 量よりも質?
人気なんて、ひとりでも虜囚にできれば、あとは雪だるま式に、、どうでもいい、意味を成さない、また堂々巡りか。

ひとは光に吸い寄せられ、光を覆い尽くす。
光は、ひとを遠くに置かなければ維持できない。
光が光を見つけて、闇(病み)を寄せつけず、輝き続けない限りは。
しかし、光は光だけでも存在しえない。
完全な光の世界は、闇とひとしく、何も見えない世界だろうから。
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-16 22:18 | 雑記・雑感

迫る寿命・・・

突然切れる、立ち上がらない

パソコンの話どすw
03年に購入し、早7年目
初めて購入したPCだっただけに、かなり乱暴な使い方をしてきた
とはいえ、まだまだがんばってほしいという気持ちがあるのも事実で、
今夏を越えれば、さらなる成長・・・なにそれ?w
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-15 08:17 | 日記
カカ、ロナウドに続いて、とうとうヴィジャまで手に入れたというレアル・マドリー
攻撃的な駒なら、すでに目一杯いるというのに、さらに攻撃力だけ補強する
それでも第1期にはマケレレがいたが、今度は、ダレがその役割を果すというのか?
いや、サッカーはすでに進化している 第1期のような構成でも優勝はきびCのでは?
フンテラールとイグアイン これでトップは充分 使い方だけの問題
スナイデル、ファン・デル・ファールトには早くも黄昏の時期?
復活したラウルもこれでまた崖っぷち決定
つーか、出て行けば、みんな活躍できるレベルの選手たちなんだぞ、彼らは
とりあえずクリ・ロナの数年でのロナウジーニョ化は目に見えている
カカはジズーになれるかもしれないけど、周囲の選手との温度差には苦しめられるだろう
つーか、負債満タンで身売りへ、なんてこともありそうな名門
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-14 08:47 | サッカー

草食み男と肉喰女

地下鉄、正面座席
短いスカートをはいた女の子
まったく意識なく、ひざの頭あたりを眺めていたら、ゆっくりと開門・・・
「えっ」と顔を見上げるとニヤリとされ、門は閉まった
苦笑いして、横を見るほかなし

学生時代は、ちょいちょい同じ車両になる女子高生から、同様の挑発を受けたものだが、
いい歳して、超ひさびさにそんなおんなの子に遭遇して、おどろいた
つーか、オレは未だにウブな高校生程度に見られているのか?
口ヒゲにあごヒゲまでたくわえてw
つーか、正にウブな高校生のころと同じ反応しかできなかったオレって・・・^^;

質問:この手のおんなの子たちは、いったい何を狙っているのだろうか?
チキンを見つけては挑発するだけの単なる遊び?
それとも、その先もこちら次第では展開ありとか?
悩ましい話だ

あ、そういや今日、商店街にフジナミ・タツミが来てたや
意外に小さかったよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-13 22:32 | 日記

田吾作のおしゃれ気取り

・気まずさ、絶妙の間
・投げっぱなし、行間の活用
・唐突な幕引き、意表
・無言で語る
・地方の素、距離感、独自のルール
・場違いな人間同士の遭遇
・身なりだけで見違える人物像
・突如、他人の日常空間への招待
・最低以下の、ずさんに過ぎる応対
・極限のリアリズムは、虚構よりも現実離れ
・ひとことの威力(断言、切捨て)
・家のなかで防寒具
・最低の最低で出る笑み(脱出の確約)
・妄想に付加される覆い隠せない願望
・記憶の曖昧、追想し、新しい味をつける
・凝縮したものを連続で、しかし、のんびりとした間で魅せる
・遅れてきた男の場の空気と全く違う振る舞い
・半ば、レイプ被害者との体面のような気まずさを味あわせ、懐を掠める(虚を突く)
・降って湧いた人間たち
・偽りのキャラクターの露見を全く悪びれず
・人間の味わいは、非主流の中に落ちる
・距離で現す物語

・こどもたちが想像する大人像、ままごとの精度、周囲との気持ちの良いギャップ
・こども同士の間の違い、浮くような感覚
・文化の絶妙なはき違えと沈黙
・学生独特の姿勢、体の軸の砕け
・異民の隠れ家、地元の子供との邂逅
・計算込みの癇癪、投げ出し
・作られていない、低いテンションの笑い
・青春のアンセム、唐突の落差
・すれ違う、ぶつかる、ズレる、科学変化
・過剰な、自らのみに向けられた意識が、無意識に他人を傷つける
・五感を駆使した表現、ザラつく、声高い、目に焼け付く、イガラっぽい、鼻腔をつく
・本来、繋がるような接点のない種類の人間たちを併存させる特殊空間、学校ほか
・車のルームミラーにレイ(ハワイアン)を吊るすような人種
・廃れた公共機関、貸し切り状態
・学生にとっての"大人"の知人、背伸び用の鏡
・元来、その空間の人間ではないからこそ縮められる距離
・非日常に近い空間の支配者としての大人(ぷちアウトサイド)
・ウケる間の時差から、連鎖的に起こる笑い
・4人グループのNO.3の持つ価値(マイペース、淡々型)
・なぐさめるべきではない種類の笑いをなぐさめて被せる笑い
・外国人(部外者)が丁寧に話す言葉に自国語の意味を再確認する
・無音、低流音での長回し
・祭(喧騒)から少し離れた位置での会話
・異国人同士の言語逆転コミュニケーション
・意思表示の強弱、文化差異(本気ととってもらえない)
・最後のセリフ(異国語)の希望的誤解
・同一制服の着こなし差異
・まぁ、あれだよ、あ・・・まぁ、あれなんだよ
・ボケを低温でツッコむ(おかまいなしのハイテンション返し)
・舞台装置の老朽によるリアリティの向上
・ダレもいない空間でいつもの恥(居辛さ)をそそぐ
・会話の精度は誤解、ズレの点在によっても演出しうる
・啓蒙という思想には、童貞のような世間知らずと、清らかさが必要
・夢の挿入により、現実とのズレを成立させる(ヤク中の見る世界)
・分不相応の「ありがとう」のすべり笑い
・予想外の人間のとんでもない能力
・地方都市ならではの時間、ロスタイム
・人間がいないくなった世界、スイッチの切られた状態のダレもいない部屋

さて、これ何のメモじゃろうか
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-06-12 23:12 | 雑記・雑感