逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2009年 03月 ( 40 )   > この月の画像一覧

最も重要なことは

才能に出遭うこと
そして、それに嫉妬すること

価値観、その他をぶっ飛ばした 圧倒的な何か
エネルギー、塊 魂の放射、交錯
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-15 21:05 | 雑記・雑感

カムイ外伝

そういや、松山ケンイチといえば、映画『カムイ外伝』でカムイの役をやるらしいね
つーか、すでに撮影は終わっていて、放映が9月からだとか(おそっ!)
監督は、なんと崔洋一(それなら『カムイ伝』の方撮れよ!w)
とにかく松ケンならやれるのかもしれんね、実写版のカムイも!

あ、おれクドウもキライだわ(なぞw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-15 20:33 | オススメなのか?
ついに昨晩、終わってしまいましたね、ドラマ『銭ゲバ』
グダグダの脚本でよくもここまで頑張ったものだ、と俳優陣に拍手したい
演技90点 脚本40点 こんなところか

脚本は、おなじみ原作台無し男こと岡田某
氷室冴子さんの『海がきこえる2』をズタボロにされた恨みは今も忘れられません(苦笑)
なかなか見させた第1・2話から、役者のがんばりがなければ、空中分解必至だった3・4話
ここからはグダグダな脚本をいかに役者たちが緊迫感をもって演じられるのか、と
意地のわるい視聴スタイルに切り替わった
ほんとキャストに救われた、しかし名作にもなり損ねた、そんなもったいない作品だった

風太郎の幼年時代を演じた斉藤隆成くん まさに熱演
で主役を演じた松山ケンイチ 彼の演技はほぼ初見なのだが、おどろくほどの迫力
これは演技派と読んで差し支えのない、期待の若手ですね
で、ほか脇を固めた桔平にミムラなんかも、なかなかどうして(ミムラは途中まで大根だと思ってたw)
演出も悪くない ほんと脚本だけがなんとも惜しい、印象深いドラマでした
松ケンのほか作品、なんか探して見るかな

新ドラマは見ない

追記:最終話はあれをやる以上、あの仕組みでしか描けない展開
最期の時間逆回しにしても、あれ以外は、ね
逆算して描くとああなりますよ、ダレでも(普通の奴なら)
だから岡田は評価しない 以上
_ん、岡田のなにが気に入らなかったって?
アイデアだけでディテールを完全におろそかにするところ
発案までなら許せるけど、そのまま一般に提示する根性がどうにかならんのか、と
殺し&追及の弱さとあいまいさ 複線はすべてケチ臭いまでに使いきる
ある意味、"かわいい"ともいえるんだけどねw

豆知識:銭ゲバの"ゲバ"はゲバルト(独:Gewalt)の略
ドイツ語で"闘争"くらいの意味合いを持つそうです
そういう意味でも最終話で「どいつもこいつも銭ゲバ~」云々のセリフが出てきたのには、
ちょっとそれはちがうだろう、と突っ込みを入れたくなりましたね
みんな銭に隷属していて、闘争なんてしてない連中がほとんどなんだから
風刺性が一気に飛んだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-15 19:04 | オススメなのか?
☆カルデロンさん両親帰国へ 「残念だが…」と感謝の言葉☆

娘は母の妹に預け、両親はフィリピンに帰国
想定していたなかでは、いちばん厳しい結末を迎えた

強制退去の場合、向こう5年は再入国を禁止されているが、今回は特例で1年ほどになりそうだとか
にしても、中1の娘に1年の両親との離別は、なかなかにつらいものがあるだろう

ともかく、これでひとまずは決着
今回の件で考えさせられたのは、人道とネット世界の反応
あまりにも余裕のない、鬱屈の変質としての排他思考
たとえ匿名世界とはいえ、ほんのちょっとの建前すら言えない始末
この国が抱える慢性化しつつある疲れ(憑かれ)が、顕著に出た現象だった

あと写真で初めて見たけど、親父さん、ナカムラ・ノリに似とるね・・・w
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-13 21:45 | ニュース
2010-11シーズン
リーグ1移籍最初のシーズン 18ゴール5アシスト評価平均点6.9という上々の結果
得点王争いで4位 評価点ではデル・ピエロの7.0に一歩及ばずMVPを逃すもベスト11選出
この上ない成績でシーズンを終了
オフにはアヤックス、セビージャなど有力どころからのオファーを受けるもレンヌ残留を決意
なんせリーグ2位でCL出場権を獲得できたのだから、馴れたチームで来シーズンも、という按配

2011-12シーズン途中経過
能力もぼちぼち高まり(すでに予想成長曲線を大きく逸脱中)、スーパーなプレイヤーのカンジを
醸しだしてやろうと、正確なプレイを心がけていたら、開幕6試合ノー・ゴールという快挙w
流れで突入したCLではベンチ・スタート・・・チームは0-3でミランに惨敗
一念発起し、またガツガツ・モードで臨み、7節からは毎試合のようにゴールを量産
得点王争いでも3位に上昇し、今期は本気で狙ってやるぞ、と
CLは5節までベンチばかり スキップしてたら、出場すらしてねぇじゃん・・・_| ̄|○
リーグでは完全にスタメンに定着したので、CLのころはいつも疲労困憊
CLグループ・リーグ第5節(ボルドー戦)で初めてスタメンに起用され、ハット達成(絶好調だったしね)
これでビッグ・クラブの目にもロッシの勇姿が焼きついたはず
オフには、超級のクラブへの移籍を画策中 とりあえず得点王を獲ってからだが
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-12 19:46 | ウイイレ

キュートン

あかん、これはおもろい
鬼奴、増谷、くまだ 豪華ラインナップ
YouTubeで検索して見たら良いやん
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-11 13:04 | オススメなのか?
フィリピン国籍のカルデロンさん一家の強制退去処分について

そもそも"不法滞在"には、いったいどんな問題があるのか?
素性の知れない、なにをしでかすかわからないよそ者の流入の阻止 これだろう
では、カルデロンさんに一家については、どうだろうか

父親であるアランさんは、1992年に入国して早18年強
妻のサラさんが、翌年の1993年からで、こちらも17年強
ふたりはこの国で結婚し、すでに13歳になる娘さんをこの国でもうけ、この国の学校に通わせている
(小学校入学は無審査だったのか?)
で、2006年に不法滞在が発覚し、現在に至るわけである

偽装パスポートによる不法入国と不法就労(ただ働いているだけ)以外、特に目立った犯罪歴なし
さて、彼らの入国手段はたしかに違法だったわけだが、定着に至るまでの過程、および現在において、
はたして彼らは"不良"外国人だったのだろうか?
娘に至っては、日本生まれの日本育ち 日本語しか話せないという、国籍以外は日本のこどもたちと
なんら変わらない、ごく普通の中学生である(別にグレているというウワサも出てないよね)
となると、入国手段がマズかっただけで、別になんの問題もない外国人家族というだけの話である
それなら正規の手続き、審査をして、定住させれば良いだけである
なんせ、この国では"移民を1000万人受け入れる"なんて構想も昨年、自民党国家戦略本部から
ぶち上げられたくらいなのだから
だけど当たり前だが、そんな風にはいかない それはなぜか?

「元々が犯罪者(不法入国)なんだから、追い出せばおしまい」
「彼らを認めることによって、ほかの不法入国者たちが活気づいてしまう」
さまざまな"言い分"がネット上を飛びかっているが、これはあくまでも単なる"大義"言い分である
今回は(違反している)"法"を持ち出しているだけで、おおよその心境は、単に"外国人"がキライな
だけであるというのが、こういった発言をしている、ほとんどの人間の本心のはずである
"外国人"という未知の人種 わからない・知らない=怖いという原始的こころの働き これである

たしかに"密入国"には、犯罪の響きがある
危険を感じる人間を単なる無知(外国人に友人がいないだけ)とまで誹謗する気もない
だが生活に困窮して、やむをえず、この国に希望の光を見て流れてきた人間たちを、ただ"得体がしれない"からといって、最初から拒否してしまうという感覚も、はたしてどうなのだろうか?
あまりに否定的な言句が並ぶのを眺めていると、この国の国民の成熟度を疑ってしまうものである
(国民の高齢化に反比例するかのような幼児性・幼児化を最近、感じることが多くてならない)
未知に対する全体的興味の薄れは、国家の衰亡期をも予感させるものである

不法滞在の外国人たちには、返すべき国とやらがあるわけだが、日本の犯罪者たちにも、しかるべき土地があれば、島流しよろしく、この国から追い出したい _ここまでいうのなら、今回の問題に否定的な意見を述べているひとたちの主張にも、まだ聴くべきところを認めよう
だが、ネット上で見かける発言の多くは、単なる外国人拒否(忌避)の変質版がほとんどに映る
それはもうレイシズムの自己正当化版ですらあったりするのではないだろうか

そもそも人間とは、地球という星の表面に間借り(共存)しているだけの寄生虫にすぎない
それを人間同士のわずかな差異(人種、思想ほか)をもとに、勝手に線引きし、互いの領土とやらを
主張しあい、そのラインの位置を永続的に争い続けている
いったいなんなんだろうね、人間って
最も(論理的に)高等で(情動的に)愚劣な生物なんじゃないかな

追記:たぶん中学生の娘さんが、日本人好みのする美少女だったら、マスメディア&ネットの反応は
相当にちがうものになっていたであろうことは、容易すぎるくらい予想できる話なんだけどね

追記2:ドイツにおける失業者と外国人就労者の数がほぼ同じになった時期(正確な年代は忘れた)に
ネオナチが台頭し、外国人排斥の動きが生まれたこともありましたね
これに近い感情も現在のこの国には生まれているのかもしれませんね
たしかにコンビニなどでもアジア系のアルバイトが増え、コミュニケーションの不調から、日本人の
バイトなら良いのに、なんて思うこともありますが、そういう"余裕のなさ"をあまり声高々には主張したくないな、と考えるのが大人としての在り様なのではないでしょうか
そもそも根本的な論点にまちがいがある考え方でもあるのだから(就労と排斥の単純相関には)

追記3:関連スレッドを読み漁ってみると、ほとんどが否定的な意見ばかり
いったい何がこの国の人間たちをここまで余裕のない状況に追いやってしまったのだろうか?
日ごろの鬱屈の対象のすり替え 弱い者たちが夕暮れなんとかである
以前までは、こういった人間たちに嫌悪を感じたものですが、ここまでくると、なにやら物悲しい
気分にすらなってきますね まさに夕刻(憂国)ってやつですよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-10 20:16 | ニュース

Σ@@; 12345・・・7?!!

まぁ、見れまいとは思っていたが・・・_| ̄|〇
b0006096_841812.jpg

ところで昨日、たまたま堂本兄弟を見たら、千秋が出ていた
エンディングでなにやら懐かしい、昔の曲を歌っていたのだが、地団駄踏みながら歌う
その姿は、小島よしおのそれと瓜ふたつで「ああ、こっちが元祖だったのか」と
相変わらずの魔女顔だった 真剣に歌うその顔は、年をとって、さらに凄みが増していた
で、ダレかに非常に似てきた ダレだったけか、と記憶を検索していてヒットしたのが、
かのショーン・ペンである
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-09 08:46 | おしらせ・記念

ひとのめ

他人の目 相手が自分のことを、こう見ているのではあるまいか、という想像
この分析は、意外に正鵠を射ることが少なく、妄想にも等しい答えを予測することが往々だ
それはなぜか?

人間は、真に他人が自分のことをどう思っているかを想像しているのではなく、自分は相手にきっと
こう見られているに違いない、という自己分析+相手の立場などで、それを先に固めてしまうからだ
こう見られて然るべき、あるいはこう見られても仕方ない、などの先入見がはたらいているのである

自分は他人に見下げられている
自分は他人に恐れられている
自分は他人にもっと崇められても良いはずだ
自分は他人に・・・

先走る被害者意識と厚顔無恥
すべてを他人事のように眺めていると常時、視界に映る風景
ブラウン管のむこうから、たまに意見を求められる
屈託のないキラキラした目で要求される同意
ボクはアナタのことを蔑んで見ているのに、アナタの目にボクはどう映っているのですか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-08 21:12 | 雑記・雑感
ウェズレイ、また開幕で決めたみたいすね 偉業過ぎて、ものが言えんw
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-07 19:06 | サッカー