逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

光と影の中の生命

ただ生きている、というだけで幸せになれた時代
ただ生きているだけ、ということに不安を感じる現代

陰極まれば、陽が射し、陽極まれば、影が伸びる
時間とともに巡る消長

真っ白な世界のなかで、ボクらは光を見失い、
突然訪れた暗闇のなかに、新たな光を見出す

だけど、トンネルはまだまだ入口 出口はもう少し先だろう
足元に気をつけて、ゆっくりと走りきれ

暗闇のおかげで、ほのかな光でも識別しやすくなってきた
目さえ、しっかりと開いていれば、闇(病み)に完全に飲み込まれることもないさ

現在は、次の時代を担う者たちを見つけるには、絶好の瞬間である
わずかな光でも鮮やかに映るし、闇の住人たちは闇と同化し、視界から消える
ただ、光を強引に吸い込んでいるブラックホールを光源とだけは見間違えないように
(ヒトラーと集団自殺志願者たち)

--------------------------------------------------------

戦争という強烈な闇のあと、人間性が華ひらき、世界に光がともった
だけど、そこで生まれた活力が、高度成長~バブル期という強すぎる光を生み、
多くの者が光のなかで迷子になり、失明した
そして再び訪れた、ゆるやかな闇の季節
でも、いま起こっている闇は、戦争ほどの暗黒の状態ではないし、ボクらは辛うじて戦争の悲惨さを
間接、擬似的にだが知っている、つもりだ(全く知らない=関わりのない世代も順次増加中だが)
ボクらの最低限の責任は、再び"極端な世界"を現出させないこと
そして最低限の使命として、次の世代にトンネルの出口への道標となる光を見せてやること、だろう
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-02-05 19:51 | 雑記・雑感

夢とはなんぞや?

睡眠中に見るやつの話じゃなくて・・・

ボクの夢って、いったいなんだろうか?
なにか夢を持つにしても、そのための準備なんて、なにもしていないので、わかりやすい夢がない
人生の目的に関しては、少々思うところがあるし、それがきっと夢というやつなんだろうけど、それを実現するのは生半可なことではないし、なにもしていないので、語るにも能わず

現在、「夢のないこどもたち」を問題視するひとたちが増えてきている
ここでいう夢とは、空想領域を多分に含んだ将来の夢というやつなのだろうが、空想というのは、「余白」あるいは「空白」のなかに存在するもので、それらをドス黒い煙で見えなくしているのが、いまの社会であることを度外視しての批評である

ほんのささやかな夢 魂にかける麻酔
でも、小さな夢というのは人間を小さくするし、大きな夢というのは、見通しが悪すぎる現代では、少々持ちにくいものがある(というボクは莫迦みたいな大望持ちなんだけどねw)
で、通念的サイズの夢が消失に向かい、変質が始まっているんだろうね、きっと
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-02-04 22:23 | 雑記・雑感
NO プレス,NO フットボール

おふざけにもほどがある バクスター・フィンランド
それもそのはず 今回の試合は国際Aマッチ・デーから外れた平日開催
主力選手完全不在の2軍以下構成での来日なのだから
唯一のビッグネームのリトマネンも今年で38歳
藤田(俊哉)が現在の代表に入って、機能するか?という話である
反町ベルマーレにも完敗していたわけだし、"仮想"ほにゃららには完全に不適格だった

ほとんどの時間帯で中盤からのプレスがなく(打ち合わせあり?)、フリーでやれた岡田ジャパン
ショートパスが生命線で、プレッシャーに脆い現在の代表にとっては、うってつけの調整試合となった
(調整面以外では、語るところのない試合)

唯一の見どころは岡崎の動き出しと、橋本のプレイ
特に橋本は、クラブW杯でなにやら重要な経験を積んだらしく、プレイに幅が出ていた
病み上がり組はギリギリのきわきわ
もんじゃ玉田は、さっさと代表から辞めればよいよ(現役中に店出すとか、オマエはアホか)
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-02-04 21:41 | サッカー

こころ予報

ひさしぶりに会った、いとこの兄ちゃん
なんでも嫁さんとの仲が不調で悩んでいるとか
内容を聞くと、あまりにも予測どおりすぎて、ため息が出た

その兄ちゃんは完全に発する(ハッスル)側の人間
さまざまな女性遍歴を経て、捕まえたのは、受け手側であることを拒めないようなひとだった
兄ちゃんの周囲も、身内贔屓がはげしい、ひとによっては高圧的にも見えるひとたちばかり
唯一、その弟だけが"聴く"ことのできる人間で、自然、そちらとだけ親交を深めたようだ

いまや、兄ちゃんには言いたいことも言わず(言えず)にだんまりを決め込み、その弟とだけぽつぽつと話し、他の身内には睨むという状態(マジでか?)
数年前に結婚して話したとき、こういう状況になるのは時間の問題だなぁ、と思っていた

ボクと会っていたときから、シグナルは(微弱ではあるが)常に発していた
でもボクとは住む距離も遠ければ、関係性も向こうが年長でボクが年下
兄ちゃんを諌めるにしても、あまり強い口調では言えないし、そもそも付き合いも薄い相手

ひとは発するという行為をしているとき、どうしても見る(観察する)という姿勢を忘れてしまう
なので、発する偏重になると自然、はだかの王様になってしまう
自分の感情さえほどほどに抑えれば、大抵のことはうまく流せるのだが

ボクは運命論者ではない
だけど、性格が招く、ある程度決められた未来というのはあることだと思っているし、必然であるとも思う
自分の性格(感情)をコントロールすることこそが、未来の変革に繋がる

ひとはみんな、さまざまなシグナルを発している
それを正確に読み取って、良い風に流してあげるのが、おとなの役目である
あなたがおとなであることを望むのなら(いい加減、あきらめておとなになれ、とも思うが)

追記:兄ちゃんも悪い人間ではけっしてない
若いときからいろいろあって、どうしても"頼られる存在"であることを強いられてきたひと
結果、迷っているそぶりを見せることもできなければ、常に決断を迫られ、責任を負わされるという、かなりストレスフルな人生を歩んできている
なので、嫁に甘えてしまうのは仕方がないことでもあるのだが、嫁もいちばん近い他人
甘えすぎてはご破算になる むずかしいところである
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-02-03 09:16 | 雑記・雑感