逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

おとな、こども、云々

おとなとは?こどもとは?国民総幼児化時代?

ボクらはこどものころ、年をとれば勝手に大人になるものだと思っていた
でも、いま現状を見渡せば、世の中のほとんどが(もちろんボクも含め)"こども(幼稚)"なままである
ボクらが、こどものころ見ていた大人たちも、ほんとうは今と同様に(内面は)幼稚だったのだろうか?

つくづく感じるのは「時代」のこと
個体差は置くとして、やはりこれがいちばん大きな要素だろう
根源的に生命というものを考えさせられた時代、勢いに乗って日本人であることに誇りを取り戻そうとした時代、数によって自由(衝動性)を独占しようとした時代、富により物質至上主義に憑りつかれた時代、そしてバブルが崩壊し、ただひたすら閉塞感の坂道を下り続ける20年弱、現在
どの時代を、自らの精神的ピークの時期に「生きた」かで、その世代の質のおおよそが決まる

ボクらが幼年時代に「おとな」だと思っていたひとたちのおおよそは去り、以降、それらの「目」を気にせずに人間社会の「表層」を眺めてきただけの世代、そしてそのこどもたち それが今現在、おとな世代として社会の中心を担っている人間たちだ
実のところをいうと、戦中派と呼ばれていた人間たちのすべてが思想的に優れているわけではない
おそらく割合でいえば、ごくわずかなはずだが、それでも少なくはない思考型の人間たちがいて、そして彼らが戦後の一瞬、この国において誇れる、ほんのわずかな思考という哲学の記録、痕跡を遺した
だが、良いヤツほど早く逝くではないが、彼らの多くがやはり早く去り、彼らの「目」を失ったことにより、社会の"たが"が外れ、この国は異常な曲線に乗る
(そのうえ、悪いヤツ=強欲者ほど長生きするよろしくな老害・耄碌ばかりがいまも健在だったりする)

ボクらがこどものころに「大人」だと感じていたひとたち 精神的成熟者たち
哲学の多くは閉塞感、不自由さのなかに生まれるものだが、ボクら世代でそれを担えるのか?
「ゆとり世代」などバカにされている、いまの若者たちの中からの方が、よほど多くの大人が現れてくる可能性は高くないか?

多くの人間は「引っ張る側」ではなく、「引っ張られる側」である
そしてリーダーに求められるのが「同世代」である
リーダー不在で流されるままに生きているだけのいまの「大人」世代
このまま行けば、上下逆転の日もそう遠くはない
われわれは等身大の己を知り、恥を知らねば、今後を生きていく必要がないところまできている


「人間」に還るための作業
動物と人間を分かつものを取り戻さなければ、われわれに人間をやる資格はない
[PR]
by AMNESIAc7 | 2008-10-07 22:25 | 雑記・雑感
いま帰ってきた ビデオも撮っていない
だって、メンツがメンツだったから、天竺鼠がブッちぎるだけだろうと思っていたので

バッファローが優勝だって? ムチャ言うなw
なんかの功労賞とか、そんな意味合いの大会だったのか?
つーか、予選とかあったの?
いくらコントだからって、キャリアの制限がないなら、もっと豪華なメンツ集めれただろうに

疑問符、疑問符
最近、とみに低調なオールザッツでも、もうすこしマシなメンツ集めれただろ

追記:ところで鼠の川原は例の「眠た~い」をやったのですか?
知らないひとはgoogle videoとかで検索してみてください
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-05 21:32 | 日記
レイソル所属の村上佑介がハット・デビューを飾った
20m弾にヘッド2発 文句なしの出来だが、彼、なんと・・・ディフェンダーだそうで!
デビュー戦でハット、待望のゴールハンターの登場かと思いきや、DFだとぉ?!
DFでハットといえば、ミハイロヴィッチのFK3発しか思い出せないのに、しかもデビュー戦で?!
きょうのスパサカがたのしみだす!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-04 23:05 | サッカー

完全耄碌、東京都知事

☆石原語録:知事会見から 海外視察報告/個室ビデオ店放火☆

「山谷」とは、いったいどこのことか?
東京にある「ドヤ(「宿」を逆さまにした表現)街」、大阪でいう西成のようなところらしいが、
石原が言うような1泊200~300円などという木賃宿は、当たり前だが現在は存在しない
(山谷での宿泊実情は平均2000~3000円、最も古いところでも1000円台までだとか)
しかし、石原の脳内は、まだまだ昭和30年代あたりを彷徨っているらしく、退行なのか、なんなのか?
耄碌の1日の豪遊費用だけで1万人前後も泊らせれるのなら、そっちにカネを回せよ、公僕なら
「庶民の王者」とのたまったGさんと互角の困ったちゃんだな^^;

というか、耄碌が泊ってみればよいよ、200-300円の橋の下にでも
もしくは、200-300円で安心して泊れるような施設作れや

そういや、頓挫した新銀行の負債分とか、失敗するオリンピック招致費用、全部難民援助に使ってたら、全員の宿泊費を半永久的に補助できたんじゃ内科医?
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-04 22:35 | ゴシップ・世俗系

漢字、日本語、中国語

『秘本三国志』からはじまったボクの陳舜臣ブーム
十八史略に鄭親子、チンギス、桃源郷やら半自伝にエッセイ
中国モノを止まることなく読み続けているわけだけど、やはりいちばんハッとするのは「漢字」だ
きょうも「鬼」という漢字について、中国では死んだひとがなる霊みたいな意味らしく、
日本の鬼とは相当にイメージがちがう
しかし、日本でも死んだひとの戸籍を「鬼籍」といい、熟語によっては中国のそれと同等のものもある
キーとなるのはやはり「熟語」か
「引っかかる」熟語にこそ、その漢字本来が持つ意味を内包している場合が多いのかもしれない
五輪のときでも、しょうのない漢字曲解で故意に物議を醸し出していた新聞社もあったし、これからはさらに中国が世界的国家となっていきそうだから気をつけねばね、特に漢字の意味は
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-03 21:06 | 日記
※「しょうもない」=「どうしようもない」

しょうもない事件、醜聞が多い
ついつい勘違いしてしまいがちだが、ただ、近ごろの人間が腐っているためだけではない
インターネットの登場などにより「隠蔽」がむずかしくなったための決壊だろうからだ

むかしの人間が高潔だったわけではない
やはり、いまと同じくらい腐っていたし、どうしようもなかったはずだ
それを噂にならなかったことを良いことのように
「近ごろの若いヤツらは腐っていて、どうしようもない」としたり顔でほざいている老人たちがいる
故意なら、どうしようもなく厚顔腹黒だし、知らずになら、無知耄碌も甚だしい

あとひとつ、どうでもいいような、小さな、しょっぱい事件が目立つようになったのは、
それらを「報道」する媒体が誕生したせいもある
ひとびとの心を「触発」するのではなく、なんとかして「くすぐる」ことに全力を尽くす報道機関
志の低さも、現代の闇(病み)の根幹にはあるのだろう
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-03 08:55 | 雑記・雑感

さよなら、麻生太郎

☆民主、首相に「政教分離」ただす 公明・創価学会念頭に☆

「政教分離は宗教法人の政治的活動を排除する趣旨でない」_耳を疑う発言が麻生の口から出た
公明党の麻生嫌いという風評は、麻生が創価学会を嫌いというところから発したのでは、
どうやらなかったらしい
コアな部分での麻生支持者のひとつの拠りどころと思われていた「創価V.S.麻生」の構図
こっぱみじんこ へのかっぱとなった
もう、麻生を支える基盤は完全に霧散 今度の選挙、ようやく野党の勝利の確率が濃厚なってきたね

追記:BBSなどでは、「宗教法人の指定解除すればおk」という当然至極な声が多い模様
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-02 22:02 | ニュース