逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2008年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

岡田武史サッカーの完成形!

序盤、いきなり全開で戦う岡田ジャパン
前半15分頃までをピークに、スタミナおかまいなしの大勝負
そろそろ限界に近づいた17分あたり、玉田が指令どおりのゴール前での転倒
良い位置でFKをもらい、これを俊輔が意表を突くグラウンダーで決める
そして前半終了間際、ゴール前での混戦のなかでバーレン代表の選手(12番)が痛恨のハンド
遠藤が必殺のコロコロPKを決め、スコアはなんと2-0に

後半、2点とられた時点でバーレンの集中は切れていたが、それ以上に日本がゆるい立ち上がり
微妙な、岡田式の試合運びとなるも、22分にはDFのフセインが退場
これで人数的にもひとり上回り、負ける要素がなくなった(とダレもが思った)
その後、途中交代で入った中村憲が左足で豪快なミドルを放ち、さらに追加点を奪う
「3-0完勝!」ダレもがそう思い込んだその瞬間から、足元はいきなりの大崩壊に
42分、43分、立て続けの失点
相手がひとり少ないのも忘れて、おおわらわのパニックに
正直、後半途中から入ったジョンなんかが、スタートから出ていたら、もっとひどい結果もあった試合
(あの手のスピードもあり、身体の強いアフリカンは、中澤などの苦手とするところ)
3-0楽勝から、よもやの辛勝に
ひょっとしたら、バーレーン云々ではなく、八咫烏から「このままじゃマズイ」という警告も込めての連続失点の罰を・・・んな、わきゃない!w

なんにしても、相手最終ラインを一度も崩さずに3得点というのは、岡田ジャパンのハイライトともいえるスコアだ これはもうピークともいえる出来なのでは?
(相手エリア内、至近から2連続でバーに当てるとか、あのシュート・メンタリティはなんだ?)
大学生相手に「怖くない」とまで言われたスタイルのまま、3得点もしたのだから、重畳極まりない
相手の裏をとることはもうあきらめて、反転シュートと転倒の練習ばっかすれば良いんじゃないかな
ひょっとしたら、最終予選も2位通過くらいなら狙えるかもしれない
で、岡田、ジーコによるW杯本選の再現なわけですな、うん


追記:さてさて、世界各国でも予選が行なわれたわけですが、欧州ではなんとレ・ブルーがオーストリア代表に敗れるという波乱(いまの状態では波乱でもないのだが)もありました アズーリもキプロス代表を相手に2-1の辛勝 欧州の勢力図は、日々変化している模様
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-07 09:03 | サッカー
明日未明(7日AM3:00過ぎから)、W杯最終予選が、AWAYのバーレーン戦から始まる

岡田としては、ぜったいに「引き分けたい」戦い
AWAYであるし、2点差以上つけられて負ければ、即クビの可能性もあるだけに、絶対に負けたくない
そんな本心が透けて見えるような最近の練習内容だった
俊輔がFK一閃、中澤が最後まで集中してゼロに抑えれるかが、唯一の勝利の可能性
(闘莉王が出れるなら、もうすこしだけ確率は上がるが)

さてさて、われわれが抱える問題は、この試合を起きて見るか、否かだ
前監督時代なら、迷わず起床のところだが、起きてすぐにラリ〇ーをかけられる可能性も高く、
はたして貴重な睡眠時間を削ってまで、起きる必要が今回の試合にあるのか、がネックとなっている
「やるのは選手たち」ということばが、以前ほど効力を持たないほど、監督の手腕のデカさを知った昨今
どうしたもんかな・・・やっぱ、これだけ文句言ってるんだから、見ないわけにはいかないだろうが^^;

さて、こと代表のことに関していえば、このブログでは完全にアンチ岡田の様相を呈しているわけですが、岡田武史を人間として見た場合は、評価はほとんど逆転に近いものがある
これをちゃんと書いておかないと、ボクが岡田武史を人間として完全に否定しているようにも映るだろうから、ちゃんとここで述べておきます
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-06 18:44 | サッカー

クイズの本来あるべき姿

知力の限りを尽くす真剣勝負
当たり前な話だけど、「真剣」がいちばんおもしろい

いかにボケるか
逃避から始まった術が、いつのまにか目的へとすり替えられ、ショウ化され、現在
われわれも錯覚し、「クイズ」そのものがくだらないもの、と思い始めていたところに、このアタック!
先ほどまで放送されていた『高校生クイズ』は、抜群におもしろい番組だった
とにかくみんなが真剣 お茶濁しなんていっさいない、本気汁出まくりの大会だった
番組を視だしたのは、おそらく中盤あたりから
「毛」がみっつ、「森」のようにならべられた漢字が2回続き、送り仮名は「~しい」
答えは「けばけばしい(オレもまぐれで当たったw)」というところからで、あとは釘付け
いやー、どいつもこいつも良いキャラしてた
なんせ、めちゃくちゃ"ういういしい"(初々じゃなくて、愛い愛いに近いなw)
感情むき出し 真っ裸の連中が多すぎて、思わず笑むよ、オレもw
一般社会(特に若い世代)では、根源的な感情は隠すことがひとつの美徳、のような錯覚がなされ始めている今日このごろにおいて、ひさしぶりに「若い」連中を見れて満足
若さってのは年齢だけじゃないけど、やはり若いヤツらは若くなくっちゃね!
(快晴の)修造イズム全開な少年 アイツも出だしは「おいおい」という気持ちで見ていたけど、終盤にはなんかちょっと感情移入して見てましたよ、うんw
これを機にクイズ「番組」がなにかを思い出してくれると良いんだけどな、アマデューザーどもよ!

追記:オレも影ながら好感を持っていた、ペーテル(フランクル)のとっつぁんが出てたのもナイスですた
エッセイ『新ニッポン見聞録』なんか良い味出てます
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-05 21:49 | 日記

乱立する自民総裁候補

最有力の麻生V.S.反麻生から始まった立候補争い
ここにきて、なにやらよくわからん連中まで「意欲」を見せ始め、党自体のバラバラ加減が浮き彫りに
ミスター近所のおばちゃん面・三太くんは、いったい何に色気を見せているのだろうか?
コイズミ時代に爆増した議席
それらを埋めている連中は、種種雑多
「最大」派閥が勝利しても、その他大勢は、そのあとも不穏な動き見せること、まちがいないな、こりゃ

・麻生太郎
・小池百合子
・与謝野馨
・石原伸晃
・石破茂
・山本一太
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-05 18:32 | ゴシップ・世俗系
別にこっそりしてたわけじゃないけど、オレ的に見逃していた大物の移籍おさらい(8月分)

ルイ・サア (マンU → エバートン)
ジェームズ・ミルナー (ニューカッスル → アストン・ヴィラ)
S・ライト=フィリップス (チェルシー → マンC)
ファブリツィオ・コロッチーニ (デポル → ニューカッスル)
ジブリル・シセ (マルセイユ → サンダーランド)
エヴェル・バネガ (バレンシア → A・マドリー)
ルケ (アヤックス → マラガ)
マテヤ・ケジュマン (フェネルバフチェ → PSG)
ミラン・バロシュ (リヨン → ガラタサライ)

いちおう"見逃していた"ビッグネームの移籍なので、レジェスとかあのへんのは載せていまへん
サア、シセ、ケジュマン、バロシュ この中からふたたび輝きを取り戻せる選手は果たして・・・?
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-05 18:13 | サッカー

デジタル、アナログ

デジタル:割り切れる

アナログ:割り切れない
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-04 19:33 | 雑記・雑感
オリンピックでの衝撃から思うこと
野球の監督にもプロライセンスを発行するべきなんじゃないか、と

野球は、サッカーなどの競技とちがい、いままで「国際的」なスポーツではなかった
アメリカ、日本、そしてキューバ
限られた国だけが強く、その他との差は歴然だった
競技というのは、ことばのとおり、「技を競う」ものであり、ライバルのすくなさは競技自体の停滞を生む
なので、韓国や台湾などの台頭は、野球という競技にとっては福音となることはまちがいない

しかし、まだまだプロ意識
野球という競技を見ていて思うのは、団体競技としての「連動性」の低さだ
局面、局面のほとんどは「1対1」
守備やエンドランくらいでしか、それを「魅せる」機会の少ない競技なのに、その洗練度は他の団体競技のそれと比べると、ひどく劣るような気がしてならない
そのいちばんの原因はなにか?

革命的指揮官の登場の不在
日本のプロ野球は、「プロ」と名乗りながら、プロと呼べる指揮官がすくない
人体の構造であったり、戦術理論、指導のノウハウ それらに深く思い至ったことがなくても、元有名選手であったり、「それっぽい」OBというだけでなれてしまうのが、いちばんの問題なのではないだろうか

監督の知というものは、まず「やりくり」から養われる
保有の戦力でいかに勝ちを拾えるか ここに腐心することから始まるのではないか
そういった面に関しては、補強などの融通が利かないアマチュアにこそ、多い状況で、
そういったもののなから、「アイデア」というものは生まれるはずだ

プロ野球という競技の監督というポストは、極めて閉鎖的な位置にある
野球そのものが発展するためにも、プロはやはり見本となれる存在でなくてはならない
その頭、監督はもっとも重要な職責を担うことをもうすこし考えてほしいものだ

野球界では、モウリーニョなんて、まず生きる場所のない男だが、サッカー界では現在最高の監督のひとりとして、燦然と輝ける存在となっている
野球が魅力を取り戻すためには、こういった人材が出てこれる環境を作るべきだろうね

星野の後任の人事が定まらない
協会の力がないのではなく、人材があまりにも少ないからだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-03 13:34 | その他のスポーツ
【コラム・毎日】「ナショナリズム」の魔力:五輪の時は「がんばれニッポン」…「ガス抜き」と考えるか。警戒すべきなのか。難問だ。

『記者のひとりごと』として掲載された小さな記事に対する反応が上記リンク先のスレッド
反日、在日、売国、変態などの文字が並び、記者の論理構造(思考パターン)への探りと、それを解体する作業が放置されたまま、単なる便所のラクガキ的コメントが大半を占めてしまっている
某巨大BBSには、優れたスレッドが存在することも少なくないのに、こういったものばかりが故意にクローズアップの対象とされ、イメージを崩している感が否めない

オリンピックがナショナル・プロバガンダの祭典であるということは、否定しえない事実だ
世界的な融和の趣旨からではなく、線引きを明確化させることの方が、この祭りの特性ともいえる

(紛争中の)グルジア人選手からロシア人選手への握手なんていう光景なども見られたが、そのときのロシア人選手の苦い顔も忘れられない それはもちろん個人的な感情からではなく、「国家を背負わされている」人間として、公の場でこういった行動をしたあとのリアクションを恐れてのことだろう
国家を背負わなければ、もっと自由に戦える選手も多いはずだが、「背負う」ことに生きがいを感じている選手がいることも否定できない事実
個人の思考(志向)まで線引きを明確化してしまう大会

たとえば地域別の代表を決めて臨む
サッカーの組分けのような方式でグループ分けをし、グループ代表で戦う
選手選考のバランスなどを考えると実現がむずかしい案だけど、そういうものでも本来はかまわないはずだ、オリンピックというやつは
「そんなのでは真剣に勝負できない」 これもひとそれぞれだろう
地球をひとつの共同体として考える場合、他者とのちがいを知ることは非常に重要なことだ
しかし、それは敵として見るだけではなく、味方というアングルからも見る必要がある(第三者視点も)
アングルを複数に置くことによって、初めて対象の全体像が見えてくるという当たり前のことに
もうすこし留意してほしい
不倶戴天の大きな敵に見えていた相手の背中は、貼りボテで出来ていて、それを支えることに悲鳴を上げている人間の声に、ボクたちは恐れを抱いていただけ、なんてことはザラにあるはずだから

知らないことが恐怖を生む
知られることが線引きを行なう為政者たちの恐怖
ナショナリズムとは、国民の盲目化を推進する貴重な道具のひとつ
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-03 11:08 | 雑記・雑感
・ディミタール・ベルバトフ(トッテナム → マンU)
・リカルド・クアレスマ(ポルト → インテル)
・ディエゴ・ミリート(サラゴサ → ジェノア)
・ロビーニョ(レアル・マドリー → マンC)

ウワサになっていた大物たちが続々移動
しかし、最大のサイプライズは、やはりロビーニョだろう
だれしもが、移籍実現ならチェルシー、と思っていたところを、まさかのマンチェスター・シティが横取り
「タクシン・マネー、すげー!」と思ったら、シティ自体がアブダビの投資会社の傘下になるらしいすね
リバポーなんかも、アラブにラヴコール送ってたみたいだけど、彼らが選んだのは「シティ」のようで
監督はまだエリクソンか? 冬の市場では一気に話題を独占してくれるかもね

ベルバトフのマンU移籍も決まった
これでサアなんかは、完全に居場所なくしたね
ロナウドが腐らなければ、今期もマンUが軸になりそうですね

インテルは、クアレスマの加入で完全にモウリーニョ4-3-3型に移行できそう
きっちりとウインガーをこなせそうなのは、マンシーニとフィーゴだけだったので、クアレスマの加入は非常にデカい バロテッリの育成面を考えても、このくらいの選手層は必要だったから

ところで今夏の移籍確実と言われていたフンテラールの去就はDOなったの?
ウワサきかないんだけど、まさかの残留??
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-02 23:19 | サッカー
今シーズンもぶっちぎり
5月現在で2位に勝ち点22差 相当前に優勝を確定させ、今期もまたFAとCLの三冠リーチ状態
ジョンソンとマルディーニが順調に成長してくれたので、モンソローの放出決定
代わりには、16歳のテュラムが加入することに
18歳のギグスがシュツットガルドでやっているのも発見 C・ロナウド+移籍金でこちらも獲得
C・ロナウドの放出にはサポーターが一時爆発するも、いつもどおり素無視の方向で
あとはキャティエをシーズン終了とともに(断腸の思いで)解雇し、ベンアルファを昇格させれば完了か
あと、ダヴィド・シルヴァが意外に成長中 攻略本による最高能力値よりも成長する予感あり
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-02 22:57 | サカつく欧州版