逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2008年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

WCCF 極まりし戦術理論

就任5試合(3勝1敗1分け)を消化した時点から再開
きょうは以下の3点を意識しながらプレイ開始!
・例のキックフェイントの有効的な利用
・バックラインを高く保ち、早いプレスに集中
・ゴールキーパーのポジショニング(飛び出し)

序盤、いきなり引き分け、負けという、いつもどおりのスロースターターっぷりを見せるも、
ここからがスゴかった
引き分けをはさんでの12連勝!
就任20試合消化の時点で15勝2敗3分けという信じられない快進撃を演じる!!
相手関係(就任20~40試合程度の連中)にも恵まれたが、こんな結果は、もちろんはじめて!
特にグジョンセンは1試合1点を超すペースでゴールを量産し、ブッフォンはファインセーヴを連発!
不安だったゴールキーパー操作にもようやく自信がついてきた

ここから、さらに試合をこなすも、早くも集中力が低下しだし、23勝7敗10分けと一気に失速^^;
どうやら、ボクの集中の限界(ゲーム体力)は20試合程度までのようなので、次からは・・・

途中、監督としての手腕がチームから認められるというイベントが起き、
なんと10試合の就任期限延長というボーナスが発生した!
なので、就任期限は23勝もしておきながら、未だ70試合を残すという状態なのである!

ていうか、オレ、WCCFにハマりすぎ! こんなことでは、おこづかいが・・・もたん××;

追記:現在の布陣(4-3-3)

       グジョンセン(※パートナー)
マンシーニ        C・ロナウド
---------------------------------
     デコ     キャリック
        デ・ロッシ
---------------------------------
  モレッティ      ネスタ
   カンナヴァロ フレージ
        ブッフォン(※パートナー)

SUB:ベンゼマ、ジュリ、ペッロッタ、パヌッチ、シルヴェストル

サイドバックは、実際にはセンターよりでオーバーラップはしない位置に置くこと
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-30 19:50 | WCCF
日本五輪代表 0-1 アルゼンチン五輪代表
まさに最終の壮行試合は、あいにくの豪雨でサスペンデッド(もちろん再試合はありませんが)
後半、長いあいだ、ドン引き状態が続いた五輪代表が、どんな風に点を獲りにいくのか興味のあったところだが、たぶん十中八九は取れなかっただろうし、まぁよしとするか

内容は「勝ち点1」を取りにいくのを想定して、しっかりと逃した、そんなカンジ
もちろん勝負なので、なにが起こるかはわからず、実際に本田のシュートがバーを叩いたり、惜しい場面も多く作ったが、内容できっちりと負けていたのだから、言い訳のしようはない
(審判が違えば、もっと苦しめられていたに違いないだろうし)
メッシがいなくても大会最強のメンバーを揃え(イグアインはどこに消えた?)、優勝候補の大本命のアルゼンチン五輪代表を相手にこの結果
これは日本よりもアルゼンチンにとって課題の残る良い試合だったんじゃないかな
現監督に、本選できっちりと修正するだけの手腕があるかどうか 見ものである

あと、ガーゴは本大会で決定的な仕事やりそうだね
あと、某BBSで反町のことを「ポイズン」と呼んでいたひとがいた オレもマネールか?w
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-29 23:00 | サッカー

誰でも・・・よくない

「ダレでもよかった」
近ごろ、続いた通り魔による犯行で、首をかしげたくなるのがこのセリフ
犯罪の善悪の話をする気はまったくないが、なにが「卑怯」であるのか、をすこし言いたい

攻撃が向かう対象が、直接自分にストレスを与えた張本人、あるいはそれらの環境作りに関与した人間、これならまだ理解の余地(可能性)はある
だけど、「ダレでもよかった」とほざく人間たちの大半は、実際には「ダレでもよくない」うえ、
狂った感覚で、完全に油断の状態の無辜の民衆を襲う
たとえば、派遣労働者がストレスをためて起こす殺傷事件なら、その対象は当然、雇用者あるいは、そういった雇用環境を現出させるのに尽力した政治家や経団連等の連中 これなら、まだ辻褄が合う
家庭内のストレスなら、ストレスの直接の原因人物を、学校でのイジメ等なら、イジメの張本人か最悪、相談しても見てみぬフリをした担任とか、ここまでだ
しかし、昨今連続して起こった事件は、これら「当たり前」の外を通っての犯罪だ いったいなぜか?

「ダレでもよかった」と言っている人間は、実際のところ、ダレでもよくないはずだ
本来、対象となるべき人間に無意味な恐れ、ないしは無意識な畏敬を抱いている、そんな人間たちなのではないだろうか
それが単純に勝てっこないと思わせる相手なのか、それともバカな権威主義に陥ってのことなのかは知らないが、とにかくそれらの対象のことが怖くてたまらないのだろう
怖いから「避けた結果」、弱そうな、油断している「ダレかでなくてはならなかった」のではないだろうか
警察に拳銃を向けられて、すぐに凶器を捨てた秋葉原の例の男
あれだけ、無辜の民衆を相手に大暴れしておきながら、まだ助かろうとしていたことに驚かされた
過度のストレスによる暴発にしては、えらく計算高いうえ、えらくガス抜きの下手な奴だ
ストレスの根源の単純(短絡)除去としての殺傷ではなく、間接的逃避としての凶行(迷惑)
臆病、卑怯のことばしか出てこない愚か者

「責任転嫁」は大流行する現代病のひとつなのだろう
さまざまなものをすり替え続けてきた代償として、重大な犯罪を犯したあとまで、自分の本心をまだ無意識に隠し、捏造し続けている
騙され続けてきた人間たちは、やがて自分たちをも騙すようになる(自己捏造)
騙されるという行為が、自分たちと「共犯」の関係にあることも、また隠蔽しながら
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-29 22:34 | 雑記・雑感
攻略サイトなどで細かい操作をおぼえる
そのなかでもボクにとって最も重要なコマンドが「シュートキャンセル」だ
競り合いなどでもシュートボタンを押すボクは、意味のない位置からのシュートが多かった
なのでシュートボタンを押して、シュートモーションに入りそうになっても、急いでキーパーボタンを
押せばキャンセルされるというこの操作は、非常に役に立つコマンドである

ゴール前や、ドリブル中のシュート&キャンセル
このプレイをすると相手DFは、ビクッとして棒立ちになったり、フェイントによく引っかかる
距離感だけ掴めば、このアクションはおそろしくキマる、ズル技に近いプレイのようだ
特にサイドからの切り込み時にこれをすると、相手DFを振り切り、突破できる確率が、
何もしないときよりも飛躍的に上がる模様

集中力がカギだけど、新チームでもいきなりジャイアントキリング連発
ひょっとしたら封じ手にすらなりかねない、自分でもなんかズルい気がする技の発見でした

新師弟関係は2人
きょうまでプレイしていたチームでは、師弟関係成立に集中しながらの育成をしていたが、
新チームには、なんとかグジョンセンとブッフォンを連れていくことができた
候補には、現師弟だったマンシーニ、C・ロナウド、デ・ロッシ、デコなどもいたが、どういう基準でそうなるのかわからないが、前述の2名が任期終了後、ロッカールームにやってきた
どちらも能力開花済み(5ツ☆)だが、綺羅ブッフォンはなんと3項目にわたって限界突破が起きている
これはひょっとするとカードのランクに由来するものなのかもしれないが、新チームでいきなりこのブッフォンがゴールマウスを守ってくれるというのは、ありがたいとしかいいようがない
グジョンセンも例のキックフェイントからのゴール奪取で、いきなりゴール量産体制突入!
新チームは、なんかかなり良い線いきそうな、そんな気がしたなんとかですた
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-28 22:04 | WCCF
< 闘志衰えん!オシム氏 日本代表監督復帰を熱望 >

日本という国の国民性を考慮すると、この復帰希望の受理の可能性は限りなくゼロに近い
なにごとに関しても責任回避 本来、バクチを打つようなことを好む人間が少ないからだ
(自暴自棄、無軌道なやけくそアタックは、たまにあるけどね^^;)
「もし、またなにかが起これば・・・」_このひとことで消え去る可能性
だが、オジジの執念に、ボク個人としては応援したいというのが、偽らざる本音だ
「ひとごとだからだ」と言われればそれまでだが、オレは見たいんだよ、やっぱ!

1日約10km歩けるようになった_健常な一般人でも、ふつうはそんなに歩かない、つーか、歩くまい
67歳にして、彼を支える闘志は、昨今、口だけの形式となった「大和魂」そのものじゃないのか?
(いや、辞書で引くとご都合主義を助長すべき「潔さ」みたいなものも付加されていたので、違うか)
代表がムリならクラブで そんなことも希望しているオシム
これをよその国にかっぱらわれることがあれば・・・つーか、最期まで面倒見るのもこの国のサッカー界の責任・・・こんなときに都合よく「責任」なんてことば使うべきじゃないか・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-26 09:06 | サッカー
OUT:パク・チソン IN:ジュリ
サイドアタックの人材としては、このうえない男を手に入れたというべきだろう
水曜日、2ゲーム目で排出されたのは白のジュリ
即、パクに代わって入団が決定 いきなり素晴らしい動きを魅せ、オーナー(=オレw)ご満悦!
両サイドこなせるマンシーニ、C・ロナウドにさらに右のクラック=ジュリの獲得でうちのサイドの陣容は、ほぼ完全に固まったといえるだろう

師弟関係候補5名
マンシーニ以外のメンツでも、C・ロナウド、グジョンセン、ペッロッタなどがミーティングルームの最前列に座るようになった
ブッフォンも1列目に座っていたのだが、ペッロッタと入れ替わって以来、いくら褒め称えても2列目から動いてくれなくなった・・・どうしよ^^;
あと、デコも2列目まで来ています ジュリも含め、就任期限中に一度は最前列に座らせるつもりだ

セードルフ1200円
WCMのセードルフをカードショップで1200円で売却
売ったお金でATLレオナルドとYGSフンテラールを計500円でゲット
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-25 09:10 | WCCF
香川はビッグネームになりうるか?
セレッソでは、キッカーを任されていることは知ってはいたが、それはキッカー不在のセレッソのこと
だと思い込んでいたのだが、なかなかに質の高いキックを持っていた
これからコミュニケーションが高まれば、五輪での右キッカーを務めることに消極的な発言をしていた梶山よりも、期待が持てそうだ
香川の突入は非常にスマートな印象だ
敏捷なドリブルをする選手はかつてもいたが、俊敏な、そうスマートなドリブルをする選手は、日本サッカー史でも稀有といえる存在ではないだろうか(強いてあげるなら、ムラの少ないときの本山あたりか)
バイタルエリア付近での冷静さ、判断力も向上してきているし、将来性は非常に有望
そんな香川が世界に通用するビッグネームなるには、やはり「移籍」である
現在の所属は2部のセレッソだが、日本の1部などではなく、海外の1部を直接目指してほしい
そんな経路を辿るためにも、今度の五輪での活躍を切にねがうものである

すでにフル代表でも核となりうる長友
今後の日本サッカー界になくてはならない存在、それが長友だ
現時点では文句のつけるところがまったくなく、このまま伸び・・・なくても重要な役割をむこう10年担ってほしい、そんなサイドバックだ
ひとつ気がかりがあるとすれば、完全燃焼に近いハードワークを毎試合こなすところ
「オーバートレーニング症候群」という森島が以前なった例のアレ、にかからないか、それが心配の種
きのうは(8割方、長友の運動量のおかげだろうが)香川との連動もよく、本大会でも左サイドは攻守の核となるだろう あれで本職は右というのだから・・・というか、完全に左不足の日本代表なので、駒野を右に戻し、長友は左固定で鍛えたほうがいいだろうね
彼に関しても海外のリーグ、特にハードワークが要求されるところへの移籍が望ましいかな

本田圭の右
利き足の逆サイドに張る利点といえば、視野の広がりと早い(浅い)段階でのクロスの精度UPがある
本田の鈍足を考慮すると、わずかなランニングからクロスを上げられる右は、ひとつの光明といえる
ボクは以前から「本田は中央で」と言ってきたのだが、反町がなぜサイドにこだわり続けるのか、それがきのうの試合で見えてきた気がした
本田は、そのテクニックに隠れがちだが、球離れ、状況判断が遅い
たまにワンタッチのループパスなど、軽妙なプレイも織り込むので気づかなかったが、シンプルなプレイの判断速度・精度は極めて鈍いと言わざるをえない
シンプルで素早い連動が望まれる中央では、このなんでもかんでも味付けばかりに気をとられる、鈍い男は活きないのかもしれないな、とようやく気づいたわけだ
長いパスに関しても、距離感が狂っていることがとても多く、総じて「長すぎ」というパスを1試合にかならず何本か見ることができる精度の低い選手
テクニシャンといわれながら、ある一時期輝いただけで終わってしまった選手の例は、世界を見渡しても枚挙に厭わないのがサッカーだ
欠点が完全に露出しているのだから、あとはどれだけ謙虚になって課題に取り組めるか、これが本田の今後のサッカー人生に大きくかかわってくる事案だろう

戦評
いままで積み上げてきたメンバーから、さらに大幅入れ替えがあった最終登録メンバー
今年に入って魅せだした連動性は、ふたたびすこし落ちた部分があるが、吸収が早いのがこの世代の長所であることは、きのうの香川の動きでも証明された
きのう出なかったメンバーにも、本番では期待できるだろうし、あとはハートの部分で補うしかない
ハートの部分に関していえば、歴代の五輪チームのなかでも実はかなり上位に入ると思われるのが、今回の反町ジャパン 土壇場でモノを言うのがハートなので、実はこっそり期待していたりする
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-25 09:00

岡田ざぱん候補24名発表

なかなか面白いメンツが候補に上がってますね
中田浩二はともかくとしても、大黒って!
チームでもまったく出場していなかった男が代表?
いくらFWの人材が不足しているからといっても、これではいろんな意味でとんだ笑いものである
巻、矢野が外れて、前田や田中、寿人も入った・・・ん?
ま、でも本番ではどうせ闘莉王がTOPをやるから問題ないんだけどね(!)
村井とか、いまさら呼ぶ意味あるのかな? コンディションが上がってきているのか?
あとこんなカンジでやるなら、ヤナギとガッサ(小笠原)も呼んだらいいジャーン

GK
川口能活(磐田)
楢崎正剛(名古屋)
川島永嗣(川崎)
DF
中澤佑二(横浜FM)
中田浩二(鹿島)
高木和道(清水)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(磐田)
阿部勇樹(浦和)
MF
村井慎二(磐田)
中村憲剛(川崎)
鈴木啓太(浦和)
山瀬功治(横浜FM)
青木剛(鹿島)
今野泰幸(FC東京)
小川佳純(名古屋)
工藤浩平(千葉)
柏木陽介(広島)
金崎夢生(大分)
FW
玉田圭司(名古屋)
大黒将志(東京V)
前田遼一(磐田)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-23 21:27 | サッカー
WCCFの選手カード よくよく注意してみると、同じ選手でもシーズンによって能力値はおろか、SKILL(特殊能力)やポジション適正にも大きな差があったりする
特に気になるのが「プレイエリア」で、この適正が年々まったく違うものになる選手も少なくない
たとえばマンシーニを例としてみよう
05-06シーズンのマンシーニ(白)は、左右前後非常に広範な適正を示している
なのに06-07シーズンのものになると、左の専従者で、わずかにセカンドトップがこなせる程度に
総合値だけは、わずかに86から87へとUPしているが、カードの色も白から黒へ、特殊能力も「幅広い攻撃参加」から「ダイアゴナルラン」へと変化しており、使い勝手では、まるで別の選手である
特殊能力は、その選手をキープレイヤーにすると、そのままチームスタイルに直結するわけだが、これらに注意せず、能力値ばかり見ていると、ちぐはぐで歪(いびつ)な戦術しかとれなくなるので注意だ
TOよりもすべてを加味した選手配列が大事、ということ(かな?)

カードショップなどを探索すると能力の合計値ばかりが査定の対象みたいになっている現象を目のあたりにするわけだが、チームのバランスは科学反応次第
サイドアタック重視なうちの構成では、たとえトータル95の能力を誇るトッティでも、トップ下くらいしか使い道がないなら、93でワイドに中盤をこなせるデコの方が使いやすいのは自明だろう
特にストライカーに関していえば、ダイレクトで決められるトップは、たとえ能力が低くても重宝する
ワンチャンスくらしか作れない強豪を相手にする場合、能力の高さで健闘よりも、1発決めて苦しめた、の方がはるかに価値があるわけだから
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-23 09:37 | WCCF
本日もWCCF
きょうは、最後のプレイでWCMのクラレンス・セードルフをゲット!
ひさびさの綺羅だけど、これはあまり大した額では売れなさそう・・・どうしたものかな?

ローマ勢を中心に作ってきたチームだけど、どうにもトッティを上手く使えず、ストレスがたまっていた
なので、思い切ってトッティを放出!
代わりにサイドアタックの申し子、クリスティアーノ・ロナウドを組み込んだチーム構成にシフトチェンジ
マルディーニも切って、デコが加入 大幅入れ替えの末、生まれた新布陣は・・・

      グジョンセン
マンシーニ      C・ロナウド
   デコ      ペッロッタ
      デ・ロッシ
シルヴェストル    パヌッチ
 カンナヴァーロ ネスタ
       ブッフォン 

SUB:リカルド・オリヴェイラ、パク・チソン、キャリック、モレッティ、マテラッツィ

懸案だったサブのストライカーには、グジョンセンと同タイプのオリヴェイラが加入
「ワンタッチストライカー」の異名どおり、ダイレクトシュートが上手いナイスな選手!
パク・チソンやキャリック、シルヴェストルが帰ってきたのは、すべてC・ロナウドのため
マンUでの相性をそのまま活かし、連携UPの時間短縮を狙う

師弟関係の構築
すでにマンシーニとは成立している師弟関係だが、この関係が成立する最低限の条件としては、
「ミーティングルームでの座り位置」があるようだ
マンシーニが常に最前列に陣取っており、比較的友好度の高い選手たちが前の方へやってくる
なので、他の選手たちとも師弟関係を成立させるため、どんどん最前列に選手を集めることを計画
現在、残60数試合でマンシーニのほか、グジョンセン、C・ロナウドが最前列にきました
ブッフォンもあとひと押しのところまで来ているので、もし4人とも次のチームに連れて行ければ・・・
相当にラクなチーム作りが可能になりそう
これならオファーがなくても、いきなりジャイアントキリングもそうむずかしくないだろうな
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-07-22 22:43 | WCCF