「ほっ」と。キャンペーン

逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2008年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

めざまし(ラジオ・タイマー)に反応できなかったことは過去にない
にも関わらず、やらかしてしまった・・・
起きたら、AM5:00を回っている 後半ものこすところ、あと15分だ・・・・・

試合は1-0でスペインがリード どうやらフェルナンド・トーレスが先制点を決めたらしい
しかし、相手は常勝ドイツ ゲルマン魂の爆発・・・
スペインが強い!圧倒的に技術と精神力が違う!
運動量、連動性、集中力 どれをとっても最高潮で、0-0から勝負を仕掛けているような戦い方だった
本来、守る側が攻める側にプレッシャーをかける
パワープレイを仕掛けたいのに、クロスすらまともに上げさせてもらえないどころか、何度もゴールを脅かされ、萎縮してしまっているではないか
イニエスタ、シャビ・アロンソ、ダヴィド・シルヴァにシャヴィ これにマルコス・セナを加えたアタッキング・メイクは、リーガの乗っている試合でもなかなか魅れないような、美しい、エレガントなものだった
(つーか、イニエスタの価値はロナウジーニョを完全に超えたか)
このスペインは強い!ようやく真の無敵艦隊の称号を手に入れたといえるようだ
そして、Mr.シルヴァー・コレクターのバラックさんは、10個目の銀を手に入れた
スマートに世界化されつつあるドイツ代表 固有のゲルマン魂も薄れ、隣国のトルコあたりがそれを引き継ぐ形になりつつあるのかな

なんにしてもオモローかった、EURO2008
決勝を見逃したのは痛恨だが、今夜のハイライトで存分にたのしむこととしようか!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-30 08:51 | サッカー
グループ・リーグに引き続き、ヒディンク・ロシアが無敵艦隊に完膚なきまでにやられた・・・のか?
録画失敗、というか、オンボロVIDEOがちょいちょいしでかす、魅惑の予約スルー_| ̄|○
なので、ここからは情報に関する感想だけ^^;

ヒディンク・ロシアが、今大会をいちばんおもしろくしたのは、おそらくまちがいないだろう
平均年齢も、本選出場国のなかでは最も低く、"ヒディンクがいるあいだは"まだまだ伸びシロを充分に
カンジさせるチームだった
ただ、ゼニト・サンクトペテルブルク所属のアルシャビン(27)の年俸が7億円というのにもビックリ!
アーセナルやチェルシーが狙っているらしいが、ゼニト・ファンのロシアのツァーリ、ぷーちんが
猛反対しているそうだし、ビッグクラブへの移籍は、けっこうむずかしいものがありそうだ
(移籍して、かーげーべーに消されてはシャレにもならん?w)

今大会は「監督の大会」と勝手に位置づけていたオレ
優勝国予想こそ、新米監督レーブ率いるドイツ代表だったのだが、スペインが上がってきたのには
おどロイターな
指揮官のアラゴネスといえば、アンリを揶揄する人種差別発言などで有名な問題Gさん
揺り戻しが顕著な現在からいえば、最も旬な男といえば、そうなのだが・・・

決勝は、大車輪の活躍を魅せていたダヴィド・ビジャを負傷で欠くことになりそうな無敵艦隊
今までの流れで見れば、フランセスク・ファブレガスが代わりに出ることになるが、途中出場で
結果を残してきているので、スタートでは別の選手を起用するのも、ひとつの手か
一時期、「世界最強リーグ」の名を手中に収めていたリーガ・エスパニョーラを持つ国の代表
(現在は完全にプレミア=本選出場を逃したイングランドのリーグ)
そのわりに代表チームは長きのあいだ、大会で結果を残せずにきていた
決勝進出自体、相当にひさしぶりなわけだが、優勝するだけの「格」がいまの代表にあるのだろうか?
(格がなくても、勢いで優勝することもある大会だが、強豪国にはいろいろな呪縛があるので・・・)

さて、熱戦を極めたEURO2008も決勝残すのみ!
日本時間では日曜日の深夜(月曜の早朝前)の試合となるけど、こればっかりは観戦しない
わけにはイカンガーです!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-28 08:58 | サッカー

第3回 WCCF談義(難儀)

やればやるほど、カネ喰い虫であることが判明するこのWCCFというゲーム
だって、クラブの選手のバランスなんかを考えれば・・・
敵(他プレイヤーたち)は、みなアブラモヴィッチ級に資金をつぎ込んでくる者たちばかり
こちらも調子こいて、同じように振舞っていると、リーズやパルマみたいにバースト・・・死相^^;

ところで攻略のカギ、というか、ボクのクラブのポイントを考えると、やはりサイドの攻防だ
本来、4バックを形成するはずの両SBをWBの位置にもってくるという超攻撃的布陣
攻めているときは、どちらも非常に頼もしいくらいなのだが、相手にウィングがいるときは、
ずっと裏をとられっぱなしの、やられ放題となってしまう
相手のストロング・ポイントを攻めることによって、相手長所を奪うというボクのコンセプトは、
どうやらWCCFのプログラムでは、再現することが出来ていないようだ

<現在のフォーメーション&メンバー>

          サンタクルス
    サヴィオラ     シェフチェンコ
 
    ランパード     シェルストレーム
グロッソ       ガーゴ      エブエ
      センデロス   ネスタ
            
         ステケレンブルク

(SUB) アデバヨール、バッジョ、サリハミジッチ、ブロッキ、アッゲル(アッガー)

懸案は、やはりサイドの構成と位置
前線の左右のFWは内寄りなのでサイドには開かず、みなゴールを狙うハンター状態
ハマれば、4、5点獲ることもあるが、ここはバランスを崩して、サイド強化するべきだろうな
ちなみに青のバッジョ(サカつくのおまけカード)は、黒扱いのようなので、スタミナ不足で
1試合を任せられないエースには泣く泣くだが、退場していただくべきか・・・
で、現在所有のカードから新システムを構築するとしたら、変則4-4-2か

左めにクラック・ロナウジーニョを配したシェヴァとの2TOP
中盤は右最前列にサリハミジッチ 残りは2セントラル、1ボランチ(2TOPの片割れがWG、4枚の中盤でひとりだけSHという概念がこのゲームのプログラムで再現できるのかは甚だ疑問だが・・・)
で、両サイドバックは状況に応じて、WBの位置に(先制されると萎えるので、最初はSB配置で)
いま必要な人材は右めのセントラルか できれば白で強力なヤツが欲しいところ・・・


きのうプレイして恐ろしかったのは、ボクが来店して帰るまでのあいだ、どのメンツも
プレイしっぱなしだったというところ
ボク自身、3時間弱でヘトヘトだったのだが、アイツらのゲーム体力ときたら・・・^^; 
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-26 09:09 | WCCF
昨日、初めてプレイしたWCCF
いきなりの投下資本から考えても、学生には向かないゲームだろう
オレ自身だって、人様に胸を張れるほどは稼いでいないので、極力いろいろと考察してから、
今後は気が向いたときにやる、というスタンスでいこうかな、と

と言いつつ、きのう手に入れたカードなどを考慮すると、やはりまた新チームから、ということに!w
両サイドバックが、中盤のWBのところまでポジションを移した2-5-3システムを採用するという
攻撃的コンセプトは依然として変わらないが、新たに選出されたメンツは以下のとおり_

           サンタクルス
    サヴィオラ        シェフチェンコ
--------------------------------------
      
      ランパード     ブロッキ
アウレリオ     シモンズ      エブエ
--------------------------------------
      センデロス     ネスタ
          
         ステケレンブルク  

SUB:イグアイン、バッジョ、シェルストレーム、イウシーニョ、アッゲル(アッガー)

シェヴァとネスタが黒カード、ランパードは綺羅カード、バッジョが青
開始初期で4人もスペシャルちっくな選手を入れるのは、危険かもしれないので、
なんかあったときは、アルー・ディアッラ、オシェイなどもいっしょに持っておいた方がいいかな?
最終ラインは、DFポジションのライン最前線に位置するという超攻撃的布陣なので、
ネスタくんにだけはゴネられたくなーいな
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-24 18:55 | WCCF
コイツはとんだカネ喰い虫だぜ・・・w

以前から気にはなっていたゲーセンのサッカーゲーム『WCCF』
最近読んだサッカー雑誌に「新機種19日から稼動」みたいな記事を見かけ、
こいつはいっちょ体験したろかい!と

そもそもゲーセン自体、ほとんど縁のなかった今までの人生
クレーンゲームなんかはやっても、そこにある端末を使って、ゲームをするという行為自体は
ほとんど童貞といってもよいほどだった
とりあえず、ゼロから試合をおっ始めなければならないので、スターターパックとやらを購入する
1ケース1000円というなかなかの価格だが、選手はバランスよく入っていて、
1チームができるというもの(ただしカードは11枚のみでサブに入れるべき5人分は足りない)
出てきたカードをとりあえず検討・・・これでは勝負にならないので、もう1ケース
なんとなくチームっぽい構成になったけど、やりたいシステムに合う構成ではない・・・もう1・・・w
3ケース(3000円!)も購入したこの間、ボクはまだ1度もゲーム台についていない
なんせ大人気機種らしく、列を作って、台が空くのを待っているという状態
ヒマだし、一度もプレイしたこともないので、ここで前に並んでいたひとに声をかけてみた
待ち時間も長かったため、いろいろと説明を懇切丁寧にしてもらい、しかも「初めてということで・・・」とインザギとカルヴァーリョの(※)黒いカードまでいただいた!
  ※ちなみにスターターパックに入っているのは白いカードのみである
なんでも黒いカードの選手は、白いカードよりも年俸やプライドなどが高いらしく、
場合によっては財政難や勝率不満を引き起こすというジャックナイフのようなカードらしい
そしてここでさらに1ケース!(バカ丸出し!だが、ここでけっこうな戦力が揃うことに)
このあと、5プレイ(1プレイ300円/2プレイなら500円)ほどやり、固まったチームが以下のカンジ

GK
白 ステケレンブルグ 75 リベロキーパー
DF
黒 カルヴァーリョ 87 意表を突くオーバーラップ
白 アッゲル(アッガー) 84 対空砲台
白 センデロス 82 不屈の闘志
白 (MF)イウシーニョ 85 グリーンライト
白 (MF)エブエ 84 ダイレクトクロス 
白 (MF)ファビオ・アウレリオ 84 広大なクロスレンジ
MF
黒 ゼ・ロベルト 89 意図を込めたパス
白 アルー・ディアッラ 80 噛み付くようなタックル
白 ティミー・シモンズ 82 確実なつなぎ
白 シェルストレーム 82 一網打尽のスルーパス
FW
青 ロベルト・バッジョ 77 不滅の輝き (※サカつくのおまけカード 果たして年俸やいかに?)
黒 フィリッポ・インザーギ 77 ゴールイーター
黒 ロナウジーニョ 93 ディナーロール
白 サヴィオラ 84 瞬間移動
白 ロケ・サンタクルス 83 前線でのチャンスメイク

システムは2-5-3 サイドバックのふたりは中盤のWBの位置にあり、3人が中央を有機的に動き、
3トップがゴールを狙うという超攻撃的布陣を採用
結果は1勝3敗1分けという目もあてられない・・・w
まちがって買ったICカードを含めると4枚のチームカードをすでに持っている(1枚売れたw) これは・・・
ここで、ずっと指導、鞭撻してくれたひとと別れ、カード屋を探索してみることに決めた(ぉぃぉいい!)
ちなみにこの時点でチームから漏れている有力白カードは以下のとおり_

イグアイン、サノゴ、バタグリア、デ・グズマン、ブロッキ、プラニュス、クルポヴィエサ、ヒーピア、
アントニオ・カルロス、ミゲル・トーレス、ジョン・オシェイ、ドニ(GK)、ラメである

すでにけっこうなカード持ち
最悪、飽きて売っても、すこしは投下資金も帰ってくるのかな、などと夢想しながらカード屋につくと、
そこではとんでもない光景が・・・!!w
びっくりするくらい黒いカードや光っているカードが安いじゃないか!w
50円から250円で14枚ほど買い漁ったのだが、レジの兄ちゃんがどうにもサーヴィスしてくれたらしく、1000円ジャストでとんでもない選手たちを手に入れた

光っているカード
チェフ82、ランパード90
黒カード
シェフチェンコ94、アドリアーノ87、ラーション85、ベルカンプ80、フォルラン88、スタンコヴィッチ91、
セードルフ91、エメルソン91、カフー94、ザンブロッタ90、テュラム91、ネスタ91

もうメチャクチャである!w
指導してくれた兄ちゃんに聞いていなかったら、完全に黒いカードだけでチーム揃えてたわ!w
てか、安すぎーっ!!!と思ったら、白いカードで能力の高めの選手の方が、何気に300円とかしていて高かったのには、さらに驚かされたのだが・・・(バランス上、白いのは必須ということか)

ちなみにキラキラ光ったカードは、中には3000円とかいうのもあったけど、キラキラのレアカードとやらの年俸とかは大丈夫なのかしわ?
初期チームでは、どのくらいまで黒い子を入れてもだいじょうV?!
詳しいひとがいたら、アドバイス・コメントとかくれるとありがタイのだが・・・(ヨロシックス!)

気づいたら、いったいいくら使っているんだ
熱くなると見境がなくなるのかもしれないけど、まぁ、それでもパチンコで1時間負けるのよりかは少ない出費だったような気もするので・・・て、財布がいっぺんで軽くなった1日だった

あと、丁寧に指導してくれた兄ちゃん、あんが10!!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-23 22:05 | WCCF
ただ、ただ、失笑・・・

見ていて、悲しくなってくる試合
ちょうどいま、EURO2008と同時期の開催だったため、世界との差をまざまざと認識させられた
そんな試合内容だった
昨年のこの時期、感じていた世界との差は、わずか1年にして、黄河や長江の川(河)幅にも
匹敵するであろう遥かなるオーガスタ、となってしまった
たしかにアジアのレヴェルも年々と上がってきていたが、それもいまでは停滞、ないしは小下落
というあたりが現状だ(豪州代表の編入、北朝鮮代表の台頭などでギリギリ誤魔化しているだけ)
にも関わらず、このざま・・・日本代表は、いまや大恐慌の状態にあるのではないだろうか

もはや指摘の域を超えるほど言われていることだが、日本代表はまったく走らなくなった
常に「チャレンジ」するという「プロ意識」が完全に欠落しつつある(中澤などの一部を除いては)
すでにアマチュア・レヴェルにまで落ちたことを露呈するような場面が、きょうの試合終了直前にあった
相手の単なる判断ミスから生まれたゴールを、まるで本選出場が決まったかのごとく、大喜びする監督と選手たちの姿だ
見ていて、半分泣きたくなるような情けないシーン
これを見て怒りをおぼえなかった観戦者は、サッカー・ファンではなく、単なる「日の丸」という記号の信奉者、サッカーでなくても何でも「日本チャチャチャ」の風見鶏的お調子者だけだろう

オシム前監督は、日本サッカー界のアドバイザー的役職に就いたが、その身体はいまや欧州にあり、拠点もそちらに移り、契約もいまのところ12月いっぱいまでという状態だ
すがるべきアテは、すでに日本にはなく、このまま行けばジリ貧 レールOUTしか道はない
1位突破でもなんでもいいから、岡田を即刻更迭せよ!
なんて意見がまかり通るほどは、この国のサッカーに対する認識は、まだまだ成熟は見ていない
というのが現状なので、もう何もいえなくなる・・・おわり


追記:ちなみにきょうのバーレン代表は、半分は2軍構成ですよー
絶対的エースのアラー・フバイルだけでなく、司令塔のサルミーンほか、主力選手が何人も不在
そこに必死に「気持ちだけ」戦って得た結果が、きょうのアレ
神様が見ていてくれたから、あんな戯けたゴールが入ってくたんだろうけど、入らないほうがもっと日本のためになったんですけどね、サッカーの神様よー!!(怒)

追記の追記:世界と比べなければ、これほどイラつくこともないのだろう
だけど、世界と比べなくて、何の代表なのでしょうか?
現状に対する怒りの不在で、いったいどんな飛躍が期待できるというのか?
そのくせ「世界を驚かせる」なんてことばが飛び出す 寝言は寝てぬかせっ!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-22 21:50 | サッカー
今大会NO.1のジャイアント・キリング!!

さぁ、どこから話そうか
眠い目をこすって見た甲斐が充分にあったベストマッチ
やはり言わなければならないのは、ロシア代表のアルシャビンについてか
直前の試合での危険なプレーで、本大会でも開幕2試合の出場停止処分
にも関わらず、名将ヒディンクが迷わずにメンバー登録した絶対的エース
きょうの試合に関していえば、あのアドリアン・ムトゥをも上回るポテンシャルを魅せ、
一気に世界のサッカーシーンにその名を知らしめたといえるだろう
(ただ、気の荒さも大久保以上 王様扱い以外は起用のむずかしそうな選手ではあるがw)
センターバックのコロディンも、とんでもない中・長距離砲を搭載
ジェラードにも比肩するような精度とキック力を披露
先制してから同点に追いつかれるまでのあいだを除けば、試合内容でも、ほぼオランダを上回る出来
さすがはミスター・ベスト4、フース・ヒディンクが選んだチーム
元々の潜在能力が高さが、遺憾なく発揮されたと思われる素晴らしい戦いを演じた
(延長終了間際まで、「追い越すプレー」の連発 さすが運動量鬼要求のヒディンク率いるチームだw)

オランダ代表は、スナイデルのFKからニステルローイが決めた1点のみ
スナイデル、ファン・デル・ファールトという左右、高精度のキッカーを擁していただけに、意地の一発ともいえるゴールだったが、その一発だけで終わってしまったのは、やはり相手にオランダを知り尽くした男=ヒディンクがいたためか(このレヴェルともなると監督の力も勝敗を大きく左右するね)

さて、準決勝でのロシア代表
コロディン、トルビンスキなどの主力を累積で欠くことになった
元々、選手層の厚さに関しては、まだまだ疑問符がつけられていたわけだが、
はたしてフースはどんなマジックで、この難局を乗り切ってくれるのだろうか
できれば、アズーリを無敵艦隊が破り、グループリーグ第1試合のリヴェンジを果たしてくれると、
超盛り上がりMAXなんですけどねー!!!

なんにしても、きょうの試合はアルシャビン!
コイツに完調のビリャレトディノフなんかが絡めば、まだまだ波乱を起こしてくれそう!
でも、しれっと1発レッドなんかくらって、チームもそのままフェード・アウト、なんてのも素で浮かぶようなキャラだけに、まだまだ予断は・・・ていうか、オモローっ!!EURO2008オモローっ!!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-22 09:15 | サッカー
< 名護市 女児連れ去り未遂で男逮捕 >

「冗談のつもりだった」て、往生際がわるいというか、早く往生した方がいい
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-19 09:34 | ゴシップ・世俗系
イタリア代表 2-0 フランス代表
前半早々、リベリィが負傷退場
24分にはアビダルがエリア内でルカ・トニを後ろからファウルし、一発レッド
これで完全に勝負あり、である

なんやかやでグループ突破を決めたアズーリ
リベリィ抜きではどうしようもないことを露呈したレ・ブルー
一部の選手は、一流国とまともに対戦できる格ではないことも露見

オランダ代表は、順当にルーマニア代表を下し、悠然と決勝トーナメントへ
フンテラールにもゴールが生まれ、今大会の中心は決まりか
3試合で9得点し、失点も1 優勝が見えてきたな
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-18 20:35 | サッカー
タイ代表 0-3 日本代表
すでに各紙の見出しに「快勝」の文字が躍っているみたいだけど・・・?
1点目_CKの流れから闘莉王のヘッド
2点目_CKから中澤のヘッド
画面は半分、余所見しながらの観戦
なぜかって? 心躍らないから
ここからは本格的にチャンネルを回し、裏番組の「ROOKIES」を主体にTV視聴
CMの合間などにチャンネルを戻すくらいだったが、よもや3点目がドラマの終了後
=後半終了間際まで待たなければならなかった、とはである
3点目は途中出場の中村憲剛が飛び出して見事にゴールハント
これが後半43分というから、呆気にとられる
前半のうちに2点獲り、相手は攻めるしかない状態だったはず(なんせ、見てないもので^^;)だから
追加点はもっとイージーに積み重ねれたはず(実力差、特に体格差からも言ってね)
中盤で時折、ポンポンとパスが交換され、連動性を魅せることがあるけど、「怖くない」ところでの
連動は、ほとんど意味がないわけで
あと、スピードサッカーには松井は向かない スタメンではなく、途中起用がベストだろう

イタリア代表 1-1 ルーマニア代表
カンナヴァロの不在はアズーリにとって、ひとつの「救い」となるかもしれない
もし、いて、この成績なら、おそらくイタリア国民はダレも納得してくれないだろうからだ
カンナヴァロ、ネスタという強力なセンターバックの存在は長年、他の追随を許さず、
結果、後進の育成は阻害され、いまの惨状を現出させ・・・というつもりは今回はない
オランダ代表は、イタリア撃破に続き、レ・ブルーも完砕!(あとでビデオ見るの楽しみだ!)
ムトゥのゴールも、バルサでの不遇から試合感の鈍くなっているザンブロッタの不用意なバックパス(ヘッド)をかっさらわれてのもので、カンナヴァロがいても似たような結果になっていたと思われるからだ
次はグループ突破を賭けて、レ・ブルーとの死闘を演じることになりそうだが、引き分ければ、おそらく3戦目で戦力を温存するであろうオランダが、ルーマニアを大差で下さない限り・・・

ブッフォンがいなければ、もっと悲惨な結果になっていたであろう我らがアズーリ
1戦目と大幅入れ替えで臨んだ2戦目も引き分け
(ペッロッタは完全に消えていたから、ディ・ナターレに戻そうぜ あとカモラネジでは、もうきびC)
トッティの不在が今大会のすべてだけど、カンナヴァロの不在は以上の評価から・・・です
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-06-14 22:00 | サッカー