逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2007年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

神の動画!

c(.д.c⌒っまいりますたー♪

http://www.youtube.com/watch?v=TStoWrhgAQ8
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-29 21:03 | ひまつぶし・はなくたし
ほぼ決まりらしいですね、この人事で
近年の日本サッカー協会のヘタリっぷりからして、たぶん国内からの人選、しかも2回続けての「強奪」はまずできないだろうから、当然の帰結ともいうべき人選か
岡田監督、人格的にはキライではないけど、「期待値」はかなり低い監督でもある
これで目標は「本大会での躍進」ではなく、「本大会出場」に修正せざるをえないだろう
岡田氏の(前回、日本代表を指揮したときからの)成長を考慮しないわけではないが、世界のサッカーもまた進歩しており、限界値の設定はおのずとこうなってしまう
もともと、ジーコに食い潰された日本サッカー界の人材たちが、オシムという傑出した指導者によってふたたび掘り起こされたこと自体が奇跡(のようなオシムの手腕)だったわけで、オシムのリタイヤにより、本来の目標に軌道が戻ったとみても仕方がないことである
これから2010年まで、日本サッカーからは、オシムがここ1年と数ヶ月で魅せたような目覚ましい進歩は見れなくなるだろうし、ゆっくりと窒息していくような閉塞感をまた味わうことにもなるだろう
あとは戦術云々ではなく、選手たち個々人の頑張りに期待するしかない
たぶん、そういう昔の「神頼み」サッカーに逆戻りするんだろうな、実際・・・

近日中に意識を戻す治療が施されるというオシム翁
もうこれで「現役勇退」のように周囲は決め付けているようだけど、オジジの気迫をあまりなめるべきではないのではないだろうか?
あれほど精力的に活動する代表監督が歴代に存在したか? そして世界にもいるのか?
オジジのサッカーに対する情熱を軽視するべきではない、とオジジ自身でもないのに、(自分)勝手に
オレは憤慨していますよ、ほんと
どんな形でも戻ってこれるような「ポスト」をJFAは用意しておくべきだろう
それが最低限の敬意ってものである!
オジジの身体、家族に対する軽視のように聴こえるかもしれないけど、オジジの闘志をもっとみんな真剣に考えてみろ! あのおっちゃんは、よほどのことがない限り、中途で物事を投げ出すようなひとじゃないぞ! 目が覚めたとき、サッカーに対する関わりがすべて無くなっていたら、その方がオジジは死んでしまうよ、マジで・・・たのむよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-27 21:05 | サッカー

オシム、復活なるか!

近く「意識を取り戻させる治療に入れる」 

運命の別れ道 
はたしてほんとうに故意に意識を失わせて治療していたのか、どうかが判明する 
たのむからウルトラな、良い結果を期待しているぞっ!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-25 09:08 | サッカー
ひさびさの日記どすw

ここ2日、店の方がいそがしくて、けっこう疲れてたりするんだけど、そんなときの心強い味方が銭湯だ
家風呂では抜けきれない疲れの芯がほぐれ、脱力状態になれるのだが、2日も続けて行くとイヤなものも見てしまうものか・・・
きのうから、あやBふたり組だなぁ、と気になっていたヤツらがいたのだが、きょうは広い湯舟で寄り添うように並んで入浴していた
「(ぉぃぉぃ、近すぎるだろw)」と思わずニヤリとしたのだが、よく見ると、なにやら不穏な気配・・・
コンタクトを外した裸眼0.1以下のジャンク眼で睨みつけてみると_向かって右側の男の右手が、左の男のイチモツの上に丁寧にお椀状にのせられとるや内科医!
どちらも、ほんわりとしたご満悦の表情・・・
彼らふたりが何をしようがかまわないが、銭湯という公共の場でそういったことはカンベンしてくれ^^;
直球勝負・右の本格派のオレには、電車のなかでのカップルの濃厚なキスとかの方がマシ、というかOKなのだが、さすがにこういうのはめずらしく引いてしまいますよ
ほかにも以前から別のゲイ・カップルが、きょう行った銭湯にたまに現れるんだけど、アイツらは背中を流し合ったり、見つめ合ったりまでなのでまだ許せるけど、きょうのふたりはさすがにNG、一発レッドを提示してやりたかったどす、はい^^;
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-24 22:18 | 日記

五輪出場決定&オシム

U-22日本代表が、U-22サウジアラビア代表と引き分け、4大会連続のオリンピック出場を決めた
だが、内容ではわずかな進捗しか見られず、出場は決定したが「資格」に関しては疑問符がつく
オシムが(ほぼ)同じ時間をかけて道程を7進んだとすると、反町は2にも到達させていないという印象
以前、「今回はオリンピックに行くべきではない」とボクはこのブログで書いたが、それはオシムという優秀な指導者に早くポテンシャルの高い若手を預けるべきだと考えていたからだ
で、余った連中で五輪(予選)を戦わせ、経験を積ませる、というのがボクの発想だった

しかし、周知のとおり、オシムが倒れてしまった
協会の最低なバックアップ(緊急連絡網などの整備もまったくなし)のおかげで、今もオシムは意識の戻らない状態が続いている(これに関する説明もあやふやで、さまざまな憶測を呼んでいる)
こうなってくると、「国際舞台での経験値を積ませる」ためだけの五輪もある程度、重要になってしまう
そんな中での出場決定 先行きの不透明な現在では、それなりの価値が出てきていたので良しか

オシム続投のタイムリミットが11月いっぱいまでとなった
「11月中に会話ができるレヴェルまで回復すれば続投」という条件は、いまのところ考えられる設定のなかでは最良といえる部類のものだろう
実際問題としては、続投は非常に困難といえる状況だが、礼儀の面からいっても、これは悪くはない
最高のシナリオとしては、いまだオシムの意識が戻らないのも、「あえて意識を戻さない状態にしている」という田嶋のセリフを額面どおりに受け取って、「実は一般化されてはいないものの、かなり有効な新薬を投与しているため」というウルトラな展開を期待したり・・・なのだが、現実的には最悪の「ただ意識が戻らない状態」という可能性がいちばん高いようにも思われ、ほんとうに気が気ではない話だ
とにかく極力ダメージの少ない状態でオシムが助かること、これを第一に願うものである

水野がここ2試合、明らかにパフォーマンスを落としている
体調面よりもやはり精神面でのダメージがデカいようで、投げやりな、短絡的なプレイが目立っていた
「考えるサッカー」をやってきた選手たちには、精神面でのダメージがいちばんデカい
A代表も含め、これからパフォーマンスを落とす選手が何人か出てくるのではないかと心配する

柏木がどんどん伸びてきている きょうの試合に関しては完全にチームの王様だった
オシム・サッカーに王様は不必要だが、ただのキングではなく、プレイ・エリアも広く、「はたらく王様」といった感じで非常に可能性を感じさせた
反町は才能つぶしの名人のようだが、もうつぶしたあとの替えもきかなくなってきているので、あとは本番も自由にやれるだろう 北京が終われば、さっさとAに召集してほしい選手である

家長、谷口、枝村、内田、安田、カレン・・・五輪は勝つことが至上命題ではない
いかに才能を伸ばしてAにつなげるかがポイントだ そういった意味では反町は五輪監督としてはあまりにも不適正な人物だったように思われる
いまのチーム状態を見るかぎり、本番にも期待は持てないし、さっさと終われというのが、やはり本音だったりするのが悲しい現状であるので、「おめでとう!」とは、やはり言う気になれない・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-21 21:51 | サッカー
< 医師団「回復に向かって前進」 >

意識は戻らないが、出血も止まり、徐々にだが回復の方向だという
しかし、「意識は戻らない」というのは、ほんとうにだいじょうぶなのだろうか?
田嶋などは、故意にそうしているみたいなこと言ってたけど、かなり気がかりな話である
きょうはオシム夫妻の結婚記念日だそうだ これからどんどん快復していくといいなぁ
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-19 20:22 | サッカー
< オシム監督、意識失わず 搬送後も医師に応答 >

16日未明、急性脳梗塞で倒れたイヴィツァ・オシムだが、あまりにもずさんだった初期対応が明らかになってきている
就任前から体調不安がささやかれており、それを承知で日本サッカー協会は招聘したはずなのに、そのケアに関しては、まったくといっていいほど、整備されていなかったことを露呈する形となった
緊急時の連絡網の確立は、「最低」限のこと これすらも準備せず、なんのための協会だというのか?
家から車で10分程度の病院にたどり着くのに要した時間は、なんと80分
これが今までオシムがこなしてきた過重労働に対する報いだとすると、関係者とやらの仕事とはいったいなんだったのか、と憤りをおぼえずにはいられない
「教訓」とするには、あまりにも大きな代償である というか、失礼極まりないとはこのことだ

※地元救急隊員もどうかしている みんな深夜こととはいえ、アタマ回らなすぎ・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-18 09:20 | サッカー
とりあえず甘いモノを断ってみようと思う

オレは無神論者だけど、人間が持つ「願」には、それなりのエネルギーがあると思っているからだ
なにを甘いモノごときで、と考えるひともいるかもしれないが、酒・タバコをいっさいやらないオレからすれば、禁酒・禁煙よりも困難であることは必至だ・・・

これはオシムの不幸を利用した不謹慎な願掛け(困難な禁お菓子へのトライの強固な拘束化)だが、心臓に悪いのはオシムの病状だけで充分で、これを期に・・・
オレたちはタフにならなければならない そういう利用ならオシムだって笑って許容してくれるはずだ
というか、マジで治れよ、オシム!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-17 18:18 | サッカー
< オシム監督119番、フランスから…日本の知人つかまらず >

倒れてすぐに発見されたオシムだったが、119番通報するまでには、かなりの時間のロスがあったようだ・・・よもやフランスの祖母井を経由して、さらにその知人から連絡だったとは・・・どう見積もっても期待していた「30分以内」には到底届かない模様だ・・・_| ̄|○
急性脳梗塞による緊急入院、なのに搬送に要した時間は・・・「後遺症なし」というわけにはどうやらいかなくなってきたのか・・・なんでだよ、マジで!
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-17 09:18 | サッカー
< オシム監督、緊急入院 脳梗塞で倒れる >

日本代表監督のイヴィツァ・オシムが16日未明、脳梗塞で倒れたという
あまりにもショッキングなニュースに、ボクの心臓もドキリとしっぱなしである
日本サッカー界においても大きな痛手だが、それ以上に尊敬すべきオシムの容態の方が大事である
この日も深夜2時までプレミアの試合を観戦していたというサッカーに対する飽くなき情熱
こんな偉大な監督は、果たして他に存在するのだろうか?
急性の脳梗塞らしいが、川淵の「命をとりとめてほしい」という発言からもかなり厳しい状態のようだ
ショックすぎる あまりにもショックすぎる凶報
なんとか回復すること、これのみを切に願うものである・・・(マジで動揺しています)

☆続報☆日本代表オシム監督が入院
「幸い手当てが早かったために意識は戻っている」
倒れて30分以内の搬送なら、かなり効果の高い薬を投与できるともいうが、はたして・・・
オジジの年齢を考えても、あまり劇薬を使うのも考えものだし、とにかく・・・半泣きです、オレ
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-16 18:24 | サッカー