逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

27日、自民・公明によって強行採決された社会保険庁(解体・民営化)改革関連法案
その内容には、国民健康保険の保険料をちゃんと納めていても、年金の保険料が未納であれば、国保の保険証を取り上げ、期限付きの「短期保険証」を発行する、という罰則規定が!
滞納すると「税務署」が強制徴収に乗り出すという規定も盛り込まれているとか(「保険」と「税」はまったく別の制度のはずなんだけどね)

そもそも、健康保険料を納めるのと、年金保険料を納めることには、根本的なギャップがある
健康保険料は、自分のために使われるものだから納得がいくが、年金の保険料は、自分に直接返ってくるものではなく、先人のための支払い
我々が(この表現自体おかしいが)いただくことになる年金は、また後の世のひとたちが支払ったもの
出発点がゼロ資本からなので、終着点(制度崩壊)もゼロ資本になるシステムで、人口比率が永遠に同じでもないかぎり、かならず支障が出るというバカな仕組みなのである
崩壊のキーとなったのは、「団塊の世代」の扱いであり、彼らが納めた保険料が、なぜか「(受け手よりも払い手の方が過剰な状態だっため)余剰金」と錯覚され、周知のとおりの現・保険庁による乱脈運用 (数億から数十億かけて作った建物を、何年もしないうちに数十万から良くて一千万などで売りさばいたり)を招いた
政治家(公務員)は、みんなから預かったお金を「ただ」プールさえしとけば問題なかったのに、わずかなキックバックを求めて、なんら勝算のない狂った投機を連発した
で、結果がこれ、現状(今の人間で、納めた年金保険料のうち返ってくる金額の割合試算が6割弱 しかも、これから減ることはあっても、上がることはまずありえない)なわけなのに、払わない、だけならまだマシだが、「払えない」人間からも強制的に徴発し、ムリなら健康保険を盗り上げる
根本が欠陥を抱えたシステムだったのに、それを無理やり維持するために、さらに狂気ともいえるシステム改竄 与党議員の全てが「きてぃ(気ちが〇)」であることが明白になった強行採決

おもしろいのが、今回の「事件」に対するマスコミ各社の対応だ
与党(特に創価=公明党)の資本がどっぷり注入されている関西のFMラジオでは、「昨夜未明、天下りの規制強化を盛り込んだ法案など3法案が、参院本会議で可決されました」と、なんと年金法と社会保険庁改革法を完全に(故意に!)スルー 時間が変わっても、ずっと前述の文章 完全になかったことにしていました(で、あいだには創価のCMが頻繁に流される)
社会保険庁改革関連法について報道している局でも、健康保険没収についての説明をしているところは、ほとんど存在しなかった
というか、そもそも28日に共産党議員からの質問の声が上がらなかったら、ボクらがこの話を知ることは、ひょっとしたらなかったのではあるまいか?
議論もクソもない
国民の声を聴く、国民に問う、など、当たり前の義務をいっさい放棄しての強行採決の連発
コイズミでひたすら人気取りし、アベで一気にカタをつける
で、ダメになったら、コイズミないしは、人気の出そうな人間で、「また失地回復するだけ」
たぶん自民党はそのくらい軽く考えている 有権者とは、そのくらい軽い存在であるということをコイズミ時代に、しっかりと有権者自身の手によって証明されてしまったのだから

「ひょっとしたら」今度の参議院選挙では、自民党が惨敗することもあるかもしれない
だけど、またすぐに復活するだろう それが日本という国の国民性なのだから
自民党議員の多くの本領は「輩(やから)」行為にこそあるので、外野になればすばらしい能力を発揮するだろう 公明党も大規模なメディア支配(最近のゴールデンタイムのTVで、学会員がいない番組なんて、まず存在しないどころか、ほとんどすべてが学会員なんて番組も少なくない)を推し進めているので、ひょっとしたら、ひょっとしなくても、自民よりも力を発揮するだろうから
日本人は、ひとのことばに影響を受けやすい とくに大声には「従順」ですらある
染まりやすいし、染め易い
長年の癒着から、メディアを支配してきて、これからも支配し続ける政党
それはざんねんながら自民・公明をおいて他にはないだろう
民主も、元を正せば、大半が自民の分家・埋伏議員なのだから、信用するのは不可能
それこそ、共産党、社会党が政権に就くなんてのは、党の理念からしてもムリ(資本主義国家において、清潔な政治運用なんて、まず不可能なのだから)
資本主義国家であり続ける以上、たぶんもうV字回復なんてありえないよ
無数の弱き屍を生み出し、間引きし続けない限りは (これが自・公の選んだ道だね!)
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-30 22:22 | ケイオス-フィリア

「アベ死」

短期保険証_13カ月以上の年金未納者対象に 社保庁

年金保険料を払えないような連中から、さらに健康保険まで(いちおう)段階踏んで盗り上げる
どれだけ言い訳しても「国家財政に寄与できないような貧乏人は死ね!」と言っているのと同じだよね
アベ・シンゾウ人殺し内閣 あと数年もしないうちに「アベ死」者続出じゃね?

追記:
民主主義国家における政治家とは、国民の信託を得た「代理人」として、「国民から集めたお金を、また公正にバランスよく再分配する」
本来は、ただこれだけの仕事だったはずなのに、父、祖父の代から不潔な甘い汁を吸ってきた連中は、国民が何も考えずに「勝手に」納める税金だから、こちらも「好き勝手に」使い、足らないなと思う分は、新法を設立して自由に「徴発」する権利が自分たちにはある 我々は光り輝く選民であり、国民と呼ばれている連中は、度マゾの奴隷だ、くらいに錯誤しているんだろうな、きっと
もし、国民にまとまな政治家を作る気があるのなら、「政治家は死後、いっさいの財産を国家に返す」くらいの法律を「国民の手」で作る必要があるだろうね
政治家は、あくまでも「代理人」であり、「支配者」ではないのだから、やろうと思えば可能な話だし、そこから初めてホンモノの「滅私奉公の精神」とやらを持った「国士」ってのが生まれてくるはず
しかし、ざんねんながら現状は、本当はけっこう存在するはずの「国士」たちは、薄汚い手口で稼いだ人間、その子孫たちの「資金力」によって、選挙で負けているだけのこと
ホンモノの国士は、そろいも揃って「度マゾ」てのが基本なんだから、以外とこの方法イケるんじゃないかな?

ほんとのこといえば、もうこの国は「革命」でも起こさない限り、ほぼ完全に終わっている
けど、革命には強力な「資金・背景」が必要で、みんなにやさしい国づくりってのは、そういったモノとは無縁に近いのが、世の常
腹が立つのは、いちばん汚い連中が「理想」を騙(かた)ること
しかも、ほとんどの国民がその嘘を見抜きながら、わざと騙され、そして自分を騙し、自分を騙すというギャップから来るストレスを自分よりもさらに弱い「弱者」になすりつける
ほんとうはみんな、全員の幸福なんて望んではいない?_「自分はアイツよりもまだマシ」、他人の不幸でしか、もう精神の安定を望めないのか?
勝ち組、負け組_負け組の浮上の扉はさらに狭くなり、やがて完全に閉じられる
勝ち組も勝ち組で、最後のひとりになるまで油断できず、ギリギリとこれからも細い道を歩く
でも、最後のひとりになれたとしても、「天国に独り」てのは、はたしてほんとうに天国と言えるのですかね?
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-29 21:19 | ケイオス-フィリア
< 県警会見、警察官の当て逃げ、スピード違反 >
先月、車を運転して追突事故を起こした後、現場を走り去っていた富山北警察署の警察官について、県警察本部は、病院での検査の結果、意識障害が生じる病気と診断され、当て逃げにはあたらないと判断しました。

 富山北警察署の57歳の男性警部補は先月5日、普通乗用車を運転していて、富山市東老田の県道交差点で信号待ちをしていた普通乗用車に追突しましたが、そのまま現場を走り去りました。
 県警本部によりますとこの警部補は取り調べに対し、「事故を起こした記憶がない」などと話したため、病院で検査したところ、発作により意識障害を起こす病気と診断されました。
 県警ではこの警部補が事故当時、発作を起こし事故の認識がなかったとして、当て逃げにはあたらないと判断しました。
 その上でこの警部補に対し、健康管理を十分に行う義務があるとして「本部長訓戒」としました。
・・・もう、ここまでくると笑うしかないのかな?
「当て逃げにはあたらないと判断」うんぬんじゃなくて、そんな人間が拳銃をぶら下げているのかと思うと、怖すぎです・・・カオスです、はい
しかも、「普通乗用車」に乗っているときの事件だから、もちろん職務中ではないはず
つうことは、一般人と同じ扱いでなくてはならないはずだから、一般人が同様の事故を起こしても無罪放免・・・んな、ワケないやろがえっ!
こんなもん免許没収はおろか、自主免職勧告が常識だけど、答えはなぜか「訓戒」ですw
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-28 21:55 | ゴシップ・世俗系
b0006096_1921999.jpgデジカメ小僧の最新更新では、
こんな写真も見れちゃいますよ!

案外、過疎ってるブログじゃけぇ、
アドヴァイスのコメントとかも書き込んでくれると、小僧もうれCのでR

てか、毎週更新してんじゃん!
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-28 19:05 | おしらせ・記念

あんり・まぁ~

ティエリー・アンリがバルサに移籍
移籍金はなんと40億円
29歳の選手の移籍金としては破格だ
エトーもバルサを出る気はないと言っていたのに、どうなるんだろう?
ひょっとしたら、ロニーのミラン電撃移籍、こっちの方が確率高かったり?
なんれにせよ、アーセナルはDOする気なのかね?
がっつり若手の有望株の2・3枚でも獲得しないかぎり、もう投げているとしか・・・^^;
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-23 20:46 | サッカー

ネット(メール)人格

とりあえず大阪人は、普段の会話では使わないような大阪弁も平気で使うようになったりするねw

メールにしろ、ネットによる書き込みにしろ、削ぎ落とし+ダイレクトな要素が多いので、ふつうに話すよりも、相手、および自分の見えてくる新たな一面が意外と多い
少なくとも、本音に近い部分を読み取るには、文章の方がまさに「読み取り」やすい?

・本人のキャラクターとは違う「メール人格」ってないですか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-23 08:57 | 日記
< オシム監督、中田氏の代表復帰を否定せず >

憶測という名の捏造 マスコミの得意技のひとつ
けど、調子にノせられて、ほんとにフッキする人間、なんてのもいないわけではないが・・・

フィーゴ主催のチャリティーマッチで、ひさびさにピッチに姿を現したヒデくん
「ぉぃぉぃ、オマエもそっちのタイプか!?」
わずかにダイジェストで流れた映像では、ブランクをおそろしく感じさせるミスプレイの連発
この前、TVで見たフットサルでのオグラのていたらく ラモスのすごすぎプレイ
どうやら、スポーツ選手は引退後、2種類の人間に分かれるようだが、まさかヒデもそっちだったとは・・・
7月1日に爆発的好プレイを連発できない限り、フッキは考えないほうが身のためというものか・・

それにしても、あいかわらずオジジの写真は男前だなw
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-21 21:25 | サッカー

遂にゲッツ!!

大沢誉志幸の『CONFUSION』を遂にゲッツ!!

京都は宇治に行ってきますた
おけいはんの無料乗車券をもらったので、まったりと
で、券をくれたひとのために、撮った写真を現像しにナンバへも
ナンバの(府立体育館近くの)ブックオフ いつもの習慣で期待もせずにCD棚を見たら、ああたっ!!
アマゾンだと5000円近い値のついている前述のCDが、なんと250円でっ!!
さらに『in・Fin・ity』も同時にゲッツ!!
「パチンコでバカ勝ちでもしたら、アマゾンで買ってやるか」と思っていたCD
遂にあの名曲『雨のタップダンス』の音源ゲッツでうっとり・・・(*´ェ`*)ポッ

帰りに地元でパチンコを打つ しっかり1まんえん負けたヽ( ´¬`)ノ
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-20 20:01 | 日記
「水はなんにも知らないよ」

水に愛のある言葉を込め、一気に凍らせる
水に血が濁るような言葉を浴びせかけて、一気に凍らせる
すると、そのあとに出来る水の結晶は、言葉と同じく、美しかったり、歪だったり、みたいな

何年か前、窪塚洋介がフジTV系列でやったドキュメンタリー番組『地球維新』でも取り上げられたこの説が、今頃になって「ニセ科学」と問題視(バカに)されているんだとか
あの番組では、窪塚が念を込めて、ラボで即時に凍らせ、ゆっくり解凍して顕微鏡で見る
すると先述のような結果となり、窪塚が驚いて、感激する、という行(くだり)を放送
たぶん、これが「水と言霊」説のウワサ発生の大きな契機になったんだろうな

あの番組では、結晶が出来ていく様の部分は撮られていなかったので、いくらでも捏造・演出できる余地はあったが、ボクとしては「そういう考え方もありだな」とも思った
汚い言葉ばかりを使うのは、精神衛生上、あまりカラダ良いとは思えないし、普段、美しい(感謝の)言葉などを吐くのに抵抗がある人間には、ちょっとしたおまじないの効果があると考えたからだ
なんでもメリハリだが、言葉が荒廃しつつある日本の現状を鑑みると、ウソでも信じたい(ボクは本来、「信じる」という言葉が大キライなので、一般に「信じさせたい」が本音か)とも思った

何でもかんでも否定したがる人間というのは、どこにでもいる
しかし、否定の先にはいったいどんな光り輝く未来があるというのだろうか?
別にこの(たとえ空想・捏造にしても)説は、宗教的ではあるが、宗教そのものではない
そして、悪い考え方でもない、とボクは思っている
教義、教祖が絶対だから、みんなで目をつぶって無茶苦茶なことばっかりやっているような宗教よりかは、こっちの方が、よっぽど気が利いているとさえ思うわけで
(まぁ、この学(?)説を唱えている人間が、ここから宗教に持っていこうというのなら、話は別だが)
専門職(科学者など)が否定するのは別に構わないけど、これをなんの知識もないのに、ただバカにする人間の精神もどうしたものか、と
「理想と現実」 _ボクだって充分、現実主義者のつもりだが、夢の部分はムリからの肯定はせずとも、否定もしないでいたい それが大人の余裕ってやつだと、ね

余談だけど、ボク自身、この水の説とは直接は繋がらないけど、「言霊」ってやつの実効性には、大きく注目している人間だったりする
言葉によって人間の社会は大きく動かされる それには「声」そのものの力も大きく関与する
「声」には「振動」があり、これによる快不快は印象にも大きく作用する
「振動」の観点からなら、ひょっとしたら「水」にもある種の作用を及ぼすかもしれない
で、美しいことば、汚いことば、というのも存外、「響き」による差異があり・・・なんて夢想をしたり
ただ、美しい発声で醜悪な言葉を吐く人間が生み出す結晶は・・・?w

なんれにせよ、日本語にはたしかに「美しい」というか、良い語感の言葉が多く存在する
そういうのを、まじないでも何でもいいから、できるだけみんなが使っていければ、まったく美しくない人間が標榜する「美しい国」にも、すこしは近づけるのではないのかな、とも
美しく振舞えなければならないのは、「体制」なんかじゃなくて「精神」のはずだからね
(「自己の欲を抑制する」という意味では、どちらも似ているようだけど、その恩恵を受ける相手には大きな相違があるし、受けた相手のそのあとの態度なんかには、それこそ天と地の差があったり、な)
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-19 22:50 | ゴシップ・世俗系
ジュビロ菊池が淫行で逮捕
ボク的にも、近未来の代表候補と思っていた選手(「サカつく」のうちのクラブではバリバリのレギュラー)だけに、事件そのものよりも、罰則期間が気になってしようがなかった
けど、詳細が判明すると、ちょっと菊池への情状も薄れ・・・
なんでも、高校を早退中の女子高生をナンパし、車へ(制服着ていただろうから未成年鉄板・・・)
行為におよんだあと、「1万円」を押し付けて帰す(!)も、なんのチョンボか、免許書入りのサイフを女子高生のチャリンコのカゴに残したままで、夜には通報(ということは、完全に地元なのに顔をさしての行為ではなかったのですな・・・)
きのう、この事件を知ったばかりのときは、「茂原やサンドロよりかは、ぜんぜんマシだろ」と思っていたのだが、これはどうにもきびCかもしれないですね
傑出した才能のある選手が、なんとももったいない

バタフライ・エフェクト、かなりおもしろかった
TUTAYAで何気に借りた『バタフライ・エフェクト』、かなりおもしろかったです
詳細はアフィリブログあたりで近々やろうかな、と
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-14 09:07 | 雑記・雑感