逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2006年 08月 ( 44 )   > この月の画像一覧

墓参り&石切さん

墓参りに行ってきた
でも、休日に墓参りだけというのもさびしいので、その足で石切神社にもアタック
写真バシバシ☆ またあっちでアプる予定だけど、きょうは代表の試合もあるし、たぶんムリか
というか、かなりしんどい 銭湯にでも逝くべか^^;
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-09 17:04 | 日記
それはほとんど革命といってもよいほどの未体験ゾーンへのいざない

オシムになって新たに召集された面々は口を揃えてこういう
「ほんとうに90分しか経っていないの?」「いままででいちばんむずかしい練習だった」
「ボクがいままでどれだけ考えずに動いていたのかが・・・」「でも、やりがいがある」

カルチャー・ショック_オシム先生が、ついに「ホンモノのサッカー」を日本に教授するときがきたのだ
オシムは、すでに日本人選手たちの特性、日本人のメンタリティをすら熟知していることだろう
イチからホンモノを学ぶ 遅まきながらも、爆発的成長を魅せる選手が何人も出てきそうな予感!
ヤバイよ、召集2日でマジで強くなっていくのが確信できるような代表 こんなのってありなの?!w

選手たちのコメント

追伸:敵は通訳にあり(なぞ)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-08 21:20 | サッカー

なら、燈花会

昨晩、行ってきたよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-08 20:51 | デジカメ小僧

あおいそら

年に何回見れるかわかったもんじゃない、大阪の「青い」空
それが昨深夜の強風のおかげで超ひさしぶりに拝むことができた
生粋の大阪人のボクは、青い空に馴れていない
交通量の少ないお正月の三が日明けか、台風一過のあとくらいにしか見れない青空に
ボクのこころはひどく動揺していた(三が日明けも、実際はきょうほどではない)
「こんな日に仕事してていいのか?」「写真撮りに大阪中を回るべきだろ」_ウキウキがとまらないw
けっきょく、平常どおりに仕事したわけだが、合間に仕入れに行ったときは、ほんともう歩きながら
ニヤニヤしているのが自分でもよくわかったw
大阪にいながら、まるで高知にでも観光に来たような気分 
いつもはわけのわからんモヤに閉じ込められたクソ大阪が、「わたしも実はこんなにキレイだったのよ」
と「ビン底めがねを外した委員長」のようなマンガ的ノリでアピールしているかのごとくだった
他府県のひとたちには失礼な話だが、大阪はまず台風の直撃を受けづらい土地で、こういう晴天を見ると
ちょくちょく台風の到来を願ってしまうふとどきな自分がいる(マジですまんが)
くらいなので、日ごろから「あおいそら」を味わえている地方の方々は、その空の意味もすこしは
かみしめて、たのしい日々をすごしていただきたいと祈るものだ 青空気持ち(o^-')b イイ♪
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-08 20:44 | 日記

さすがは与党公認!

< ガラス張り知事室廃止 長野知事当選の村井氏 >
真っ黒です 真っ暗闇です なかではどんな黒いひとびとと接見する気なのでしょうか?
「視覚的な透明性だけ。田中県政が政策決定過程で必ずしも透明だったとは言えない。
私はみせかけはしたくない。これに入るつもりはない」
「みせかけ(体裁)」すらもまとも見せることができない、奔放なる「まつりごと」がふたたび・・・
さぁ、あたらしいダムを造ろう!高速道路だ!新路線だ!土建屋たちのおまつりがはじまる!w
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-08 00:34 | ゴシップ・世俗系

U-21 初戦

後半20分前後までは、非常に苦しい、というか、危ない場面を何度も作られた
GK西川のファイン・セーヴ連発でどうにか無失点に抑えることができたが、2-0というスコアほど
力の差はなく、負けていてもおかしくない試合だった
(終盤は向こうが勝手に機能しなくなり、安心した試合運びができたわけだが)

増田誓_非常に冷静に決めたチーム2点目は、非凡な得点感覚を垣間見せた
本田圭_スピードはあまりないが、バランスのよい選手 ヘッドの正確性もこの年代では◎
中村北_キャラクターの被る田中隼超えが当面の目標か 上背がない分、さらに質を上げてほしい
梶山_技術的には高いものを持っているが、終盤のアレはいただけない ヨモギサワを思いだした・・・
伊野波_技術のあるセンターバックは、どんなチームでも必要 じっくり育て
西川周_エクセレント きょうのメンツではいちばんの才能をしめしていた 将来のA代表入りもほぼ当確

よくよく考えると、えらく主力級の抜けた選手構成だった
家長を筆頭に、水野、前田、平山、内田、水本、谷口なんかもいなかったわけだし、やはり2-0は御の字か
前線・両サイドに質の高い選手が数枚いるのは、なかなかに期待できそうだ
しかし、課題はやはりバックライン 
もともと日本人選手は海外の選手にくらべ、成長が遅いのに、ディフェンスはそのなかでも特に伸びづらい
目標はあくまでもA代表での長期の活躍なのだから、いまからすでに頭角(当確)をあらわす選手が
幾人か出てきていただきたいものである
なんにしても、きょうの結果自体は、現状では上々と評価できる この調子でがんばってくらはい
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-08 00:27 | サッカー
川口に関してはイジれないとしても、ほかのポジションの選手には、けっこうチームとはちがうポジションを
要求してくるのではないかとおらには思われるオシムじぃ
ということで状況別にオシムが組んできそうな選手構成を勝手に夢想してみる

< AMNESIac7的予想スタメン>

    我那覇
            佐藤
       田中達
三都主
              田中隼
      小林 
          今野
               
  坪井   闘莉王   駒野
   
        川口

いままでの監督なら、完全に「バランスがわるい」と採用しそうにないフォーメーションがなぜか浮かんだ
ポイントは田中達と駒野、田中隼の起用法 達也をトップ下付近に配置し、駒野を最終ラインに
ポジションはきわめて流動的で、駒野が上がれば、今野が下がり、今野の位置に田中隼が入る
前線は佐藤か田中達が右に開き、アレックスが上がって3TOP気味になる
この場合にキーはもちろん小林となる
阿部などがいるともっとやりやすいが、超攻撃的にいくなら気なら、序盤だけでも試すかもしれない

どうにも今回の選手だけだと、4バックはほとんどの時間で「ない」と見る
アレックスの「国際舞台でのサイドバック起用は不可能」というのは、ここ4年で全サッカー・ファン周知の事実
駒野を左サイドで使うというのなら話は別だが、今回のメンツからいって、そうすると数が合わない

< 大胆コンバート編 >
        
        我那覇
  田中達       三都主
 
   長谷部    小林

         今野

  坪井   闘莉王   駒野

         川口

はてしなくなんとなくだが、オシムはアレックスを「右」で試す気がする それもかなりの確率で
ぜひとも「再生」してもらいたい選手のひとりだからね、アレックスは!
ジーコによってはげしく劣化させられたイメージの強いアレックスにはたらく場所を!である

とまぁ、ここまで書いて気づいたのは、やはりこのメンバーだと今野がキーマン
先日、負傷して初戦が微妙とのことだが、はたして・・・彼の出場があるかないかで、ぜんぜん前提が
変わってくるので要チェックです 啓太では、ちと荷が重過ぎる・・・^^;

< あむ予報 >
駒野、田中隼はかなり流動的にやりそうです ボランチの位置にも状況でたびたび入ると思われ
田中達の羽生的起用があるかもしれません
アレックスが右に入る可能性があります(あくまでも妄想ですが、可能性は可能性です)
すべては今野が出場する場合に限った予想です
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-06 21:44 | サッカー
< 中村、坂田らを追加招集 サッカー日本代表 >
A3出場のガンバ・ジェフ勢の招集、やはり今回は見送りに
代わりに呼ばれた5人は以下のとおり_

坂田大輔 スピードは J 屈指だが故障が多く、定着にはコンディションの安定を
山瀬功治 こちらも故障しがちのイメージが強い けっきょくマリノスのトレーナーがクソなのか?
中村直志 「憲剛」のほうだと思ったら・・・通訳がチョイスを間違えた可能性は?(でも実力者た)
鈴木啓太 今野の故障で代役がめぐってきた ここが正念場だ! 
栗原勇蔵 上背のあるセンターバック だが、スタミナ&頭脳ともにまだまだ代表水準には・・・鍛えろ

_どういうことだろうか? 
さきの13人に比べて、どうにも今回の追加には、なんらかの意図が含まれているような気がしてならない
いったいなにを、オシムよ? まぁ、疑っちゃぁいないけどw 
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-06 09:14 | サッカー
ありえない試合だった
いつ止められても、というよりも、早く止めてやれよ、というような試合展開のなか、
桜庭は本能だけで勝利を手に入れた

しかし、この試合運営は大きな問題である
いくら今回の興行が、桜庭メインとはいえ、選手生命はおろか、今後の人生にも影響の出かねない
状態まで追い込まれても、レフェリー・ストップさせないとは、いったいどういうことか?
不要な山本KIDの扱い、先日の亀田の試合を含め、どうにもTBSが委託しているであろう
制作会社の運営方針には、あきれるのを通り越して、怒りすらおぼえてしまう
ひとを大切にせず、見ている人間をも不愉快にさせるような放送をして、いったいどんな利益があるというのか? とりあえずTBSは、制作会社を変えるか、格闘技そのものから撤退すべきである
会社自体は大キライだが、まだフジテレビのほうが「スポーツに限定したら」マシというものだ
無意識で勝利した桜庭はすさまじいと思うけど、あのまま試合をさせた興行主にはレッドカードである
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-05 21:07 | その他のスポーツ

リアリズムの宿

長塚圭史_近年、演劇界においてその名を轟かしているといふ、京三の息子
きのうのローカル深夜枠でTV放映された映画『リアリズムの宿
年齢的にも近い彼が、脚本家としてではなく、演者として出ているということなので、試しにヴィデオ録画
これが見事にハマった

『リアリズムの宿』_タイトルからすると硬い、実験的な映画を想像するかもしれないが、
これがありえないくらい「生(なま)」な映画で、ボクらの世代には完全なるツボ 爆笑必至の映画だった
手に取るようにわかる、というよりも手に取るように「伝わってくる」おそろしい演出・脚本
マンガ界の重鎮といわれる、つげ義春の原作とのことだが、おそらくディティール面での脚色は、
大幅なアレンジが加えられたはず 監督はこのとき、26歳 おそるべき才能だ
すべてにおいて、ほぼ完全勝利といってもよい作品だった

つげ義春に興味が出た もちろん監督にも興味が出た 山本浩司もたまらない(おいしい役だなw)
ひさしぶりにハマる映画を見た というか、映画を最後まで見切ったこと自体がひさしぶりだ
でも、感覚がちがうひとたちが見たら、たぶんこう言う_「なに、この映画?なにがおもしろいの?」
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-08-04 21:14 | まれに映画なぞ