逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2006年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

あすの予定

ぼくの今年の休日は、完全に天候に呪われている
いままでのおやすみの天気はすべて曇り そしてあすはついに雨である
ほんとうなら、また鶴見緑地に行って、デジカメをバシバシ撮る予定だったんだけど、
ちょうど良いタイミングなので、大阪城公園を視察しにいこうと思います
もちろん、強制撤去されてしまったというブルーテントの家々が、ほんとうに消えてしまったのか・・・と
先々週、たまたま数軒のブルーテントをデジカメで撮影した(パンク600円含む)
それらがすべてほんとう解体されてしまったのか
扇町公園住所申請裁判で勝訴が出てすぐの今回の強制撤去
この冬の寒空のなか、ホームレスたちから「景観のため」だけに住居を奪った非人道市長・関淳一
そいつがそこまでして「景観」にこだわる理由とする都市緑化「フェア(そう、単なるフェアのためにホームレスたちはセーフ・ハウスを無慈悲・暴力的に奪われたのである)」というのが、いったいどういったものなのか、もう一度、しっかりと撮影してみたいと思います
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-31 20:41 | 日記
昨日の毎日新聞の記事に、小さなものではあったが、なかなかに看過しえない麻生外相の発言が載っていた

「英霊の方は天皇陛下のために万歳と言った。だったら天皇陛下が参拝なさるのが一番だ」
「日本の首相が、国内でここに行ってはならないと外国から言われるのは通らない。中国が言えば言うだけ行かざるを得ないたばこを吸うなと言うと吸いたくなるのと同じだ
28日、名古屋市内の講演で靖国神社参拝に関連しての発言だが、これには今上天皇に対する、けっして少なからぬ不敬の念がにじみ出ている
まず上段の発言は、一度、具申などが行なわれ、ある程度は話の通った段階で行なうのが、最低限だ
なのに突然、なんの理(ことわり)もなく、下から上への(小さな問題ではない)私案を大衆に公言するのは、天皇に「従う者」の態度ではなく、ただ自分の言説や行動を補強する意図としてのみで担いでいる単なる「利用者」のそれのように映る しかし、まだこの程度なら過激派の発言で済まされるレヴェルだが、下段の発言で、その判断も完全に転覆する
靖国神社を参拝している行動心理のひとつに「たばこを吸うなと言うと吸いたくなるのと同じだ」という例証を上げている点である これはさまざまな意味での多重遭難と言えるのではないだろうか
靖国参拝は、ニコチンにような中毒性から止められず、他人から止めろと指摘されると余計に腹が立ち、またスパスパ吸いたくなるのだ、と、まるでこどものような行動理念から政治的問題を無視しようとしているように映るからだ そしていちばんの問題点は、前言で横着にもまるで遠い場所から天皇に参拝を薦めるような発言をしておきながら、その参拝自体が、喫煙心理のレヴェルの話にまで落とされている点である
小さな小さな記事だったが、これは愛「国」者でないボク(愛「コミュニティ」者)からも不快を感じさせるものだった(今上を信じず、制度の効力のみを利用しようとする姿勢)
自称・愛国者であろう麻生氏は、これでほんとうの愛国者たちからも忌まれる存在になるのではないだろうか
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-30 08:57 | ニュース

ホームレスの人権

< 「テントも住所」公園に住む男性の請求認める・大阪地裁 >
まともなことがまともになされないこんな時代に、めずらしくまっとうな判決が下された
全国都市緑化フェア(大阪城公園)、世界バラ会議(靱公園)に関連して進められていた、ホームレス住居の強制撤去活動に、これでひとつの楔(くさび)が打ち込まれる形となった(無視される公算も高いが)
公園での不法(法がなんだ?)な占拠はともかく、彼らにとって「住所」というものは極めて重要なものである
住所を持っていないということで、いつまで経ってもまともな就業ができず、結果、ホームレスからの脱却の道をひどく狭めている、ということをちゃんと認識している行政官はほんとうに少ない(生活保護も未支給だ)

大阪市自体が、まったくホームレス対策を行なっていないというわけではあるまい
だが、対策に投下されている資金が、ちゃんと「生きたお金」として消費されているとは、伸び続けるホームレス者数からも考えにくい
行政が発表する数字、6000~8000人というのも、ボランティア団体が主張する1万5000人という数字とでは大きな大きな溝がある(しかもこれは大阪「市」だけでの数字である)
以上のことからだけでも、大阪市は、この問題にしっかりと対応してきたとは言いがたい 
なのに、毎度毎度のこと(前回の強制撤去しかり)だが、「外からの目」ばかりが最も重要の精神で、今回も臭いものにはフタ、汚点は隠蔽あるのみ、とばかりに馬鹿のひとつ覚えの対応 ほんとうにがっかりの一言に尽きるというものだった
そんななか、今回初めて下された司法からの画期的な判断 あまりにも行政が際限なく違法まがいのボンクラを続けるならば、司法がそれを掣肘する、といった意気を感じる良判決だとボクは評価する

現在からの推移としてみれば、大阪の財政破綻はすでに規定の路線である
秒読み段階どころか、すでに死刑執行書にはサインが済まされ、あとはそのときが来るのを待つのみ、といった段階であるということは、口にはしない、あるいは認めたくないだけで、みんなちゃんと理解している(もし本気で理解していない人間がいるとしたら、そのひとは現実というもの自体が理解できない人間ということだろう)
あと数年もすれば(10年も待つ必要はない)、大阪市のホームレスの数はさらに爆増する
そのとき、行政による悪しき前例がすでにたくさん遺されていたら、抵抗する側の人間において、あまりにも不利な前例となりえてしまう
今回の判例は、そんな馬鹿気た時代が来た時、弱者が気持ちだけでも、拠り所として戦うことのできる杖くらいにはなってくれるだろう

この国は、たしかに資本主義国家ではあるが、民主主義国家であるということは、民主的手法によって選ばれたはずの者たちによって、往々にして蔑(ないがし)ろにされてきた
弱者もみんな仲良く住める社会を構築することを目標とするはずの民主主義が、勝ち組と負け組の明確化 弱者は切捨ての方向へと加速度的に進んでいるのが現状 (コイズミ政権になってからというもの、特にこの政策の加速化は顕著である)
これからの時代、国・行政から自分を守らなければならない日が来る可能性は、みな決して少なくはない
いまのうちから、行政に対抗できる数少ない方法、司法などから、掣肘の手を準備しておく必要があるだろう
目をつぶって走るには、あまりにも急な坂道の時代である 坂がいつ突然、崖にならないとも限るまい

・大阪市、公園のホームレスに代執行令書を交付
・公園暮らしに「住所」認める 「実体ある」と大阪地裁
・「住所は公園」認定、ホームレス勝訴

それにしても、こういった問題に対するフジサンケイグループの対応には、いつもながら腹が立つ
この判決に対する記事見出しでも「公園を住所!?全国初、公園占拠のホームレスに住民登録認める」などと「?!」をわざわざ付け、冷やかし&国の太鼓持ち姿勢に余念がない (そしてそれは弱者に対してどこまでも「排他的」なものである こんなグループが、ドキュメント番組を造るときだけ、エセ・ヒューマニティをみせるのは、胃のむかつき以外のなにも覚えないものである ほんとうに「人間をバカにしている」グループだ)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-28 22:01 | ニュース
< 鈴木レッドスター移籍決定 >
スズキッスこと、アントラーズの鈴木隆行が、新たな移籍先であるベオグラードの空港に到着
レッドスターといえば、東欧屈指の名門クラブだが、スズキッスのセレブ(?)なファッションも負けていない
レザーもファーも、ホンモノなのかフェイクなのか、判然としない見栄え その上、インナーはなぜか薄手のシャツで胸元が開き過ぎ えらくバランスのわる・・・てか、この表情はなんなんだ?!w 
FWで通用するのはむずかしそうだけど、良いポジションが見つかるといいなぁ・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-27 20:35 | サッカー
さてさて、昨日の予告どおり、きょうは「咲くや この花館」でのフォトをば ご紹介・・・

b0006096_20164736.jpgb0006096_20175737.jpgさぁ、いざ入場!
入館料500円なり

うぁ、むっはー・・・w
室外との温度差で、このザマですw
むせ返るような花のかほりと室温 亜熱帯だ

b0006096_20215256.jpgb0006096_2022054.jpgロータスガーデン
熱帯スイレンが数多く植えられているロータスガーデンから
なかなかに見ごたえがあるも、ここからカメラ小僧たちが・・・w


b0006096_20243419.jpgb0006096_2025234.jpg熱帯雨林植物室
まだ入り口付近ですw

ハイビスカスワールド
だったと思うw
ここで至近で花を接写しているオッサンに出くわす ここから・・・w

b0006096_20282147.jpgb0006096_20283078.jpg水性植物の水槽
不思議なカンジですたが、たいへんキレイですた

なんかの花、接写
接写オヤジをマネてみますたよーw

b0006096_20305915.jpgb0006096_2031647.jpg熱帯食虫植物
なんか、ほとんど枯れてたような・・・w

なんとかバナナ、接写
バナナを接写 紫になると成熟なのかな?


b0006096_20333252.jpgb0006096_20333910.jpgサボテンだぁー!
サボテン・多肉植物室にて ほんとたくさんの種類のサボテンがありました
そんななか、アタマにちょこんと花を挿すサボテンちゃんがいたので接写
ほかには、あきらかにあきらかな形のサボちゃんもいたけど、ここでの掲載は今回はスルーでw

b0006096_20371673.jpgb0006096_20372341.jpgジブリちっく
写真にするとジブリちっくなカンジですね
右の写真は、ここの足元だったりします
たしかここは高山植物のエリアだったと思う
(中国・ヒマラヤ区)

b0006096_20405392.jpgb0006096_2041012.jpgカメラ小僧たち・・・
数十万はしそうなカメラで接写につぐ接写を重ねるジイサンたち
三脚を所狭しとならべ、たいへん通行の邪魔ですたw 館主宰のコンテストを意識しすぎw

b0006096_20433868.jpgb0006096_20434556.jpg館内風景
上からだったり、下からだったり
カメラ小僧があまり撮らないであろう、館内のふつうの風景を
緑・緑・緑です♪


b0006096_20455176.jpgb0006096_20455989.jpg拙者も接写じゃ!
なまえも知らない名もなき花たち(いえ、ちゃんと名前ありますよw)
あまりの接写っぷりに、さすがにうちの安デジカメではボケちゃいますたYO!

b0006096_20493429.jpgb0006096_20494252.jpgかわった鉢植えとか
左のカエルへびは、どうやら草かなんかを干して作ったもののようですよ エコロしてます
右はなんとなく隙間埋めに掲載w


b0006096_20522787.jpg非常に良い雰囲気のテーブルも・・・
池に囲まれた雰囲気の良いテーブルも、カメラじじぃが邪魔すぎて、近づくことすら叶わなかった・・・_| ̄|○
今度はぜひ、じいさんたちが来ない日を教えてほしいと思ったが、よくよく考えると、ここは公共施設なので「老人は無料」なのではないか、と気づいた タダなら毎日来るのは、大阪人の必定
なんかほかの老人イヴェントがありそうな日を狙うしかないな、とw
たのしかったのでまた期待 次は春の植物園を撮るぞう!
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-26 20:55 | デジカメ小僧
人間、とあることがきっかけとなり、その行動を大きく変化させることがあるが、どうやらボクには、
デジカメのゲットがそれだったようだ
前回のお休みに倣うからのようにきょうもあいにくの曇天 だが、今回は思い切って鶴見緑地公園へと向かう
市内では唯一、大阪城公園と比肩する敷地面積を誇り、ぼく自身、いまだ訪問したことのなかった場所だっただけに、期待に胸を躍らせ行ったのだが、駅に着いた瞬間、やられた・・・w

b0006096_20205649.jpgb0006096_20225688.jpgまず駅がキレイw
曇天がほんとにうらめしいが、とにかく良い景観

並木道

広々とした並木道
春にもまた来たい


b0006096_2026072.jpgb0006096_20263662.jpgビビる大池
大池の対岸に見える建物は、一瞬、自分がどこの国に来てしまったのかと錯覚を起こす
池には無数の鳥たちと大きな鯉が気持ちよさそうに泳ぐ

b0006096_202905.jpgb0006096_20301077.jpgちゅちゅんの群れ
べんちんぐするスズメたち

対岸(別アングル)
ありゃ中国のエリアだね(国際庭園なのよ)


b0006096_20334968.jpgb0006096_20342197.jpg中国エリア
花博当時の展示建造物が、いまもなお放置状態で残っていた
ここを皮切りに国際庭園エリアでの、小海外旅行がはじまる♪


b0006096_20372338.jpgb0006096_20373262.jpgスペイン庭園内部
田舎町風味の門構え
中にはちょろちょろ流れる水路があるだけ

イラン庭園
なぜにワンコ?w


b0006096_20423984.jpgb0006096_20424864.jpgモロッコ庭園
完全に異国空間・・・
思わず「うひひ♪」と声にして笑ったw
外見は最高なのだが、なかは例によっての廃墟っぷり もったいない


b0006096_20473498.jpgb0006096_2048088.jpgよくわからん建物&東南アジアら辺3連発
このへんは、ちゃんと看板を見ていなかったので、ドコがなにやらの状態ですw
かろうじてタイがわかるだけで後は・・・
b0006096_20513977.jpgb0006096_20514630.jpgあ、ひょっとしたらシンガポールかフィリピンが混ざってたような気がしてきた
てか、左のところはもっと金ピカぶりがすごかったので、撮影技術のなさを痛感w
右の写真は、別機会で載せるつもりが、もうこうやってアプっちゃったのでこのまま掲載w


b0006096_20554869.jpgb0006096_20555569.jpg南の方の諸島
たぶん、なんとなくw

オーストリア庭園
たぶん、なんとなく2w
たしか「音楽の国だなぁ」と記憶したような気がする

b0006096_20585349.jpgb0006096_2059028.jpg韓国庭園とそこを泳ぐ鴨(?)
全体に比して、韓国庭園の敷地面積は他の追随を許さず、かなりのスペースが割かれていた
けど、写真は2枚だけw


b0006096_2121092.jpgb0006096_2121722.jpgめずらしいのかもしれない小鳥
おそらく日本庭園の池で、じいさんたちが必死に撮影していた小鳥
うちのデジカメ&このデカさでは、もはやなんの写真かすらわからんw

b0006096_2163142.jpgb0006096_2173011.jpgTHE風車
手前は、本来なら花で埋まる丘なのだが、いまはシーズンオフということもあり、このとおり(曇天ヒドすぎ(゚ーÅ) ホロリ)

展望塔(いのちの塔)
わずか200円で地上60mの世界へ!


b0006096_2112451.jpgb0006096_21121253.jpg展望塔での景色は、狭い間隔で並ぶ大きな柱に邪魔されて、あまり美しいものとはいえない
(というか写真にはたいへん不向き)
ほんとに景色だけの塔
(2度は登るまい)

b0006096_2116455.jpgb0006096_21162698.jpg 咲くや この花館
館内の様子は後日まとめてやります♪

バイバイ♪
12時半ごろに着いて、3時間ほど遊んだ
休日を満喫♪

やはり冬場の日の消長は、ほんとうに早い 午後3時すぎでもうこの暗さだ(曇天を割り引いても)
今度は、もうすこしたのしみたいので、早起き・・・はきびCので、はやく春夏が来るのを待つとしますw
てか地下鉄・鶴見緑地線はスゴいね 停車駅に鶴見緑地だけじゃなく、大阪城公園(森之宮など)までもがある
夏ごろには、朝に鶴見緑地、3時ごろに大阪城公園なんて、はしごも夢では・・・♪
(正直、地下鉄の乗り換えはめんどいので、帰りは大阪城公園から歩きがいちばんだなw)
思っていた以上にたのしい公園だった 往復も600円弱だし、これはけっこう通うことになるかも
大阪城公園はおカネのないとき ちょっと小銭のあるときは鶴見緑地 が、しばらくの定番になるかもねw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-25 21:25 | デジカメ小僧

禿タカ商法

近日、上場廃止がさかんにウワサされているライブドア
廃止を煽っているのはもちろんマスコミで、それに釣られるように連日ストップ安を更新 
暴落に次ぐ、暴落を繰り返し、いまや時価総額は直前の半分を下回っている
だが、このまま中空に霧散してしまうのか、と思ったら(思うわけがない)、案の定、買収の話が浮上してきた
いまのところ、上場が廃止され、最安値になったころの買収を狙う企業が多いらしいが、
こういうのって、いったい全体いかがなものなんでしょうね
ライブドアは、情報操作や買収益の還流なんかを行なっていたため、いまこうして叩かれているわけだが、
そこに漁夫の利を見出し、個人投資家などの巨額の損失を尻目に、良質の物件を安値で買い叩く
違法なもうけ方はダメでも、法律に則っていれば、悪質なもうけ方もOK、というのでは、
ダレがいったいなにをもって良い悪いを論じれるというのだろうか
ボクの空想では、上場廃止を煽るだけ煽っておいて、廃止撤回の直前で情報を限られたの利権屋どもに、例によって例のごとくリーク  で、その株式売買益を議員たちが自分たちに還流、くらいのお決まりの予想だったが、どうやら世の中はもっと辛辣で、まるごと外資系、アメリカに譲渡し、ごきげんをうかがうという、という近年、断続的に行なわれている朝貢献上がまたもや行なわれようとしているのかもしれない

「株はこのまま2万円台までまちがいなくいく」と、連日煽っていた週刊誌は、すでにホリエ逮捕の予測をとうのむかしから保持していた
株価が上がり、長期金利が上がれば、日本がぶっ倒れるのは自明だっただけに、神の見えざる手ならぬ、
神気取りの汚い政治家たちの手が今回もはたらいての結果だといわれても、ボクはまったく驚かない
ホリエって、法を犯した云々ではなく、連中とやり方が酷似していたために、近親憎悪を買い、
いけにえの羊に選ばれた気がしてならない 
どこまでもなんとなくだけど、おそらくそんなものでまちがいないのではないだろうか 

・ライブドア一転、買収の標的に?資産だけでも魅力的
・ライブ 外資に切り売りで“消滅”も
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-24 08:55 | ゴシップ・世俗系
<来日即オシムマジック「明日練習したい」>
まついのびゅーちふる・ごる、ひらあまの脅威の得点率、おおくぼのひさびさ・ごる
さまざまなグッド・ニュースで溢れかえる月曜日に、ボクがピックアップするニュースはやはりコレ!
オシムのおっちゃん、今期もJで指揮を採ってくらはるのれすね(゚ーÅ) ホロリ
高血圧などの体調不良で引退の声もあがっていただけに、いちばんうれCニュースです
今のところ、主力の離脱といえば、林と引退のポペスクくらい
今期はひょっとして・・・マジックまじっく♪
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-23 20:11 | サッカー
プロなら絶対に撮らない逆光丸出しの1枚 狙ってはなかなか撮れまいw
b0006096_19371100.jpg

[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-23 19:38 | デジカメ小僧

死と解放

世界は、起きているだけで、ひとを煩わしい気持ちにさせるものたちで溢れかえっている
なにゆえに、ひとはひとを不愉快にさせずにはおられないのだろうか
ひとを不愉快にさせることによって、彼らはいったいなにを得るというのだろうか?

睡眠も死も似たようなもの、といったのはダレだったか
たしかに睡眠も死も、一時的、あるいは恒久的に俗世からわれわれを別世界に連れていってくれる
だが、死がとこしえの闇を提供してくれるのに対し、睡眠はさまざまな「夢」などを送り込んでくる
きょうは重頭痛から、一日中、寝床にいたのだが、見た夢といえば、仕事を休んでしまった後ろめたさからか、すべて仕事の夢ばかり
これではいったい何のために仕事を休んだのか なんのせいで頭痛になったのか、である
特別に差し迫った仕事があるわけでもないのに、このザマ あまりにもバカらしくなったので、先ごろ起きた
(そしてこれを書いている途中に友人が現れ、いったん腰が折れる)

睡眠と死、どちらがより「解放」に近いのか
死ではもちろん足りず(苦の免罪はあっても、魂の浄化はない)、睡眠は若干それに近いが、やはりそれは時限式かつ不確定要素が大きい
魂を解放させしめる場所はいったいドコにあるのか?

場所は「気づく」ことによって生まれる
だが、一瞬なりとも気づいたそぶりを見せると、俗世の盲者たちがいっせいに喰らいついてき、
ひとりだけの離脱を絶対に許すまい、と一斉攻撃してくる
自分の解放区を手に入れるには、まず何人をも近寄らせない「力」が必要なのだろう
ダレにも文句を言わせず、ダレにも近寄らせない力
孤立することがまるで罪悪であるような定説が存在するが、それもまた俗世の妄言
まずひとりで立ち、それからの「距離」なのである

解放とは、死でも睡眠でもなく、ひとりである場所を手に入れ、それからの距離をいう
癒着・接触面をできうるかぎり削ぎ落とす それが認められる存在に早くなりたいものである
(頭が痛すぎて、なにを書いているのか、さっぱりわからん)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-22 20:05 | 雑記・雑感