逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

(´×ω×`) 本日休刊

(´×ω×`) カゼひいたぽ・・・いまから寝ますむす (*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-31 17:06 | 日記
< 男子マラソンで起こった事件について >
とりあえず、このニュースを知った朝の段階で、ボクはまだこの男に前科があったことを知らなかった。
メシを食べに戻ってきたお昼に、そのことを知り、「男子マラソンで考えられない気印が・・・」を書き足した。

・・・しかし、冷静になってよくよく考えてみると、この話、どうも保護監察体制の落ち度が大のように思えてきた。
自称元司祭は、精神に失調をきたし、過去に2度も、それも昨年、同じような行為を敢行している。
人気の大衆スポーツの場において、この男を放置しておけば、再犯する可能性は極めて高かったのではなかろうか?(実際に今回、しっかりとその暴挙はなされた)
しかも、今回はオリンピック。正に恰好の舞台であることは明白だった。

今回の事件は、未然にカンタンに防げるものだった。
オリンピック期間中、監察の出頭義務を設けてさえいれば、もし来なくても、事前に察知できたことでもあったわけだ。
これって、全くもって行政の不手際というものではなかろうか?
過去に2度も、それもごく最近に行動した男を、この時期に野放し??
今後、この点に関して、もっと非難が拡がっていくのではなかろうか。

男が真実、まだ精神に疾病をきたしていたのなら、これは男よりも、監察体制に罰を与えるところ大である。

追記_ところでこの男、昨年のF1のときと同じ衣装のようだが、ひょっとしてこれは押収せずに、コイツに返したのか、警察は?
おそらくこの衣装って、この男にとって、暴挙を行うときの正装だぜ?
もしや、返したとは・・・。

追記の追記_ところでこの男、背中のプラカードに「イスラエル~」がどうのこうの書いてあったが、この内容について何も話はないのか?
ひょっとしてカンタンにカウンセリングできるような内容じゃ・・・。
b0006096_22253764.jpgb0006096_22274683.jpg
THE
SECOND
COMING
IS NEVER
SAYS THE BIBLE


※神の再来など、一度も聖書で約束されてはいない(?)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-30 18:46 | その他のスポーツ
b0006096_871974.jpg< この犯人を絶対に許してはならない >
朝、起きぬけにこのニュースを目にし、怒りが天に衝いた。
男子マラソンで、20kmから抜け出し、35kmの時点で2位に30秒差つけてトップを快走していた、ブラジルのバンデルレイ・デリマ選手に、とんでもないクソが・・・。
走っていたデリマ選手に、この気印は襲いかかり、こともあろうかデリマ選手をコース外に押し出した。
デリマ選手は、その後も走りきり、完走。
しかし、この事件の動揺で、もうペースを取り戻せず、3位に終わった・・・。
「あの観客が私の前に飛び出してこなかったら、私が優勝していたかもしれない。彼が私に何をしたのかは分からなかった。とても怖かった。リズムを失い、取り戻すのが難しかった」
男は写真のとおり、いろんな大会に現れる、病的目立ちたがり屋のようだが、テニスで真っ裸でセンターコートを駆け抜けるストリーキングとでは、天と地の差がある。
マラソンは、小石を踏んだだけでも、足への負担でまともに走れなくなるような競技。
突然、現れた男に押し倒されたら、走行中の心拍数も相まって、選手にとんでもないダメージを与え、パニックに陥れるだろう。
この犯人をぜったいに許してはいけない。
ぜひ、こいつの全ての情報を流し、一生涯の罰を与えるべきである。
これで目立ちたがり屋の犯人も本望だろう!
選手の4年間を、五輪でトップを走れるようになるまで努力を、全てを踏みにじる暴挙だ。
ニュースでは「ハプニング」などと軽いことばで表現しているが、こんな犯人には終身刑でも厳罰とはいえない。

「五輪のために練習を十分にしてきた。銅メダルが取れて、とても幸せだ」_デリマ選手の最後のコメントがさらに泣かせる・゚・(ノД`;)・゚・

※ソースは、読売新聞とスポーツナヴィのネット版です。

< 犯人は自称元司祭(57)で複数の前科アリ! > ※お昼に追加した記事b0006096_1235168.jpg
男は、昨年のF1英国GPでも、今回と同様にベレー帽と巻きスカートの格好でコース内に入り込み、禁固2月の有罪判決を受けた。アテネ通信によると、テニスのウィンブルドン選手権でも、同様の乱入事件を起こしたことがあるという。

男は調べに対し、「キリストの再臨に備えて(リマを)捕まえた」などと意味不明な供述をしているという。警察は「精神的に重大な問題があるようだ」としている。
                                        _ニッカンスポーツ
_| ̄|○・・・前科2犯、しかも昨年に事件起こしてるようなヤツ、野放しにするなよ。監察官は何をしてたんだ?
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-30 08:24 | その他のスポーツ
b0006096_20581561.jpg「調和とは、ぶつかりあうことをいうんだ」

正反対のものがぶつかりあって、初めてお互いが開く

岡本太郎は、万博での太陽の塔の制作意図をこう語った。
人間は、進歩しているといっても、科学やそっちのほうばかりで、人間自身はどんどんまずしくなっていっている。
万博では、おそらく整理された無機質なシステムや建造物が立ち並ぶであろうことを予期して、敢えてああいった周囲のものを寄せつけない、違和感のあるものをつくったらしい。

「生きる_その実体は瞬間にしかない」につづく名言だった。

岡本太郎を変人扱いしていたメディアの人間たち、あんたらのほうがどうかしてるね。
さっきNHKで見た岡本のインタヴューは、ひどくまともで、ひどくナイーヴな一常識人のそれだったよ。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-29 20:09 | 名言・箴言・迷言
ブレア首相、強烈キック 伊首相が左ひざ負傷
b0006096_1429966.jpg【ロンドン29日共同】今月中旬、イタリア・サルデーニャ島にあるベルルスコーニ首相の別荘に招かれたブレア英首相がサッカーの親善試合中、誤ってベルルスコーニ首相の左ひざを強くけり、負傷させていたことが分かった。
 29日付の英サンデー・テレグラフ紙などによると、側近やボディーガードを交えた5対5のミニゲームは今月18日に行われた。当初、ベルルスコーニ首相は平静を装っていたが、リビア公式訪問から戻った26日夜になって痛みが激しくなり、病院で治療を受けた。
 首相は待合室の患者にブレア首相に左ひざをけられたことを明かし、中道右派らしく「いつも左には悩まされる」と冗談口をたたいたという。                         (共同通信) - 8月29日
ヽ( ´¬`)ノ右同士の小競り合いワロタw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-29 14:28

天地に則る

ちぃと誤解のないように、このブログの所信表明をば

おれは反米であったり、反日分子というわけではない
政治的記事が多いので、誤解がないように言っておきたい
ただアメリカと日本の政権、その所業が気に入らないだけだ
反米というと、まるでアメリカ人がキライみたいな表現になる
危険な表現だ
心地良いアメリカ人は、それこそ無数にいる

早い話が、反・現アメリカ体制/一部のアメリカ企業、反・現日本の体制/一部の日本企業である
そこんとこよろしく

反日分子なんて言葉は、それこそ思想統制するために政府が薄汚くも思いついた、造語である
国に悪影響を及ぼしている点において、政治家ほどの害があるだろうか?

政治家なんてなくなってしまえば良い
大事なのは、政治家ではなく、みんなから徴収した税金を公平に再分配する、というこの1点にのみあるのだから
彼らを最小限に抑えれば、それだけで恐ろしい額の税金が新たにプールできる気がしてならない
必要なのは「公平に再分配する」というシステムの構築だけである
政治家には高度なものなど要求せず、職人的な職務にのみ従事していただきたい

※やはりそうなった場合、「政治家」という単語はなくすべきだろう
人間には役割の持つ性格を演技してしまう「ロール・パーソナリティ」という性質がある
この際、「警察官」なんてのもなくすべき言葉かもしれない

おれの善悪の判断は、すべて 断想_「善悪の此岸 ~グローバリズム~」 で語ったとおり、世間一般の本心と同じ「快か不快か」だけである
ただ、いつもそれがマイノリティ側にシフトしているため、誤解が生じるのかも知れない
おれの「不快でない状態」は、「バランスの摂れた状態」である
どうしてもマイノリティ側に肩入れしがちになるのは仕方がない

我、天地に則る 常に快と不快に忠実たらんことを
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-29 14:01 | 雑記・雑感
b0006096_11521438.jpg遅ればせながら、今回の五輪で初めてアルゼンチン代表を見た。
感想は、ただただ「成熟している」、と。
とにかくサボらない!
前線からでも、ドコからでも、どんどんプレスをかけていく。
日本代表も、一所懸命にボールを追い回すけど、はっきりいってボールの追い方にまるで質のちがいを感じた
アルゼンチンと日本とでは、環境から生み出される経験の積分値に大きな隔たりがあるようだ。
小さいころから良質の経験を積み重ねてきた者たちが、本気で忠実にフォア・ザ・チームを体現すると、こういった素晴らしいチームになりうるということ。
先日、来日したA代表の試合を見ていても思ったのだが、全員がとにかく走る!決してサボらない!
ビエルサ監督が、2002W杯で1次リーグ敗退しても、代表の監督をクビにならなかったことも、こういった精神をチームに注入することができる監督だっただからのようだ。

< テベス、卓越した選手になりうる素材 >
テベス、アルゼンチンで良い選手が出ると必ずいわれる、もう第何代目かわからない「マラドーナの後継者」。
「今度こそまちがいない!」というのが、今回の世間一般の評価のようだが、ボクとしてはやはりちがった。しかし、それは「残念」というより、「うれしい」ちがいであった。
テベスはとにかく「素直」だ!
そのルックスからは想像できなかったことだが、動くテベスを連続で見て、ようやくわかった。
彼のプレー中の表情には、良くも悪くも一流の選手が持ちうる「傲慢さ(ん?明らかに表現としてまちがってるねw)がみじんも感じられなかった。
本来、アタッカーだけでなく、現在のサッカーにおいて、必要悪ともいうべきこの要素をほとんど見せず、ただただ懸命に献身的にプレーしていた。
清々しささえ感じられた。
こういう風に表現すると、テベスの将来にすこし不安をおぼえるかもしれないが、しかし、テベスにはそんなものがなくても一流になりうる卓越した技術がある。問題ない。
頭をグーで叩かれたり、ひどい削りにもあっていたが、それに対して決してキレることなく、クールにプレーするテベス。
ほんとに人間、見た目だけで判断してはいけないw
一気にこの選手が大スキになったw
あとはただただ、大きなケガなどにあまり見舞われないことだけを祈って、たのしくわくわく、そのプレーをこれからも見たいものである。
文句なしにこの選手(≧∇≦)ъ いいっ♪

※もしこれが全て計算で、そういう風に魅せているのだとしたら、なおさらスキになってしまうのだがw

あ!ありえない話だけど、アルゼンチン代表 全試合完封しました!すごすぎ!w
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-29 12:18 | サッカー
いま「なんて素敵にジャパネスク」のマンガ版と「アグネス白書」を並行乱読中です。
充実してますw

ところで氷室冴子さんといえば、80年代~90年代前半にかけて大活躍なさっていたようですが、いま現在の状況をいくらググッても(Google検索しても)出てこず、ちと心配になっています^^;

もしや、お隠れ(生没)されてはいまいかと、不吉にも調べたけど、かからず。
かといって、いま何をしているのかもわからない。
非常に気になって仕方がありません。

どなたか、些細な情報でも良いので、知っている方は是非メッセージをおねがいします(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-28 22:55 | 氷室冴子

氷室冴子がおもしろい②

きょうはあまり寝ていない。おもしろいから仕方ない。

昨夜は、イタリア戦を起きて見るため、11時ごろには寝床につき、仮眠を摂ろうとしたのだが・・・。
となりのTV部屋で、オカンが岩城晃一のドラマを見るとかでうるさかったので、止む無しに(w)クララ白書 パート2の続きを・・・♪

_| ̄|○ダメでした。結局、読みきりましたw
読み終えた時刻は、だいたい2時ごろ。試合まであとわずかw
やはりそのまま起きて見るハメにヽ( ´¬`)ノ

試合を終えて、翌朝(?)8時に起床。
睡眠をバッチリ摂らなければ、まるでダメなオレ。ハイ、ぼろぼろですw

さぁ!明日はお休み!今夜はアグネス白書逝くぞー!w


※(*'ω'*)ぁ 1個前の記事で、きょうの決勝の生放送が民放でないのを嘆いていたけど、よくよく考えたら(考えなくても)、その時間帯ってもちろん店に出てる時間じゃん!w
録画放送バンザーイヽ( ´¬`)ノわ~い♪
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-28 12:24 | 氷室冴子

イタリア 1-0 イラク

< アテネ五輪サッカー3位決定戦、イタリアが勝利し、銅メダル獲得 >

ヽ( ´¬`)ノNHKの中継には、マジでイラついた・・・
試合が開始されているのにも関わらず、シンクロの放送を延長し、肝心の決勝点を放送しないという、前代未聞のバカをしでかしやがった(怒)。

たしかにシンクロの放送も大事だ。
しかし、サッカーをきちんと中継できないのなら、最初から放映権を獲得すなよと!
民放組への単なるいやがらせと思えない!(妄想w)
しかも、きょうのお昼の決勝も、夜に録画放送するというから、ボケ!かと

グチはこのくらいにして、試合の寸評を_
率直に「ペリッツォーリに尽きる!」ですw
ピルロからのセンタリングを、ジラルディーノが決め、先制。
あとは、イタリア得意のカテナチオだったわけだけど、イタリアの守備陣は、近年のA代表のほころびよろしく、何度も危ないシーンを演出した。
しかし、その全てをペリッツォーリが阻止して魅せた!

今回のボクのアテネ観戦はグダグダで、不覚にもいろんな試合を見逃してしまったわけだけど、このGKから3点奪ったアルゼンチンの破壊力って・・・いまから決勝がたのしみです!(録画だが_| ̄|○)

イラクはとてもがんばりました。しかし、あと一歩及ばず。お疲れさまです。
(そういえば、初めて今回のイラク五輪代表見たけど、「・・・何かがちがう」と思ったら、みんなヒゲがなくなってるじゃん!w アメリカが行った民主化の中で、唯一の成功かもw なんか若々しくて、年相応なカンジで良かった。もちろん、あくまでもオレの主観で、ヒゲもOKなわけだが)

※ペリ夫の画像を貼りたかったが、てけとーなのが見つからず_| ̄|○ 無念
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-28 12:09 | サッカー