逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:雑記・雑感( 516 )

b0006096_21334798.jpgついに訪問者の数も6000人を突破!
8月からはじめたこのブログも、ようやくここまで来ました!
目標は年内1万人突破!(調子こきすぎw)
まだまだ飛ばして行くんでよろしくーっ!!

※写真は、6000アクセスの記念に、骨のプレゼントを持って来てくれた本山くんです。もうすぐ結婚で、ひと皮向ける予定らしいのでチェックしてあげてください。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-10-14 21:37 | 雑記・雑感

ん?ログイン障害?

あせったぁ。。。^^;
なんか オレ、あかんことしてID削除されたんかと思ったよw

障害のお詫び
2004年9月10日(金) 3:30AM~10:00AM、ログインの接続障害が発生いたしました。現在は復旧しております。原因については、判明次第、こちらにお知らせいたします。ご迷惑をおかけしましたこと、お詫びいたします。
_だってさ~w 安心したよ、マジで ^^;

(ん?しかし、朝にもどんどん[新着エキサイトブログ]が更新されていたのはなぜ? みんなはログインしっぱなのか??)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-09-10 12:33 | 雑記・雑感

イスラム教徒

世界がもし100人の村だったら・・・

33人がキリスト教
19人がイスラム教
13人がヒンドゥー教
6人が仏教を信じています
5人は、木屋や石など、すべての自然に
霊魂があると信じています
24人は、ほかのさまざまな宗教を
信じているか
あるいはなにも信じていません
カレらは決してマイノリティではない キリスト教徒のなんと狭いことか 認め合えばすべて丸くなるのに
[PR]
by amnesiac7 | 2004-09-04 21:07 | 雑記・雑感

天地に則る

ちぃと誤解のないように、このブログの所信表明をば

おれは反米であったり、反日分子というわけではない
政治的記事が多いので、誤解がないように言っておきたい
ただアメリカと日本の政権、その所業が気に入らないだけだ
反米というと、まるでアメリカ人がキライみたいな表現になる
危険な表現だ
心地良いアメリカ人は、それこそ無数にいる

早い話が、反・現アメリカ体制/一部のアメリカ企業、反・現日本の体制/一部の日本企業である
そこんとこよろしく

反日分子なんて言葉は、それこそ思想統制するために政府が薄汚くも思いついた、造語である
国に悪影響を及ぼしている点において、政治家ほどの害があるだろうか?

政治家なんてなくなってしまえば良い
大事なのは、政治家ではなく、みんなから徴収した税金を公平に再分配する、というこの1点にのみあるのだから
彼らを最小限に抑えれば、それだけで恐ろしい額の税金が新たにプールできる気がしてならない
必要なのは「公平に再分配する」というシステムの構築だけである
政治家には高度なものなど要求せず、職人的な職務にのみ従事していただきたい

※やはりそうなった場合、「政治家」という単語はなくすべきだろう
人間には役割の持つ性格を演技してしまう「ロール・パーソナリティ」という性質がある
この際、「警察官」なんてのもなくすべき言葉かもしれない

おれの善悪の判断は、すべて 断想_「善悪の此岸 ~グローバリズム~」 で語ったとおり、世間一般の本心と同じ「快か不快か」だけである
ただ、いつもそれがマイノリティ側にシフトしているため、誤解が生じるのかも知れない
おれの「不快でない状態」は、「バランスの摂れた状態」である
どうしてもマイノリティ側に肩入れしがちになるのは仕方がない

我、天地に則る 常に快と不快に忠実たらんことを
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-29 14:01 | 雑記・雑感
沢木耕太郎が不愉快だ。
いま五輪期間中、朝日新聞の朝刊に沢木耕太郎による「マルーシ通信」というのが、ちょいちょい掲載されている。
今日で読むのは2回目だったけど、前回の井上康生編に引き続き、今回も陰気な発想に辟易とさせられた。

今回は、マラソンで金メダルを獲得した野口みずきさんについて。
文章の大半を「高橋が出ていれば」の意見との対比に終始していた。
そして、この発想を「日本人の感情」とも勝手に決め付けて、くくってもいた。

野口が勝った瞬間を「見えない敵の高橋尚子にも打ち勝った」と表現し、
勝利者インタヴューが終わったあとも「走っている時、高橋尚子さんのことを思い浮かべる瞬間はありませんでしたか」と。
そして、野口が「それは、ちょっと・・・」というコメントを発したことに対して、
満足気に文章の終わりを自分の洞察の正しさを空想して締めた・・・。

ヽ( ´¬`)ノ・・・こいつ、どうかしてんじゃない?
井上のときも、本人に直接「絶対勝つといってもらえないか」とか、ボケな質問してみたり、マジでおかしい。
古く、感受性の鈍磨した旧世代の発想。
以前から名前だけは聞いていた男だけど、「少しはやるのかな?」と薄い期待もあっただけに、この連載によるぐったり感はひとしおである・・・。

井上が受けた重度のプレッシャーも、「高橋、高橋」というバカな外野も、この男そのものじゃないか。
沢木耕太郎って、そういう「外野」のオピニオン・リーダーだったのか。
スポーツとは別次元にいる、「ニッポン!ニッポン!」「古き良き時代」という実を持たない輪郭好きの。

活きる(若さ)ということは、古くなったものを必死に振り切って、前に向ってガムシャラに走っていくことをいう以上、この男には、すでに肉体的だけでなく、精神的にも若さが損なわれているといえるだろう。
老兵は去りいくのみ。
スポーツという若さを体現する行為においては、老兵は意見の中心に居座り続けるべきではない。
ネガティヴすぎるよ、このひと。アンタの記事読むのが、みんなアンタと同じ団塊ビートニクばっかだと思わないでほしいものだ。
活き悪すぎ・・・。

「見えない敵」高橋の影に3人は打ち勝った_て「見えない高橋」を見ていたのは、他でもないオマエだろうがっ! しかも「打ち克った」だろ、ふつうw

野口みずきは、「われわれバカな外野」に打ち勝った_これが正解。

※オレ、このひとの他の著作はまだ読んでいません。だから、ひょっとするとこの老兵にも、輝いていた時期があったのかもしれません。しかし、そのときの残像だけで、いま書いてる駄文を肯定するには、すこし足りなすぎると思う。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-24 12:06 | 雑記・雑感
いよいよオリンピック開幕まで残すところあとわずか・・・みなさん、盛り上がってきてますか?
開会式に先駆けて、いくつかのスポーツが今夜からスタートしますが、衛星放送に入っていないボクには・・・>< (_| ̄|○男子サッカー見てぇw

ところで、今回のアテネオリンピック、いろいろな観戦法があると思いますが、ここで少しばかり乙武くんのオススメの方法を_

オリンピックを十分に楽しむための“秘訣”をお教えしたいと思います。
その秘訣とは、選手の歴史を知ることです。
(中略)
彼らが、どんな思いでこの4年間を過ごしてきたか。どんな苦難を乗り越え、オリンピックに照準を合わせてきたのか。どんな怪我と戦い、アテネに乗りこもうとしているのか。そうした選手たちの4年間、彼らの歴史を知っていれば、よりアテネ五輪を楽しんでもらえるのではないかと思っています。(乙武くんの公式HP内、Oto’s Mail 2004.8.10より
_たしかにコレなら、いろいろな思い入れも込みで、選手の感動であったり、くやしさなんかにもシンクロできて、楽しい観戦ができると思います。

_しかし、その方法って、オリンピックの理念のひとつでもある、「さまざまな国のことを知って、いろいろな文化にも興味を持とう(ダレが言ったかは知らんw)」てのには、すこしばかり弊害がある気がするんだよね、オレは。

選手の歴史を知る_好きな競技なら勉強しなくても、ある程度は選手のことも知ってるものだ。
そういった選手を応援するのは、当たり前だし、良いと思う。
けど、いままであまり関心もなく、いきなり見た競技においては、ニュートラルな状態で、国とかそんなもん関係なく観戦するのが、オリンピック、スポーツの観戦者としての本来の姿勢だと思うんよ。
選手のそれまでの歴史なんかについては、試合を見て、興味を持ってからで良いと思う。
というのも、日本人選手については、勉強なんかしなくても、イヤでもTV視聴ならアナウンサーがくどくど語ってくれるわけだし。
わざわざ日本人選手ばかり追いかけちゃったら(選手の歴史の勉強=まず、自国の選手に目が行くのは自明なわけで^^;)、愛国心みたいな得体の知れないもんにまんまと乗っかって、政府が小躍りしちゃうっしょ?
愛国心なんて、対話の拒絶となることが主で、国際協調の弊害になることが、ほとんどです。
むかし、安部公房さんが、「スポーツは好きだけど、オリンピックは大嫌いだ」的な発言をされてたことがあったけど、その理由もこのためであったりします。(安部さんにはリスペクト^^v)

_で、ボクのオススメの観戦方法はズバリ!「ニュートラルな気持ちでふつうに見る!」ですw
乙武くんも別に、自国選手の歴史だけを限定して、オススメしたわけではないと思うけど、受け手側には、こう捉えちゃうひともけっこういると思ったので、ボクなりに問題を喚起してみました^^;
「スポーツは、中立に公平な視点で見る」のがイチバン!
イヤでも日本人選手には気がいくし、力入るのは明白だから、だからこそ、他の国の選手にもちゃんと目を向けようぜ!
だって、どんな参加選手でも、みんなそれぞれのドラマをもって、大会に臨んでいるんだから!
たのしもうぜ!オリンピック!


※だいたいオレが、こんな考え方に確信を深めたのも、
最近のバレーボールの予選で、
「‘ニッポンッ!ニッポンッ!の連呼ってうざったいし、他の国へのマナーとしてもどうなん?」
とある場で発言したら、
「そんなこというヤツは非国民だ!」
と言われ、ドキッとしたことがあったからです。
こんなバカな感覚のヤツ、この時代に若い世代でまだいたことに愕然とし、かなりビックリしたからです。
ヽ( ´¬`)ノなんとも言えんよね~、じっさい。
みなさん、ご用心、ご用心・・・。



.....Σヾ(;☆ω☆)ノギャアアーー!!トラックバック2重投稿してもた!乙武ファンのみんな!すまん!※ちなみにオレは、乙武くんとは製造年月日が全く同じだす。だから許せ(ってなんの言い訳にもなってないYO!wヽ( ´¬`)ノ
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-11 19:59 | 雑記・雑感