「ほっ」と。キャンペーン

逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ:ニュース( 154 )

民主党代表選に思う

菅首相圧勝で再選、小沢氏に230P差
見出しとは裏腹に「国会議員票」では、極めて接戦(菅206:小沢200)だった民主党代表選。
支持者を無視した議員たちのこの投票割合には、毎度のごとく、唖然とさせられるものがある。
そもそも≒犯罪者(限りなく黒に近いグレー)を担ぎ上げて、いったい何をしようというのか?
民主分裂のための理由付け・布石くらいにしか感じられなかった、今回の小沢の出馬。
この国の政治は、民主でも自民(+公明)でも、バーレスク(茶番劇)しか演じられないのか?
とりあえず「結果だけ」が、まだまともだった、と評価する今回のお芝居です。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-09-14 18:38 | ニュース
< タイムパラドックスを回避する方法 >

平行世界(パラレルワールド)の発生ではなく、「パラドキシカルな状況は検閲される」という説。
過去を大きく変えてしまうような出来事に対しては、神の見えざる手のような力が働き、結果、その出来事は未遂に終わるという発想のようだ。
確定した現在(この瞬間)を変えることは不可能ということ。変えたいなら未来を見ろ、と。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-07-29 19:55 | ニュース

菅直人に思うこと

菅直人が新首相だそうだ。
勝手なイメージだが、この男は「オレ様が総理大臣」になってやる、と政治家を目指したタイプではないように思える(30年天下取り計画とかいうのも、自分が大将とは考えていなかったんじゃないかな)。
これは歴代首相には、ほとんどなかった資質ともいえるんじゃないかな。

どの道、末期の状態にある国家の宰相になるわけだから、破滅へ向かうのは必然だが、菅直人がいかに「死の美学」を誇示してくれるかは、期待しないところではない。
要は覚悟の問題である。見苦しく、行ったり、来たり、では、ダレも応援しないだろう。
ビシっと繋ぐべきところは繋ぎ、断つべきところは断つ。中継ぎの役目を完遂してほしいものです。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-06-05 08:34 | ニュース

限られたパイの中で

現状では日本に存在する金融資産1500兆円のうち60歳以上が6割持ってます。50代が22.4%保有しているので、50代以上が持つ金融資産は82.4%になります。一方で、哀れな20代はわずか0.3%です。
そりゃ景気も凍りつくわけです。
人間が老年に保守的になるのは当たり前で、結果、停滞を生むのも必然です。
前々から思っていたとおり、この国の"バランス"が異常期に入っている一例ともいえる数字がまた出ました。
"世代別人口比"、および富の再分配(適正分配)のバランスがモロにとれていない社会のデータだ。
"公平"という言葉を口に出す場合、"機会"の均等化が不可欠であり、それらの代替保障制度を作るべきだけど、
"権力"のバランスもおかしな国なので、それもまた不可能な話で。
明日なき日本の行方はどこへ?

老人たちが「立ち上がれ!」なんて、まだほざいている。
おまいらは静かに寝て、若者が立ち上がれるように場所を空けるべきなのですよ。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-05-24 08:28 | ニュース

米軍基地移設問題の話

けっきょく「県外」移設はかなわず、辺野古へのそれが限界となったようだ。
今回の事案は「手術すれば、ぜったいに根治してみせます」と患者の前で意気込んだ医者が、「やはり(後遺症のある)これが限界でした」と言っているようなものだろう。
可能性は低いと思いながらも、その道の絶対権威(内閣総理大臣)からのお墨付きがあれば、期待しない方が無理というものだし、失敗の言い訳は、やはり認めることができないはずだ。
「補償」で済まされる問題ではない。
元々困難であった治療を進んで買って出たことにより得た報酬(票)もバカにはならない。
落とし所を失った移設問題。「連立」の崩壊も見えてきたが、再び(旧)自公勢力が相対として増えるのも不愉快でたまらない。どうしたものかな。共産党が票を集めるのは想像できないし・・・。

正味な話、移設を「日本の防衛」を前提に考えるのなら、沖縄なんかよりも日本海側に設定する方が
ベターだろう。なんせこの国の(自公政権の意向を汲んだ)メディア、コメンテーターたちは、「北朝鮮」を実像以上に脅威がある仮想敵国として、ここ数年、国民に向かって煽り続けてきたのだから。
「防衛」「抑止力」を建前にする気なら、この案が出てこなかったこと自体がどうかしている。
だから、ただの「言いなり」時代から、すこし「ケチをつける」ようになっただけでも、成長と評価したいところなんだけど、みんな現在の閉塞的状況に、革命的転換を期待していただけに、やはり今回の物語の終盤には納得がいかないし、書き換えを要求するところなのだろう。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-05-23 23:55 | ニュース

消費意欲の話

最近、若者の"消費意欲"の減退を謳う記事を頻繁に目にする
実際にカネがないというのも理由なのだろうけど、果たしてそれだけが問題なのだろうか?

ボクはいま、「自由に使ってよいですよ」と無原則にカネを与えられたとしても、さしあたって「買いたいもの」が思い浮かばない
もちろん書籍などは買い漁るだろうけど、それも高が知れている
「使うべきもの」が見当たらないから、とりあえず残ったお金はプールする そんなところか

長引く不景気のおかげで物質よりも精神的充足に、ひとびとの意識が向っているのではないだろうか?
物で満たされるという貧しい思考からのゆるやかな脱却 (もちろんこれは環境的因子に由来するところが大きく、カネがあれば、またみんな使いまくるようになるのだろうけど)

消費を生み出すエネルギーは、やはり「新しい技術」である
それも既存のシステムから逸脱した完全なる新型の
TV、洗濯機、掃除機、パソコンなどなど、それらの延長線上にあるものではなく、だ
どの発明も新たに「誕生」したときに爆発的エネルギーを生む
エポック・メイキング的な発明 たとえば個体で空を飛べたりするような、ね

人間は、それまでに存在したものには興奮を覚えない
まったくの未知なる発明、商品 これがここ十数年、ほとんどないのに消費意欲の話をするのは酷だ
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-05-05 19:16 | ニュース
<福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める 「帰化しておらず、政治信条を歪められた」>

イシハラのソースは、やはりインターネットなのだろか

「この中に帰化された人、お父さん、お母さんが帰化され、そのお子さんいますか。与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは調べてみると多いんですな」

ネット世界では、左的(死語?)私見を披露し続けるひとをすぐに「在日認定」する風潮が長らく続いている そこには何の根拠もなく、時には筑紫哲也氏のように「創作された通名」が真しやかに付されるケースすら存在する
「調べてみると多いんですよ」 どんな機関を利用して調べたことか
そのうえで、さらなる二重遭難は「文句があるなら帰化して言え」という「お仲間」たちの論調すらも破壊する、「帰化しても所詮は帰化人」「オレはオマエたちを"日本人"とは認めないよ」という隠喩がモロに現れた今回の言い回しである
イシハラが、ただのレイシスト(人種差別主義者)であることは、誰しもが分かっていることだし、放っておけば誰も自分に構ってくれないくらいの老醜をさらしているので、(老醜仲間の)注目を集めるために、こういったセリフを定期的に発しているのも理解できるわけだが
最近では、こういった発言をする人間の発言自体にげんなりとするよりも、こういった人間の「心象風景の荒涼ぶり」に底のない寒さを感じるようになってきた
冷たい言葉を吐く人間は、自分の心に火を求めているさびしがり屋に他ならないのだから(それを求めるだけの資格はないんだけどね)

ちいさな囲い(地域、国家などによる壁)を幾重にも作りたがる人間は、それだけ(ちいさな世界での)防衛本能が強い人間ともいえる 自分は、豪気、気宇壮大をコピーとした"日本男児"とは、大きくかけ離れた存在だといっているようなもの
壁は作りるものではなく、乗り越えていくためにあるものなんだぜ
まあ、考え方というか、生き方の違いなんだろうけど
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-20 09:03 | ニュース
近頃、メディアから完全に共産党が消えている
与党V.S.自民という構図のみで、完全に彼らの声が封殺されている(NHKですら)
二大政党制という、ふたつにひとつという極端な社会の構築の助長
やはり、いつだってマス・メディアは思考性のない、場当たり気分の報道しかやらないのな

多種の意義 消えて初めて 気づけば遅く
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-02 23:04 | ニュース

脳生理学あたりの話

< 脳の活動阻害で道徳的判断に異常、米研究 >
「右耳の背後上部」
ああ、携帯電話とか使うひとにはモロの場合もあるよね - オレは使わないけど(!)
携帯使用者によるマナー違反の一部は、「右耳通話」のひとだったりするのかな?
「それ以前の問題だ」と片付けることもできるが、右側側頭頭頂連結部(TPJ)の活動阻害による道徳的判断力の低下相関が事実ならば、右耳通話へは警告を出すべきだろうね(て左耳は左耳で問題があるのだろうけど)

関連記事1:禅の瞑想が痛みを軽減する、カナダ研究
これは「良いこと」とは限るまい ただ日常的に苦痛を多く感じる(闘病中などの)ひとには良いかもね

関連記事2:男女はなぜ恋をして惹かれあうのか
「頭頂側頭結合部などの鈍化」がキーとなるのなら、携帯はやはりメールではなく通話を
(て、携帯会社の宣伝員じゃあるまいし)
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-03-31 10:37 | ニュース

ベーシック・インカム考

ベーシック・インカムの最大の懸案は、ひとつ前の記事でも書いたが、いかに企業や資産家などの「富裕層(高額納税者)の海外流出」を防ぐかにある。
資本主義ヒエラルキーの根幹である「家畜からの搾取」は、彼らが家畜(雇用者、低所得消費者)であることに由来し、搾取されても「逃亡」できるだけの力がないことによって成り立っている。
しかし、それらを平準化しようとする場合は、奪われる側(富裕層)に抵抗(逃亡)するだけの力があるということが最大のネックとなるのである。

現在出されているベーシック・インカム案は、「月額8万円」の無条件支給であるが、これはあくまでも通らない数字である。
ゆえに「4万円」などの減額案などがネットなどでは語られているが、これもおそらくむずかしいだろう。
そこでボクが考える方法が「段階的増額法」である。
毎年1万円(ないしは5千円)ずつ増額していき、8年(16年)で満額の8万円を目指すという方法だ。
離れた点と点(ゼロ支給から8万円)を一気につなぐよりも、細かくポイントをとっていくことによって「現実的最大値」を探るという方法である。
1万円支給することによって、どの産業に経済効果が生まれるのか、2万円ならどうだ、のように観測点を増やすことによって修正しながら8万円を目指すのなら、8万円はムリでもギリギリのところを見極めることは可能なのではないか、ということである。
この方法を採れば、実際に経済効果があった場合、支給によって「儲けた産業」がこの政策を後押しするようになるであろうし、増額によって消費ポイントがズレていっても、彼らは一瞬見た夢を追いかけて、なかなか逃げ出したりはしないだろう(巻き込みが肝心)。
5千円ずつという小額増額法ならば、2万5千円スタートの11年で満額が理想的数値かな?

「無条件支給」というこの「部分的社会主義」ともいえそうな案が、いくつかの可能性を秘めていることはたしかだ(資本至上主義社会は失敗に終わったわけだしね)。
これにより、ふたたびマイホームの購入を目指す層も出てくるだろうし、自営業の運転資金(家賃補助など)に充てることもできる。
元手ゼロでの底辺からの脱出はむずかしくても、8万円あれば、なんらかのアクションを起こせる可能性も出てくる(友人たちと集まって共同事業を始めるのも良い)。
たしかにこれは「検討」すべき案であるようにボクは考える。うん、実におもしろい。
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-03-26 22:28 | ニュース