逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:オススメなのか?( 75 )

思考の変転、ヒダの直触り 
   読めば、中毒まちがいなし!

この作者のマスターベーション(昇華)の技術は、極めて高度であるし、興味深い
たぶん『ここヘン』とか『朝ナマ』なんかに触発された日は、「自分がこの場にいたら_」シミュレーションで明け方までモニュモニュしていたタイプに相違はあるまい(先生、ダレの話ですか、それ?w)

とにかくおもしろい!
ここまで明けすけなオナニーは、たとい親友の間柄でも、滅多には魅せてくれない深淵の部分だから
丹念に、偏執的に織り込まれたリアリティ溢れる虚構の提示
真剣であれば真剣であるほど、笑ってはいけないほど、爆笑とカタルシスの来訪を引き出す
このマンガのいちばん素晴らしい点は、
豪快すぎるオナニーSHOWを、きっちりとエンタテイメントとして成立させているところにあるのだろう

武富さんがスランプで一時、マンガから離れ、芝居の方に行ったというのは、結果的に大成功だったのかもしれない
4巻の公園でのシーンは、まるで演劇的構造で非常に迫力があった
人間、失敗はかならずしもマイナスではないという好例ではないだろうか

さて、皆が同じ材料を与えられたとして、これよりもおもしろい世界を構築できるというひとは、この国にいったいどのくらいいるだろうか?(パラレル・ワールドの管理、運行)
人間としての深さというよりも、複雑さとそれらを表現する(他人に伝える)明快さ
虚構世界を借りた強烈な「告白」とエネルギーのかたまり、魂の放射
_これらを浴する幸福は、なにものにもかえ難い至福である
 
共有幻想の上に成り立つ共感
なんかダラダラと思いつくままに書きなぐったけど、けっきょくオレが言いたいのは・・・
「とにかく読め!」つうことです、はいw

カルチャー76版、『鈴木先生』紹介文
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-05-29 21:35 | オススメなのか?

無神論

信仰を持つ者が、無神論者よりも幸福だという事実は、
酔っぱらいが、しらふの人間よりも幸せなことに似ている _バーナード・ショウ

50のことば
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-03-21 21:22 | オススメなのか?
出てたよ、書店に!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-02-29 18:36 | オススメなのか?

ステキ スル

SKETCH SHOWの『AUDIO SPONGE(2002)』ようやく買いましたよ
坂本も参加しているフルYMOな曲『WONDERFUL TO ME』が聴きたくて
やっぱこのオッサンたちに年齢は言いっこなしだね 完全に別枠だわ
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-11-09 20:05 | オススメなのか?

水野キングダム

水野キングダム_関西圏ではサンテレビで今夜から放送開始! 初回は22:30~どす!
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-10-06 21:11 | オススメなのか?
いよいよ、というか、まさかの『昴』の連載が再開が決まったそうな!(しかも、来週から?)
あのわけのわからん「FBI編」をやらなければ、すんなりと欧州編に突入できたのにねw
なんにせよ、良かった カペタとか書いてやんと、さっさとこっちに集中してくれ^^v

なんと「実写」映画化も決定したとか!
しかも、スタッフは中国人? ということはキャストも?
最近の中国映画にありがちな、バカみたいなCG使わなければいいけど・・・
撮り方でなんとか、がむばってほしいものです
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-08-02 19:51 | オススメなのか?
「なっちゃん 500ml」が300円もした・・・法外ですw
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-07-11 21:11 | オススメなのか?

文學の唄

昨深夜から始まったドラマ『文學の唄』がおもしろい
元々はCSで放映されていたものの流用のようだが、初回では田山花袋の『蒲団』を佐野四郎、黒木メイサを主軸に配して、現代風にアレンジしていた
近ごろでは、めっきり見かけなくなっていた佐野四郎だが、彼はこういった役がほんとうに合っている
真面目な人間の、真面目であるがゆえのおかしみ、狂おしさの表現に長けている
ドラマは30分番組で前・後編形式を採用 これは次週も見ざるを得ないですな

先ほど、ドラマ『花より男子2』の放送が終了した
最近、雑誌などで『花男2』という見出しを幾度か見かけたのだが、ボクはてっきり松本大洋のコミック『花男』のドラマかなんかの2だと思っていた
ドラマ、けっこう毎週見てたのに、まったく気づかなかったや テヘラン
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-03-16 23:32 | オススメなのか?

高田純二の魅力

昨晩、高田純二が出ていたTVを見、あらためて

純Gの魅力は、やはり「正気の暴走」である
彼の持ち味である暴走には、狂気分がまったく含まれていない
どころか、極めて醒めた視点を有していることを印象づける
彼は確信犯であり、挑戦者であり、常識というものへ常にアンチテーゼを提示する
(心理学の用語としての正確さで)正にトリックスターそのものを演じてくれているわけである

そんな純爺も来年の1月には、ついに還暦である
還暦といえば、人間がふたたび赤ちゃんに還る年齢・・・赤ちゃんの純爺?
今までのままやないかぇっ!w

純G発言傑作集
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-12-15 18:46 | オススメなのか?

太田が総理の例のアレ

こどものイジメやら教育の話
なんの解決にもならない討論を眺めていてふと気づいたのは、
時代にこころが追いついていないのは、おとなたちの方なんじゃないか」ということ
すべて「自分たちがこどものころは_」という失われた時代のロジックを引き合いに出す
こどもたちは、彼らの生きた「過去」ではなく、まさに「いま」を生きているというのに
そして「いま」という破滅的状況を作り出したのが、われわれおとなであるということを
ダレひとりとして説明、反省せずに、である
このズレに「おとなたちが」気づかない限り、いまを生きるこどもたちとの距離は
ますます離れていくばかりである

あいかわらず、クソにひとしい「討論」というスタイル
痛い点をつかれるとほぼ「恫喝」と言えるような悲鳴を上げるバカども
あんなおとなたちの姿を見て、おとなに萎縮しないこどもがいるか?(その抑圧がどこに向かうのか?)
理性を持ってのコミュニケーション それが虚像であるかのごとく、ヴォリュームを上げ続ける「討論」
反面教師だとでもいうつもりか? いい加減、「話せる」連中を集めて「議論」を見せていいはずだ
「盛り上がって見える」から「視聴率」も取れると算段するバカなTV局
けっきょくは討論をやっているのではなく、「ごっこ」、「ショー」を見せているだけである

太田がマシなのは、ほかが「現実」を理由としてあきらめる「本質」に近いところに視点を置くからだ
本来なら、こういった視点に加え、当事者ほか複数の視点を持った人間を集めるべきなのに
ほとんどが「狐狸」固まったような虚妄人間ばかりが揃う
たぶん、バカ同士の方が論点を見出せず、結果としてケンカ風味を帯びて「ショー」としてふさわしい様相を呈するからであろう ほんとマスメディアってのはクソだ まさにマスかくマス
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-11-10 21:32 | オススメなのか?