逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2010年 04月 21日 ( 3 )

なにか おぼろげだったものが見えてきた 気がする

本質的 光体

人生は舞台だ だれよりも光る必要がある

ひとつひとつの挙動 すべてが エレガントである必要がある

ことば 声 しぐさ なにもかも
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-21 22:16 | 雑記・雑感
よくよく考えると、やはり人体というものはスゴイ仕組みで成り立っている

鍛えれば筋肉は引き締まり、隆起する

そもそも"筋肉"という概念自体がおそろしい

生命とはそんなものだ、と言ってしまえば、おしまいだが、

運動によって変質だけではなく、増減もする肉

こういった変化が人体に起こりうる以上、精神もなんらかの法則性により、増減すると考えられる

"精神"を可視化することができれば、きっと肉体よりも、マッチョな精神を磨こうとするひとが

続出するだろうが、現在のところ、人間は、そういった能力も装置も手に入れていない

しかし、答えはカンタンだ 動かなければ何も鍛えられず、衰えていくのみ

精神も旺盛な活動を求め、美を手に入れたがっているに違いないのだから
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-21 11:47 | 雑記・雑感

尊重されるには?

自分はもっと尊重されるべきだ

極限すれば、ここ数年、ボクが憑りつかれている感覚はこれだろう

尊重されるには、ある程度、自分の価値を証明する必要があり、少しずつではあるが、ボクも

それらの表現の一端を外部に示し、一定の評価をつけてくるひとも出だした、と感じている

だが、肝心の人間、キミはボクをまだまだ低く見ている

ひょっとすると、キミは空間を知覚する能力が著しく欠けているのではないか、と疑いたくなるほどだ

人間は、自分の分かる範囲までしか、物事を評価できない

なぜ、キミは、そんな浅い部分までしか世界を見ていないのであろうか?

ボクは、キミや、キミのお仲間たちにも理解できるように、現在の狭いコミュニティ、サークルを抜け、

もっと広範で評価を得る必要があるようだ

キミたちは自らの価値基準を持たず、他人の評価にそのまま流されて生きてしまうような漂流民だ

ほのかな光では足りない 太陽までいかなきゃ、見えないんだろ?
[PR]
by AMNESIac7 | 2010-04-21 10:58 | 雑記・雑感