逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2009年 11月 09日 ( 2 )

解けない なぞかけ

☆少年(二次元)のワイセツ画像DLで有罪に☆
虚構の子供達に苦痛を与えることも大きな罪である
「屏風のなかの虎をここに出してみろ!」
そんなセリフが思い浮かんだ
罪が不在のまま、罰が与えられるという珍しいケース
罪に対して、罰が過小であることはままある話だが、これは・・・
つーか、この問題とされているらしい絵の、何が"ショタ(少年性愛)"なのだろうか??
二次元の者に対しての罪として、三次元的DNAサンプルを提出させられ、「性犯罪者」と記録される
日本だったら、エロ漫画好きのただの20歳の男子ではないのか?
とすると秋葉原やでんでん(大阪・日本橋)にいる連中の大半が、しょっぴかれたりもするのだろうか、カナダなら?
エロ漫画はどうこう、みたいなことは言う気もないが、こういう二次元でも三次元でもない、異次元の判決主旨には、さすがに首をかしげたくなったり・・・(斬新すぎる これは革命前夜なのだろうか?)

虚構の世界の住人に対しても、現実世界の住人が罪を有し、罰を受けなければならないというのなら、小説内での殺人、犯罪などを実行させる創作者=小説家自体も、みんな逮捕の対象にできたりするんじゃないのかな?

追記:そういや、欧米の連中って、神を信じてたりもするんだったな、虚構の住人であるはずのアイツらを
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-11-09 22:18 | ゴシップ・世俗系
人間界に人はなく、修羅、畜生に餓鬼があるのみ。
たまに地獄も顔を見せるが、それも心(神)に宿りしもの也。

戦う対象が不在、ないしは自らの手に負えないものだったとき、その修羅は宙空を彷徨う。
修羅とは、人間による闘争をあらわす。
戦わない人間は、天上をのぞむ資格もない。

※最近、"修羅"という単語にハマっているのは、もちろん、ちまちま読み始めた『春と修羅』のせいだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-11-09 20:51 | 雑記・雑感