逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2009年 09月 12日 ( 2 )

友情

「あいつは何に対してでも、いっさい報われてはならないのだ」
一番の友人と言われているはずのこの男から、なぜこのようなセリフが飛び出すのか?
「あいつの詩は、あいつの烈情によってビカビカと光る。烈情は怒り、不満から生まれるのだから、小さなものでも満足は敵なのだ」
どうやら彼は、友人である詩人そのひとよりも、詩人が紡ぎ出す詩そのものを強く愛していて、結果、彼は友人の不幸を歓迎するような下劣な人間であるらしい。
わたしは、このことにたいへん憤りをおぼえ、詩人である男にありのままを告げ口する。
だが、詩人から返ってきたことばも、わたしの予期せぬものであった。
「それほどまでに彼は私の詩才を愛していてくれただなんて、なんと素晴らしい男なのだろうか!」
友情の回路にも、様々な種類があるらしい。わたしには理解できぬことだが、たしかに彼らの友情は本物であり、親友と呼べる間柄といっても差し支えのないようだ。

しばらくして、発表された詩人の新作の評判は、非常に芳しくないものとなった。
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-12 19:14 | 断片小説

組み合わせ

「オマエが買ったら生々しい」
「お前も買うつもりか? 何かのまちがいだろ?」
場外馬券売り場。3人組のひとりの男が、連れらしき女と男2に向かって、何かしらを説いている。
女は三十路も半ばあたりのケバめのミニスカ。男2はメタボリック丸出しの年齢不詳ハゲだ。
「だから、お前らがイケテルメンズの単勝馬券なんて買ったら、勝つ以前に負けだって言ってんだよ!」
イケテルメンズ    次のレースの一番人気馬だ。
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-09-12 19:01 | 断片小説