逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2008年 09月 02日 ( 4 )

・ディミタール・ベルバトフ(トッテナム → マンU)
・リカルド・クアレスマ(ポルト → インテル)
・ディエゴ・ミリート(サラゴサ → ジェノア)
・ロビーニョ(レアル・マドリー → マンC)

ウワサになっていた大物たちが続々移動
しかし、最大のサイプライズは、やはりロビーニョだろう
だれしもが、移籍実現ならチェルシー、と思っていたところを、まさかのマンチェスター・シティが横取り
「タクシン・マネー、すげー!」と思ったら、シティ自体がアブダビの投資会社の傘下になるらしいすね
リバポーなんかも、アラブにラヴコール送ってたみたいだけど、彼らが選んだのは「シティ」のようで
監督はまだエリクソンか? 冬の市場では一気に話題を独占してくれるかもね

ベルバトフのマンU移籍も決まった
これでサアなんかは、完全に居場所なくしたね
ロナウドが腐らなければ、今期もマンUが軸になりそうですね

インテルは、クアレスマの加入で完全にモウリーニョ4-3-3型に移行できそう
きっちりとウインガーをこなせそうなのは、マンシーニとフィーゴだけだったので、クアレスマの加入は非常にデカい バロテッリの育成面を考えても、このくらいの選手層は必要だったから

ところで今夏の移籍確実と言われていたフンテラールの去就はDOなったの?
ウワサきかないんだけど、まさかの残留??
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-02 23:19 | サッカー
今シーズンもぶっちぎり
5月現在で2位に勝ち点22差 相当前に優勝を確定させ、今期もまたFAとCLの三冠リーチ状態
ジョンソンとマルディーニが順調に成長してくれたので、モンソローの放出決定
代わりには、16歳のテュラムが加入することに
18歳のギグスがシュツットガルドでやっているのも発見 C・ロナウド+移籍金でこちらも獲得
C・ロナウドの放出にはサポーターが一時爆発するも、いつもどおり素無視の方向で
あとはキャティエをシーズン終了とともに(断腸の思いで)解雇し、ベンアルファを昇格させれば完了か
あと、ダヴィド・シルヴァが意外に成長中 攻略本による最高能力値よりも成長する予感あり
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-02 22:57 | サカつく欧州版
銭湯にて

4~5さいくらいのおとこの子

3の倍数がなんたるかを知らないので

1からずっとアホになってたw
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-02 22:45 | 日記

卒業シーズン

福田さんが電撃辞任
ボクが知る自民党の歴代首相のなかでは、まだいちばん好感の持てるおっちゃんだったのだが
しかし、中庸型の宰相は、コイズミ以降、極端型が求められるようになった時代のニーズには、そぐわない人選だったか
ツイていない部分も多すぎた 彼の責任ではなく、歴代政権が積み重ねた膿が一気に噴出し、出血死寸前の死に体のなかでの登板(といっても、やはり長年自民に関わってきたわけだから、完全に責任がないというわけでもないのだけどね)
損な役回りであることは、就任前から分かりきったことだったわけだが、はたしてほんとに膿は出し切れたのか? 麻生でV字をはかることは不可能なんじゃないかな

さてさて、これで気になるのは腰ギンチャクの動向だ
マスメディアには絶対的な力を持っている政党なわけだが、どんな上手い具合に按配を謀るのか?
民主自体は過半自民なので、なんのかんの言っても、受け入れの窓口を開かせることも容易だろうが、短命の可能性も高いので、当分は様子見の状態でいくんだろうね

いまの時点でいちばん怖いのは、国家単位の「自暴自棄による極端走り」だ
停滞を停滞として受け入れ、ゆるやかな下り坂を進むか、カミカゼ特攻精神で崖から飛び降りるか?
ほんとうに精神力が必要なのは、もちろん前者なのだが、もう国民の気力の糧も残りカスに近い
希望的観測を打ち出すための材料があまりにも不足しているね、現在は
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-09-02 19:50 | ニュース