逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2008年 08月 10日 ( 2 )

25勝6分5敗すなわち・・・
プレミア昇格2シーズン目にして、いきなり優勝!(ありえねぇw)
開幕からいきなりビッグ4との連戦(たしか全負けw)があり、序盤戦は下位を彷徨う
選手たちのポテンシャルは高いが、いかんせん完全に連携不足
シーズン丸ごと連携トレーニングに費やし、ゆっくりと上昇(常勝)気流に乗せることに・・・
シーズンの山となるビッグ4戦が密集していたおかげで、越えてからが楽なこと、楽なこと!w
終盤は連携もとれてき、ある選手の大爆発もあって、連勝街道まっしぐら!
ぜったいにとどかないと思われた勝ち点差から、最終節を前についに首位に!
最終節(たしか下位のダービーとの試合)もしっかりと勝って、まさかの戴冠となった!!

昨年制したFAカップは、決勝でマンチェに敗れるも、リーグでしっかりと借りを返せたので問題なし!

覚醒したルーカス・ポドルスキ!
プレミアシップ挑戦初年度で、いきなりの大爆発!!
シーズン28ゴール、主要公式戦33ゴール、年間38ゴール(+α)
リーグ得点王とゴールデンブーツのダブル受賞!!
ドイツ代表にも完全に定着し、年間で奪った総ゴール数は、おそらく50にも迫るものだっただろう
小柄で小技の上手い選手というイメージもブンデスリーガでのことで、実のところ、彼は182cmあるれっきとしたセンターでやれるFWだったのです
うちでは1TOP(クラウチは期待はずれだったので)を務め、大車輪の活躍を魅せたのです!!
もちろん新たに契約を結び直し、長期的保有路線を決めました

アシスト・マシーン、その名は・・・
代表にも常に呼ばれるようになったキーラン・リチャードソン
今シーズンは、コンスタントにはたらき、24アシストをマーク(もちろんアシスト王)!
もはや完全に世界レベル ビッグネームの仲間入りを果たしました

代表選手7名も・・・
ポドルスキ、リチャードソン、ペドレッティ、アビダル、ディオゴ、リアム・ミラー、サヒン・・・
ここになぜかジェナス(リーグ戦9ゴール7アシスト)の名前がない
オックスフォードUtdでは、右サイドハーフを務めるも、本職のボランチでないのが祟っているのか?
代表復帰をさせるためにも、新シーズンは本職の右SHの獲得をめざす
とりあえず、C・ロナウド、ジョー・コールへのオファーは断られたので、現在、ミルナー獲得を交渉中

2009-10シーズン展望
スタジアムは4万人収容で施設もフル完備
資金も空前の大好況の煽りを受け、50億円を突破(8月現在)
懸案だったセンターバックの人材獲得もウッドゲイトとモンソローを獲得し、ほぼ及第点
あとは右サイドハーフ できれば、やっぱプレミアのチームなので国内の選手を・・・
(ミルナーがダメなら、ルートリッジを狙うしかないか)
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-08-10 20:57 | サカつく欧州版
日本五輪代表 1-2 ナイジェリア五輪代表
反町を責める気はない
たしかにスタメン、李を豊田に、安田を長友にして臨んでいたら、違った結果もあったかと思うが、
サッカーはゴールしなければ、絶対に勝てない競技
ゴールハントというスキルで、やはりナイジェリア代表たちに、日本選手は完全に劣っていたのだから

可能性を感じさせたのは・・・
まず谷口
ここ数年、フロンターレでコンスタントにゴールしているのがうなずける飛び出しの数々
もし、フィニッシュワークに磨きがかかれば、ほかの日本人選手に少ない個性がフル代表でも生きそう
そして内田
正直、ここまで通用するとは思わなかった(いまでも半分以上、信じられないがw)
やはり、岡田の言うところの「ファーストタッチで自分の前に置くトラップ」技術がモノを言っているようだ
クロスの精度もおどろくほど高く、本当に加地を超えた存在になるのも時間の問題かもしれない
んで最後に香川
劣悪なピッチ、長友の不在でポテンシャルを発揮できず
極めて有望な選手だが、まだまだ磨かなければならない箇所も多く、あと数年は待つ必要ありか

残るオランダ五輪代表との遺恨マッチは・・・
良い意味で吹っ切って、がむしゃらにゴールをめざしてほしい
失点を恐れずに、とにかくゴールをめざせ!
強豪相手に得点したという経験は、2・3点の失点よりも価値のあるものなのだから、攻めあるのみっ!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-08-10 20:37 | サッカー