逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2008年 05月 22日 ( 1 )

チェルシーにとっては、不運としか言いようのない試合

前半26分、クリスティアーノ・ロナウドの完璧なヘッドで先制されるも
前半終了直前、エッシェンのミドルのラッキーな跳ね返りをランパードが決めて同点
前半の内容はマンチェスター有利で後半へ

後半開始直前、ファーガソンが何やら主審に詰め寄って恫喝
一変、後半は完全にマンチェスター寄りの笛となる(特にタッチを割ったボールの処理)
しかし、後半の内容は完全にチェルシー
中盤からの高度な守備でマンチェ自慢のアタッカー陣の連携を完全に寸断
だが、ドログバのミドルがポスト、ランパードの反転シュートはバーという不運もあり、スコアレス

延長、ドログバの退場などもあったが、スコアレスでPK戦へ
(延長の笛は若干修正され、わずかにニュートラルに近づいた)

PK戦、チェルシーは勝利をほぼ9割まで手にしていた
マンチェ2人目のロナウドのキックをチェフが完全に読み切り、セーヴ
5人目までそのまま推移し、最後は主将のテリー
ビッグイヤーを片耳まで掴んでいたが、雨で足を滑らせて、放ったキックは無情にも枠外
この落胆はあまりにも大きく、7人目キッカーのアネルカが止められ、ジ・エンド


どちらのファンというわけではないのだが、主審のおかげで後半からは完全にチェルシーを応援
前半はマンチェ前線の美しい連動に酔ったんだけどね
PK戦、テリーの番が来たとき、降り出した雨はどしゃぶりに変貌していた
冷静に足元を確認するのが基本なのだろうが、極限のプレッシャーから「早く蹴って終わらせたい」という心理が透けて見えるかのように急いで外した
7人目となったアネルカは、こういうシーンで決めれるなら、とっくの昔に大成していただろうから、止められたことを責めること自体が酷=「おそらく外すな」とみんなも思ったことだろう

やはり決勝にはドラマが待っていた
けど、あまり後味の良いドラマでは、今回はなかった
ファーガソンの恫喝、黒人嫌いと言われるファン・デルサール(オランダ代表の黒人選手が抱きつきに行って、払いのけられて泣いていたシーンの写真を見たことがある)が最期にアネルカを止めたのも、気分的にはあまりよろしくなかった
ただ、マンチェの前線はたしかに魅力的だから(特にじゃがいも=ルーニー)、クラブW杯で来日するのは期待している
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-05-22 09:27 | サッカー