逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年 10月 17日 ( 1 )

大久保、ついに爆発!!
大久保嘉人がついに代表初ゴール!しかも続けざまの2得点!!
たしかにきょうの大久保はキレていた
オシムが考えずに動く選手を嫌うのを知っており、必死に走っていた
もちろん、オシムの求めるサッカーは「ただ走る」だけでは落第で、当然のように質も求められる
大久保は今期、ヴィッセルで多くの時間を本職のFWではなく、MFで出場している
これが期せずして「新庄をピッチャーに」で成長を狙った野村采配のような効果をもたらしたようだ
(新庄は勘に任せすぎていたため、ピッチャー側からの「配球」を考えさせるための育成だった)
大久保はただ漫然と要求するだけの選手から、引き出す動きもプラスされた高品質のアタッカーに生まれかわりつつあるようだ ムラが減れば、大きな戦力になることにまちがいはないだろう

きょうの試合を見ていて思ったのは、やはりオリンピック代表組は早く敗れるべきだ、ということ
なぜ、こんな暴言を吐くのかというと、この国はオリンピックに価値を置きすぎていて、A代表という本質を忘れすぎているからだ
素質の高い選手は早くからAに召集され続けるべきだし、素質の限界値が低い選手や、もっと若い年代にこそ、オリンピックを戦わすべきだということ
水野、家長などはさっさとAに固定すべきである 伸びる時期 そして「オシム」がいるこの貴重な時間は永遠にかえってはこないのだから
アグエロやメッシ、セスクなどがいまさら予選からフルで戦うか?(しかもアイツらは未だに柏木世代w)
日本も世界基準で育成すべきだ! そう、オシムという稀代の監督がいるあいだに!!


「~やった」「~だった」・・・違和感
ひさしぶりに先頭のサウナでニュース番組を見た
NHK以外の報道をじっくりと見るはほんとうにひさしぶりだったが、なぜボクがニュース番組を見なくなったのか、まざまざと思い出さされる、そんな内容だった

兵庫で7歳の女の子が刺殺された
もちろんボクがニュースを見なくなったのは、こういった痛ましい事件が多いからではない
不快なのは、それらに対する周辺の住人たちの反応である
事件が起こってわずか1日足らずで、女の子について語るとき、すでに冷静に「過去形」で話している様子に脅威を感じてしまうからだ
近所のばあさん、おばはん、そして離れて住んでいる父親まで(!)もが、なんの感情の高ぶりもよどみなく、女の子を即行で「過去の存在」に追いやる
そう、まるでスイッチ、チャンネルを回すように、あっというまに感情を切り替えるのだ
こういった反応は近年に入って、ごくごく当たり前のように見かけることが多くなっている
そのたびにボクの胸にはなんともいえない違和感がつかえるのである
じいさん、ばあさんが大往生したのではない 前途あるこどもが死んで、この反応は何なんだ?
これからも地域社会の分断化はさらに進んでいくわけだが、そういった感情の死者たちは、これからどんな社会との関わり方を形成してつもりなのだろうか?
こどもたちや社会だけがおかしくなっていってるのではなく、第三者(傍観者である自分たち)が狂ってきていることをこそ、もっと自覚するべきだろう(鏡の関係)
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-10-17 23:40 | サッカー