逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2007年 06月 29日 ( 1 )

「アベ死」

短期保険証_13カ月以上の年金未納者対象に 社保庁

年金保険料を払えないような連中から、さらに健康保険まで(いちおう)段階踏んで盗り上げる
どれだけ言い訳しても「国家財政に寄与できないような貧乏人は死ね!」と言っているのと同じだよね
アベ・シンゾウ人殺し内閣 あと数年もしないうちに「アベ死」者続出じゃね?

追記:
民主主義国家における政治家とは、国民の信託を得た「代理人」として、「国民から集めたお金を、また公正にバランスよく再分配する」
本来は、ただこれだけの仕事だったはずなのに、父、祖父の代から不潔な甘い汁を吸ってきた連中は、国民が何も考えずに「勝手に」納める税金だから、こちらも「好き勝手に」使い、足らないなと思う分は、新法を設立して自由に「徴発」する権利が自分たちにはある 我々は光り輝く選民であり、国民と呼ばれている連中は、度マゾの奴隷だ、くらいに錯誤しているんだろうな、きっと
もし、国民にまとまな政治家を作る気があるのなら、「政治家は死後、いっさいの財産を国家に返す」くらいの法律を「国民の手」で作る必要があるだろうね
政治家は、あくまでも「代理人」であり、「支配者」ではないのだから、やろうと思えば可能な話だし、そこから初めてホンモノの「滅私奉公の精神」とやらを持った「国士」ってのが生まれてくるはず
しかし、ざんねんながら現状は、本当はけっこう存在するはずの「国士」たちは、薄汚い手口で稼いだ人間、その子孫たちの「資金力」によって、選挙で負けているだけのこと
ホンモノの国士は、そろいも揃って「度マゾ」てのが基本なんだから、以外とこの方法イケるんじゃないかな?

ほんとのこといえば、もうこの国は「革命」でも起こさない限り、ほぼ完全に終わっている
けど、革命には強力な「資金・背景」が必要で、みんなにやさしい国づくりってのは、そういったモノとは無縁に近いのが、世の常
腹が立つのは、いちばん汚い連中が「理想」を騙(かた)ること
しかも、ほとんどの国民がその嘘を見抜きながら、わざと騙され、そして自分を騙し、自分を騙すというギャップから来るストレスを自分よりもさらに弱い「弱者」になすりつける
ほんとうはみんな、全員の幸福なんて望んではいない?_「自分はアイツよりもまだマシ」、他人の不幸でしか、もう精神の安定を望めないのか?
勝ち組、負け組_負け組の浮上の扉はさらに狭くなり、やがて完全に閉じられる
勝ち組も勝ち組で、最後のひとりになるまで油断できず、ギリギリとこれからも細い道を歩く
でも、最後のひとりになれたとしても、「天国に独り」てのは、はたしてほんとうに天国と言えるのですかね?
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-06-29 21:19 | ケイオス-フィリア