逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2006年 06月 23日 ( 4 )

想定ない(の)?
初戦の豪州代表戦、そして第3戦のセレソンとの試合を見ていていちばん不可解に感じたのは、
やはりジーコのあらゆる場面での「想定のなさ」である
リードしたケース、ビハインドになったケース、時間帯などを考慮したときの共通認識の植え付けが
見事に欠落していたとボクは見ている

初戦の豪州戦、中村のラッキーゴールで先制し、後半に入るとヒディンクは案の定、超攻撃にシフトしてきた
これに対する「対応策」 それはいったいなんだったのだろうか?
試合後にも書いたことだが、ボクはこの場合での上策は「攻撃の枚数を増やす」だったと思っている
相手が攻撃の枚数を増やしてきた、と捉えるのではなく、守備を減らしてきた、ほころびを見せた、と見るのがリードしている側からの妥当な判断であり、この場合、相手が省略してくるであろう中盤を一枚減らし、前線から圧力をかければ、リード側の優位を保ち得たはずだと思われる
下策としては、やはり守備の強化 相手の攻撃に耐え切るだけの枚数を増やす、いわゆる「受けに回る」という作戦で、これはいまの日本代表の守備陣に課すにはむずかしい仕事である
たとえ5バックにしても1失点は免れなかっただろう
だがしかし、ジーコは上策でも下策でもない第3の策を投じた そう、相手が省略したポジション、中盤の枚数を増やすという論外の策である
この選手交代は、もちろん選手たちのパニックを呼んだ
攻めるのか、守るのか、判然としない、いわば味方をも混乱させる策であったというわけだ
そもそも、試合前からある程度の話し合いはなされているものだと思っていたが、試合を見たかぎりでは、そういったことはいっさいなく、ただただ行きあたりばったりに初戦に挑んだ、としか評価のしようのない、そんな采配だった

そしてきょう未明のセレソン戦
序盤から押され気味の展開だったが、アレックスからのスルーパスにすばやく反応した玉田が奇跡の先制ゴールを決める
しかし、日本代表が決勝トーナメントへ進出するには、最低でも2点以上とる必要があった
そう「2点とる必要があった」という以上、「1点とったあと」という場面は、かならず想定しておかなければならない状況で、それこそ時間帯なども含め、万策を講じておく必要があった
あの場面、よもやの前半でのリード 相手は誇り高きブラジル代表 いくらすでに決勝トーナメント進出を確定させているとはいえ、日本代表「ごとき」に敗戦は許されない 死ぬ気で攻撃してくるのは明白だった
相手が、ものすごい勢いで圧力をかけてくる ぜったいにもう1点とらなければならない日本代表としては、おあつらえ向きの状況で、カウンターという受動的な戦術がいちばんハマるように思われた
だがやはり、ここでも戦術の徹底はなされず、守ってカウンターを仕掛けるのか、ただただ2点目を狙いにいくのか、チームとしての意思統一がなされていたとは、とてもじゃないが見ていて感じられなかった

ジーコは常々、「選手個々の自主性を重んじる」といってきたが、チームが共通の意識を持ってこそ、はじめて個の力を十全と発揮できるわけで、ただただ「選手任せ」では、監督としての職責も仕事もすべて放棄しているのと同じだ チームを機能的な「集合体」にするという監督の仕事をちゃんと自覚してほしかったものである
今後、日本で采配を振るうことはもうないと思うが、どこの国いっても同じこと たとえブラジル代表を率いても、いまの彼の力量では優勝させることはできないだろう
(単なる放任主義では、ブラジル選手の持つ個の絶大な能力をもスポイルしてしまうだろう)

ひょっとしたら、ジーコは「リードした場面」というのも、一度も想定しなかったのではないだろうか?
すくなくとも、ダレかチームの選手・スタッフと話し合った形跡はどこにもうかがえなかった
単に監督としての経験が不足していただけ? トゥルシェを「大舞台での経験が少ない」と4年前に批判していたのは、どこのダレだったのだろうか?(そのジーコ風味に川渕および協会もだまされたのだろうが)
ボクは今回の結果だけでジーコを批判したいわけではないのだが、現段階で日本代表が持ちうる力をはたして90%でも引き出すことができたのか? そこが疑問なのである
もちろんボクらがのぞむのは100%を引き出してくれる監督であり、120%のマジックを魅せてくれる監督である なので最低限90%はなければ及第点とはなかなかに評価しがたく、今回のそれは80%の満足も得れていないというのが、率直な感想である
諸外国のサポーターから見れば、「日本代表はこんなもん」となるのかもしれないが、常日ごろから追いかけてきたファンとしては、どうしても最高に輝いた瞬間の連鎖をトップに置いてしまうわけで・・・
なんにしても、いままででいちばん悔いの残るワールドカップになったことはいうまでもあるまい
もちろんそれは選手たちにとってもいちばんの感想だと思うぞ
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-23 21:47 | 06ワールドカップ
< 次期代表監督 オシム氏に打診 >
どうにも飛ばし・妄想記事としか思えないのだが、ほんとうに実現したら、とてもアメージングなことだ
だがしかし、イヴィツァ・オシムの65歳(次回大会時には69歳!)という年齢を考えると、単純によろこぶことはむずかしく、越えなければならない障害がいくつもあるだろう
とくに選手のスカウティング能力は、オシムの特筆すべき長所のひとつなわけだが、実際に「代表監督」として各地を飛び回るのは体力的に限界があり、いちばんネックとなるポイントだろう (オシムはジーコとちがい、おそらく視察で「抜く」ということができないはず 彼の情熱が彼自身の肉体に多大な負荷をかけることになってしまうだろう だからオシム自身、たびたび上がる代表監督就任の話に否定的だったのだろう)

もし、オシムを代表監督とする場合は、ジェフの監督を兼任のままという手もあるのではないか?
これなら最低限、対戦相手のスカウティングはできるわけだし、肉体にかける負担もいままで・・・
いやムリか・・・やはりもっとも重要なのは、オシムの代わりを果たしてくれる信用しうる「眼」の確保だ
「見抜く眼」でオシムに比肩できるような人材は、なかなかに存在しないだろうが、オシム代表監督就任の条件としては、これが絶対になってくるだろう
なんせ彼の年齢と情熱をかんがみれば、できうる限りの負担をみんなでサポートするしかあるまい
決まれば理想的だが、これにはみんなの献身的サポートも絶対条件なのである
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-23 08:41 | 06ワールドカップ

試合後のテレビ・・・

試合後、ボクはあまりインタヴューなどは見ないタイプで、すぐに1階に降りてきて、
試合感想をブログったわけだけど、投稿後、もういちど上にもどって、きょうはしばらくテレビを見てみた

いきなりみの虫の不愉快なツラ
もちろんサッカーファンとしての悲痛な面持ちではなく、愛国者としてのソレ
選手たちの無念への同調ではなく、チームよりも「日の丸という象徴」をのみ応援している
オリンピックのときによく現れる例のアレなヤツらのソレだった
こんなツラ、朝から拝まされてはかなわんと、選手インタヴュのダイジェストまでガマンして、チャンネルチェンジ

日テレ系では、TBSとテレ朝でおなじみの中西とセルジオが
今大会、民放各局は共同戦線をはっているらしく、コメンテーターをフリーに出演させているようだ
こちらはなかなか見ていて、ウンウン
とくにセルジオの提言する「Jリーグの改革」案は、一考の価値があるのではないか?
外国人枠を拡大させ、日本人選手たちをより厳しい環境下で鍛えなおす
これは弊害を招くともいわれる案だが、実際に自国選手のリーグ出場の門が狭くなった国の代表は、
かわりにその揉まれた環境下から出てきた選手たちの成長によって、飛躍的に強くなっているように思われる
とくにスペイン代表などは、近年稀に見るバランスの摂れた選手層に仕上がった
過酷な環境下から出てくる「ホンモノ」の育成 
これに乗り出さなければ、たしかに今後の国際舞台での活躍はもっときびしくなっていくだろう

ちょっとウイイレ10やった
いつもなら楽に勝てる相手にも、完全に冷静さを欠いている泥試合を3度 ぐったりしてテレビから離れた
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-23 08:23 | 06ワールドカップ
無念じゃ・・・

グループリーグ最終戦は、今大会最強との呼び声も高いセレソン
序盤から、強烈なプレッシャーをかけてくるも、川口が神セーヴを連発
34分、玉田の奇跡的ゴールで先制するも、これでセレソンはギアを一段階上げ・・・
結果は、戦前予想の範疇を超えた1-4というスコアに・・・
(きょうの2ゴールでロナウドはゲルト村のW杯記録に並ぶ)

前半ロスタイムの失点で同点となってのハーフタイム
怒るヒデに対して、まるですでに敗戦したかのような顔を浮かべるサポーターたち
試合はまだ半分まできたばかり、最後まで気合を・・・

巻と玉田の2TOP
「サイドに流れるのは自分の持ち味を消す」といって、ヒデにも意見を曲げなかった巻が、
何度もサイドに流れ、前線から強烈なプレスを繰り返す
玉田もいつものヘラヘラぶりが影をひそめ、グッドなはたらき
チュンスケは体調不良&利き足ツメの影響で本来のパフォーマンスを最後まで魅せれず、
ガッサは消えている場面が多かった
イナモトとヒデは、やはり大舞台では頼りになり、カジくん、アレックスもがんばっていた
坪井と中澤のバックは、すこし評価に困る 素材としては良いものがあるのだが、中澤は宮本がいないとダメなのか? 「宮本抜きで完封」これで今後の2CB固定を期待していたのに・・・
川口はいうまでもなくグッド ペルナンブカーノのロングは、彼が触れないくらいなのだから、奇妙な変化をしていたのだろう 川口じゃなかったら、もっと失点してただろうな・・・
サブ組では、土肥・茂庭のFC東京勢がムードメイクに一役買ってた ああいうサブはチームとしても貴重
出てきてすぐに接触で痛めた高原 どうやらヒザをひねったぽいけど、だいじょうぶかなぁ・・・

ロナウジーニョのジウベルトへのラストパス、タイミング・精度ともに異常w

さてこれでわれらが日本代表のワールドカップはひとまず終了
ここからは、シンプルにサッカーをたのしむ者としての観戦を満喫するとしますか
とりあえず、われらのグループを抜けたセレソンとヒディンク豪州代表には、がんばってもらいたい
あといきなりトップギアに映ったアルヘンとエスパーニャ、オレンヂに青いのにも期待してるぞ!
さぁ~てと、きょうは早起きしたけど、このままウイイレでもやって気晴らしして仕事とするかね?w
とにかくねぶいっ!!!w
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-23 06:27 | 06ワールドカップ