逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2005年 08月 12日 ( 2 )

ピアノの森 ⑥~⑩

b0006096_20271772.jpgぼくがこういうマンガを好きなのは仕方のないことなのです
「それしかない」という切実な人間を見る行為って、ある種のカタルシスが生じるものだからね
過去に推した『昴』だったり、『シャカリキ』だったり、『ライジング!』なんてマンガも、ある種、主人公が「マゾ?」と思うほど自分を追い詰めていき、最後には目標をしっかりとものにしていく
このマンガは、その「マゾ?」の部分が削ぎ落とされているので、すこしサッパリ系ですが、やっぱこういうのって好きです
切実なものが、アートへと向かうとき、そこにはすでに昇華の作用がはじまっている (一瞬の小旅行にどうぞ)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-12 20:37 | まんが王

表現に限界はない

突きつめていえば、人間の創造しうる表現に限界などありはしない
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-12 20:19 | 雑記・雑感