逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

相手にミスを起こさせるようなプレーをするために

ある一定のレヴェルで共通のルール性、見解を持つ2者が戦う場合、そこに勝ち負けをもたらすものは、すなわち"ミス"なのだろう

今号のナンバーで、またまたオシムの独占インタビュー
彼の思考力が本来の切れ味に戻りつつあることは、ほんとうに喜ばしいが、さらりと触れられたリハビリの内容には、いまさらながらドキリとさせられるものがあり、やはり監督復帰は相当に困難なのだなぁ、と実感・・・
だけど、このGさんのサッカー(=人生)哲学は、読む者のなにかをかならず触発する
頑固と柔軟性が高い次元でも共存しうるという稀有な例を示してくれ、とにかく敬愛してしまうわけだ
_それは彼が気高き"実践者"であるからにも、ほかならない

言われれば、「わかりきったこと」というひともいるかもしれないが、明確な"ことばにする"という
作業は、想像するほどカンタンなことではない
きょう思わず唸った(そしてメモった)ことばはこれ_
「サッカーはディテールの総体だ」
「サッカー」の部分はなんにでも置き換えられるし、言われればそうなんだけど、驚くほどの含蓄を感じる(含蓄のすべて説明しうるほど、まだサッカーを知りえていないので"感じる"とまでしかいえないがw)

もうあれだ、Gさんにはこれからたっぷりとサッカー(=人生)の啓発書籍の類いをわんさか出してもらうとしようかw 対談形式のモノでもぜんぜんOK! どんどん読むよ!
(と、その前にオーストリア時代をまとめた例のやつ、まだ読んでなかったな・・・^^;)
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-11-28 23:11 | サッカー