逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テレビはなぜ終わったのか?

最近、ゴールデンタイムと呼ばれる時間帯にTVをつけているのが苦痛で仕方ない
流し見するのすら、乳酸をためてしまうだけのような徒労感がある
いつからだろうか、TVがまったくおもしろくなくなったのは?

そもそもTVというのは、なんのために視るものだったか?
「娯楽」はもちろんのことだが、「知的好奇心」を刺激するなにか、をボクたちはTVに求めていた
刺激するなにか、ボクたちの知らないものごと

作り込みが足りない、いや、まるでない
なぜ作り込めないのか?
なにも考えていない 魂が込められていないからだろう
ドキュメンタリ番組ひとつをとっても、むかし漠然と感じたような「情熱」がどこにも見当たらない
(「情熱」というのは、もちろん「葛藤」「ジレンマ」などからくる「告発」「表現」をここではさす)
すでに構築されたメソッドを形だけ踏襲し、中身は骨抜き、ガラン堂
TVマンたちは、なぜここまで腐りきってしまったのだろうか?

バラエティ番組を見る
どいつもこいつも、わずかにでも気の効いたことを言えないのに、いつも同じ顔ぶれ
調べれば、特定の団体・組織に所属している連中だけで構成されている番組も非常に多い
商業主義、資本主義 コネクション、マスターベーション
歪み続けるマスメディアに世相(世人の感覚)

むずがゆいところを打破するような気概よりも、すぐそばにある安易な、休息にもならない箸休め
墓場のオリンピックが飽くことなく、一年中、たれ流されつづけている

知的で緻密な番組、告発性の高い刺激的番組は、ほんとうにダレからも求められていないのか?
「体力をつかう」「しんどい」モノは、ダレにも求められていない?
低次な着想と低次な結末 低空飛行が地中をも泳ぐ

PCなどの普及により、若者のTV離れが・・・云々
滅亡しゆく国家の官僚たちが、自分たちの責任を他者に転嫁するのとほとんど同じだ
ほんとうにおもしろい、興味深いものなら、黙っていても民衆を釘付けすることは可能なのに
どこかで視たような、誰かが言っていたような、どうでもいいような

現在、この国が抱えている問題でいちばん深刻な部分は「人材(知)の枯渇」、これなのだろうな
美は馴れ合いからは生まれてこない
コネに縛られない、孤高の者たちのぶつかり合いからこそ、発散されるエネルギーだ
がんじがらめ国家から美が衰亡していくのは、自然の摂理ともいえるのかもしれない
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-05-28 21:16 | 雑記・雑感