逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

レディオヘッドのNEWアルバム_『IN RAINBOWS』レビュー

10月10日にダンロード販売が開始されたRADIOHEADのNEWアルバム『IN RAINBOWS』
CDのようにWAVE音源ではなく、MP3(※)での配信となったので正直、音の広がりに関してはマイナス点をつけざるをえないが、楽曲に関しては・・・!!

15 STEP
幕開けは、トムの例のバタバタダンスを連想させてノリノリ!
BODYSNATCHERS
「ヌォォォォォ!」
NUDE
そして、いきなりファン待望の(実に10年待たされた)名曲『NUDE』_まさかのアレンジ!出だしの(精神的にあかんときの例の)ショボ声がなければ最高だったでしょっ!(脳内補正するからいいけどw)
WEIRD FISHES/ARPEGGI
ドラムなしの初期のアレンジの方が・・・けどこれはこれでナイス!
ALL I NEED
終盤、MP3なのが惜しまれる CD版出たら、ぜひ聴きまくりたい1曲
FAUST ARP
気持ちいい けど、やっぱレディオヘッド色の重さあり
RECKONER
むかし、このタイトルがつけられていた未発曲とは別のモノ 想定外だ
HOUSE OF CARDS
この曲に馴染めるほど、オレはまだ年をとっていないようだ・・・のんびり
JIGSAW FALLING INTO PLACE
別名『OPEN PICK』 今作でいちばんキャッチーなロックナンバー ヴォーカルが低めから入るため、出だしの(いきなり沸点)横切るギターはなし けど、やっぱナイス!てか最高!!ファルセットに入ったときのテンション上がりっぷりったら、もう!!!
VIDEOTAPE
DISC 2に繋がるDISC 1の最終曲 名曲といって差し支えなし!

『MK 1』 『MK 2』に関しては詳細不明だが、(ネットで拾った)持っているライヴ音源で仮想DISC 2も制作して1枚のアルバムにしてみた
(『MK 2』にはいちおう『SPOOK』を持ってきたが、たぶんちがう^^;)
で、感じたのはやはりこれは「1枚」のアルバムであるということ
映画で便宜上、前後編に分けられてはいるが、同一の作品であり、後半の方がさらにシリアスだ
(2枚目は序盤に重く、終盤に戦うぞ!怒りのロックだ!)
そして美しいラストナンバー『4 MINUTE WARNING』となるわけか
(『I Want None Of This』は漏れちゃったんだね 『HOUSE OF CARDS』よりこっちを・・・)

『GO SLOWLY』のライヴでのアレンジは、CAN(ドイツのバンド)のカヴァー曲『Thief』とソックリの出だし・・・録音ではどうイジってくるのか 興味がつきないね
なんにしても今回のアルバム、かなりスゴイね!初聴でいきなり掴まれる曲が増えてます!
CD版、ぜひ欲しいですねっ!!


(※)MP3は原音ではく、人間の可聴域のみに音域をカットした圧縮音源をいう
そのため、聴きとれなくても「感じる」ことができた「振動」が大幅にスポイルされてしまう
まるで低い天井、すべての壁をゴム貼りにした部屋のなかで録った演奏のように聴こえてしまう
ぁぃわや、ぱにゃそにっくなどのプレイヤーで聴くならまだしも、音にこだわる人間には・・・^^;
(・・・ヘッドフォンで聴くには物足りなすぎです)
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-10-11 19:05 | Radiohead