逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ!

< 「オカラ」票、むしろ私だ >

6月に鳥取のさる町であった町長選。
岸本某(55)が、岡田某(71)にたった1票差で勝利したものの、
岡田某側から、「オカラ」と書かれて無効票となっている票は自分へのものだ、と異議申し立てがあり、この度、それが通った。

_よって得票が同数となり、岸本は当選を無効とされて、激怒。
岸本は「16年間、飼っている牛におからを与えており、『オカラ』といえばむしろ私だ!」
     「私が和牛をおからで育てていることは、地域で広く知られている!」
と迷言を連発した!ww

ホンキですか?このおっさん?ww
もちろんホンキではないはず。狙いはひとつ。この「オカラ」票の再度、無効票化でしょう。

あまりにも馬鹿げた抗議だけど、
日本てこの国は、疑わしきは罰せず、喧嘩両成敗とかいう曖昧な結末を生みやすい体質じゃき、十二分にこんなバカげた抗議もまかり通りそうで怖い・・・^^;
でもやっぱ苦しすぎww 言ってて、自分で笑わなかっただろうか?w
(ソース元:本日の朝日新聞朝刊)


※この地方の小さな町の選挙の話を読んでいて思い出したのは、氷室冴子さんの「蕨ヶ丘物語」の第2章・ライトミステリー編である。
ぜんぜん話の内容はちがうけど、小さな村の選挙に渦巻く陰謀が、おもしろおかしく書かれていて、読んでて爆笑の連続でした。
ヒマがあれば、ぜひ古本屋さんなんかでお買い求めを(注・少女小説ですがw)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-12 20:05 | ゴシップ・世俗系