逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

新常識の乱立とそれに伴う帰属願望の増殖

常識_自らが住む世界において、反復的に通用されつづける規則性、およびそれに伴う反射的反応

インターネット・メディアの登場などで、さまざまな情報を個々人が手に入れられるようになった現在
個別化は必然、常識から統合性、相似性を奪い去る
無限数の世界が提示され、個々人が細分化されてしまったため、通念的常識の範疇もまた野放図化され、かつ点在化されてしまった
この「劇的無制限化」からくる恐怖、ゆりもどし反応によって、自分で物事を判断する自信のないものによる、よりどころとしての「集団帰属の願望」が顕在化する

集団化は、自己の責任を放棄するかわりに、自己の判断をも停止させる
みんな(帰属集団)といっしょであるために、「おかしい」と思うことにも目をつぶり、思考を麻痺・停止
細分化の恐怖から集団に紛れ込もうとする者たちほど、都合のよい存在はいない

最近、異常に偽ブランドに執着するひとびとも、ひょっとするとこの手の心理が少なからずはたらいているのかもしれない、とふと思った
以前まで、猛スピードで流れる世界から、ふりおとされる前に自暴自棄になり、自分から落伍していくような連中の結果としての偽ブランド、だと思っていた(ムチャだなw)のだが、ひょっとするとこれは一種、迷彩的「よるべ」求めの結果としての偽ブランド所持、ではあるまいか、とも
どっちにしてもなさけなく、かつ危険な現象である

思想、信仰、物質、気運、「よるべ」はいろいろあるけれど、よるべを頼りに生きるということは、
みずからの思考を硬直・停止させる行為にひとしい
そして、思考停止してしまった者たちは、思考の代わりに感情のみを用い、「ひとでなし」になる
人間と動物を分け隔つ、唯一のカギをみずから捨てたにひとしいということ
家畜的安住と人間的孤独、どちらがしあわせかもやはり個々人次第だが、おれはまだ孤独の方がマシだと思っている(というか、「集団」というものに生理的嫌悪がある・・・て、けっきょく生理かよ!w)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-11 22:05 | 雑記・雑感