逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

乙武ブログ炎上と、その現象についての諸説

きのうにも書いたことだが、秋篠宮妃の男児出産にからんで、乙武くんが書いた記事の炎上
および、その参列者などの検証をば

・吹き溜まりである2ちゃんね○の住人による暴走&お祭り(火事場の野次馬)
・ネット右翼・工作員による策動(言論統制もどき、世情コントロール)
・話題の記事だからと集まって、風見鶏的に戯れているひとたち
・単純に男でよかったじゃん、と既成概念にいっさいの懐疑を持たないひとたち
・それらに不快感をあらわし、乙武に同情するひとたち
・お祭りに参加しているのは、ネットでもごく一部の人間であり、日本人の反応が全般的にコレというわけではあるまい、と言うひとたち

さまざまな諸説が飛びかっているが、実際のところは「全部が正解」なのではあるまいか
数的バランスがともかくとして、すべて一定数存在するように思われる
だが、やはり特に目をひくのは、とても文章の内容を読解、吟味したとは思えない、感情にまかせたような「暴言」を吐いた者たちの存在だ
だいたいこのへんがネット右翼、あるいは世相をある一定のベクトルのみに加工しようと策動している工作員だと疑われているようだ
特に後者にあたる「工作員」の存在は、年々、注目を集めている(亀田に関する例のアレなんかも世間の関心をひいた)わけだが、実際のところ、いったいどのくらいの割合で「お祭り事態」に関わってくるのか、個人的には気になっている

以前、自民党などから「ネットを実名で」などという、ぶっ飛んだ案が観測気球的に打ち上げられたことがあるが、実名はともかく、都道府県くらいならわかるようにしてもおもしいかもしれん、と今回の炎上事件で思った というのも、工作行為なり、集団的誹謗が行なわれている場合、それらが「一部の存在」であると推定するにも、投稿者の地域がわかると想像しやすいからである
掲示板によっては、IPアドレスなどを公表している板もあるわけだが、IPなんて素人は見てもあまり意味がわからないので、「都道府県掲載機能」というわけである
(もちろんIPなんかもイジりようで、いくらでも変えれるらしいけどね^^;)
「都道府県掲載機能」なら技術的にも問題はないはず かの2ちゃ○ねるでも板の管理人は、書き込みPCがどのプロバイダーを使い、とのターミナル(地元地域)を利用してアクセスしているか自動で表示されている管理画面を使って管理しているんだから、それにほんのすこしプログラムを加えれば、なんてことないんでしょ、たぶん?
で、あまりにも一部の地域から過剰にアクセスしてきている場合は、その地域も公表してしまえば、工作会社の住所もなんとなく見えてくるはず(といっても串とかいわれてるの刺したりすれば、偽装は可能なんだろうけど、ここまでくれば、技術のイタチごっこをやるしかない)

とにかく、乙武のブログに誹謗のコメントを書き込んだ連中は、そうでないひとたちと比べ、自分HPのURLを貼らない者が多すぎた、この点が「工作員」なんかの疑念を招くいちばんの理由か
それとも誹謗という行為自体がはずかしいものであると自覚しているから、貼れなかったと考える方が理屈としては合うのだろうか?(いや、これもまたたぶんどっちも正解だろうね)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-09 21:30 | 雑記・雑感