逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「メール」から、あれこれ

たまにはメシのあとに、まったりとテレビでも見るか、と爆笑問題の太田の例のアレを見た
ラサールの私大廃止案はともかくとして、太田のメール禁止案にはそれなりに思考する部分があった
実際、「メールを禁止しよう」うんぬんは、どうでもよい話だが、やはり注目すべき点は、
なぜにここまで普及してしまったのか」ではないだろうか

メールへのコミュニケーション依存の原因は、やはり孤独ないしは、対人能力の未成熟にあるはず
ひとと面とむかって対話する 相手の表情を読みとって、ある程度は相手の希望に沿ったことばをえらび、コミュニケーションを成立させる
もちろん、電子メールのやりとりでもこの部分は重要なわけだが、直に対面して「読み取らなければならない情報量」に比べ、メールならばすっきりと簡略化された交感が可能となる
「あのひとは、微妙な表情を浮かべているが、あれは怒っているのか、それとも・・・」というむずかしい判断も、「絵文字」の一般化によって、メールならば、まずまちがいが少なくすむ_「自己表現」および「読み取りミスによる責任の回避」心理もまたメールへの依存を高めている

メールにコミュニケーションを依存してしまう大まかな理由、数点
・対人における会話能力の未熟な人間も、文章でなら、じっくりと吟味・推敲して、対応できる
・表情あるいは語調、声色による感情表現のヘタな人間も、文章化、絵文字使用によって饒舌に
・相手の感情を読み取る能力に欠けるひとも、文章でなら、ポイントを見つけだしさえすれば、
 「引用」+「同意」の作業により、それなりにコミュニケーションを成立させることができる
・会話の打ち切りが苦手な人間も、メールでなら要件のみを伝えることができる
・「面従腹背」の精神を読みとられるリスクもすくなくすむ などなど

これらはすべて「合わせ鏡」の話で、これにさらに自己承認願望_鏡としては、追従(ついしょう)の容易さ_などが加わり、「依存症」ができあがるというわけではないだろうか
孤独と対人能力の低下、先行きの暗い未来と責任回避の心理 
これらは現代が抱える病の最たるポイントであり、それらの一種の擬似逃亡先、セーフティ・ハウスとしてのメール世界なのではないだろうか

「対人能力」というものは、もちろん「経験」を積み上げない限り、飛躍的に向上することはまずない
もちろん電子メール世界でも「対人」であることにはかわりないが、しかし、それはやはり実際にその人間と会って対話するのとでは、「交感量」がまるでちがう
どちらが高級なものであるか、と訊かれれば、やはり前者となるわけである
となると、人間の本分としては、より高級な方へ、というのが健全なのだが、「常に健全」という状態もこれまた異常であるので、なにごともほどほどに、という気になってくる

実際問題、個々人、他人に迷惑をかけないのなら、好き勝手に生きていけばよい
「アイツらの会話、バカっぽいなぁ」くらいの不愉快なら目をつぶればそれでよい
不愉快、面倒くらいなら見逃してやればいいのだ 
で「迷惑」までくるようなら、そこで初めて注意してやればいい

頻繁にメールをやっていて、バカに見えるような人間がいたら、わざわざ注意などせずに、
「いかに利用してやろうか」くらいの心構えでいればよい
アイツはバカだから操れると思った相手でも、実際に仕向けてみたら、なかなか上手くいくものでもないのだから もし、上手くいくようなら、それこそ万々歳ではないか

「アイツらはバカだ」、「なにも考えていないにちがいない」という心理のいちばんの弊害は、
国家規模による集団操作があった場合だ
集団を操作するのにいちばん重要なのは、集団を集団ではなくならせるところにある
集団は有機的結合物ではなく、疑心暗鬼の烏合の衆でなければ、操ることが困難だからだ
個々人がスタンド・アローンの状態 猜疑心の塊となり、自分ひとりががんばってもムダ、と思わせ、無力化させてしまえば、操る方としてはいたってカンタンでよい

「アイツらはバカだ」、「なにも考えていないにちがいない」
世代的隔絶を声高にあげる人間がいる ヤツらはきっと政府のまわし者・共犯者にちがいない
集団の個別化、孤独化による個人の無力・無気力化
あとはもうたとえ信じていないことでも、繰り返し繰り返し、復唱させつづければ、だんだんその気になってくるだろう
世界情勢に対するネット世界における論評を見れば、この国の愚民化政策がかなりの段階にまでたどり着いてしまったことがわかるはずだ
(もちろんこの「論評」とやらにも、かなり作為的なものが混入されているわけだ)

とりあえず全部疑え まずはそこからはじめよう
思考することの出発点はやはり疑問・疑念にあるわけだから
「世間一般」という括りでなにかが語られるとき、だいたいはデタラメの産物なのだからね
もちろん、おらの書く文章も疑って読むべきだ 
コイツほんとにちゃんと思考をまとめてから書いているのか?とか(もちろん連想雑記w)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-01 22:07 | 雑記・雑感