逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

正常な気ちがいたち

精神状態がふつうでなくとも、そういった症状を患っている人間たちが、その場の大半を占めている場合、その空間における「正常者」は「気ちがい」側であるということになる

「気ちがい」とは、ことばのとおり「気を乱している」人間のことであるが、これには「能動的気ちがい」と「受動的気ちがい」とがあり、これらはまるでちがう性質のものであるということを認識せねばならぬ
ここでいう「能動的気ちがい」とは、「みずからの欲望によって気を乱す強欲者」のことをさし、
「受動的気ちがい」は、能動的気ちがいたちのあくなき欲望によって、締め付けられた末での気の失調、発狂にいたるケースが多いように思われる
この場合、前者が加害者で後者が被害者であるはずなのだが、前者のほうが後者より、より「被害者意識」を持っていることが多いという点も見逃すことはできまい
そして先に「被害者の地位」を奪われてしまった被害者は、みずからが被害者であるのにもかかわらず、「こんなことになったのは自分のせい?」と本末転倒な袋小路に陥ることが多々ある

部外者は、「能動的気ちがい」と「受動的気ちがい」の差異を見分けるのになにをポイントにすればよいのか?
ことばどおり、「どちらが相手に積極的に干渉しているか」が見極めのポイントだろう
瑣末なことではなく、それらの衝突の根本的原因を「故意」に作り出している方が犯人だ
そこだけ見失わなければ、だいたいの気ちがい同士の言い争いも、どちらが加害者か見分けがつくというもの

みながみな、なにかしらの理由ですくなからず気を乱している現代社会
ひとが吐くことばを額面どおり受け取っていると、いつのまにか能動的気ちがいたちの共犯者になってしまう可能性が非常に高い
受動的気ちがい(被害者)たちは、気を乱すまでにすこしの猶予がある
そのタイムラグのあいだに「われこそは被害者だ」と言っている連中こそが、大抵の場合は能動的気ちがい(加害者)側と見てよいだろう
故意にせよ、無自覚にせよ、策謀家とは常になにがしら先に仕掛けるほうであり、だいたいの世間一般の策謀家は、二流にも演技いっぱいに被害者ヅラを相手よりも先にしてしまうものである

(一流はすくなく)二流な能動的気ちがいが社会的大勢になりつつある現在、自分が「正常」でないからといって、「気ちがい」であると思う必要はまったくない
どちらかといえば、「正常」でないことに「正常」な誇りを持てばよいくらいだ
まちがっても能動的気ちがいたちの「自作自演」にだまされて、受動的気ちがいの地位を甘受せぬよう
みなさんにも「気」をつけていただきたいものである(*- -)(*_ _)ペコリ

・せい‐じょう〔‐ジヤウ〕【正常】 / 名・形動]正しいとされる状態にあること。また、特に変わったところがなく、普通であること。また、そのさま。「―な心理状態」「列車ダイヤが―に戻る」異常。
・き‐ちがい〔‐ちがひ〕【気違い・気▽狂い】 / 1 精神状態が普通でなく、正常ではない言動をすること。気が狂うこと。 (ともに大辞泉より)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-27 20:28 | 雑記・雑感