逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

対話不全症候群のなれ果て

にわかに緊迫した状況になってしまった竹島問題
いったいなにが彼らをして、こうまでも頑迷で強硬な態度をもたらしているのか
竹島周辺の海洋資源を巡って、両国の「愛国心」が火花を散らす
マスメディアで目にする限りでは、韓国側の方がより頑迷に映るのだが、
こんなものは「どの部分を切り取るか」だけの問題であり、それこそメディアによる
「印象操作」の関与率が高く、またそれによって導かれる「世論調査の結果」とやらも、
実際のところは、なんら信憑性を持ち得ないので、判断材料には本来なら採用しえない
しかし、(一般的、盲目な)人間というものは我欲に目がくらむ生き物で、特に「利権」が絡むと
是が非でも我が物にしたがるものなので、しようがない
いちばんの問題は、そういった「利己的人間」たちが、自らの味方を増やすために
「愛国心」という単語を持ち出すところにある
ここで用いられる「愛国心」とは、つまるところ「仲間以外はすべて敵」という虚像をつくる幻覚剤であり、
ひとが理性ではなく、感情で動いてもかまわない、というデタラメな思考に、あたかも「免罪符」を
与えるものであるかのごとく、勘違いさせる単語である
論理上、自分たちの愛国心を認める場合、もちろん相手側の愛国心の存在も認めなくてはならず、
やはり愛国心などということばを用いると、どちら側も対話を成立させれるだけの状態には
とてもじゃないがなりえない
それでもなお、両国で愛国心などということばが口の端にのぼるのは、やはり元より対話をする気が
ないからにちがいないのだろう
韓国政府側が物言えぬ阿呆ならば、日本政府側はさっさと国連かどっかの国際的機関に
裁定を委ねてしまえばよいはずなのだが、なぜに日本政府も韓国政府に合わせて、しょうのない
小競り合いをくすぶらせ続けてしまったのか?
国際的裁定では、もしや日本政府側の主張が退けられる公算が高かったりするとでもいうのだろうか?

物言えぬ者同士、とうとう武器を携えての遭遇を迎えそうだ
竹島には、すでに韓国警察が銃器を持って駐屯しており、日本政府側も測量船だけではなく、
かなりの火力の重火器を積んだ巡視船を同行させ、出向させたとか
武器を持った阿呆は、それを使いたくなるのが心情
「上層部の意図とは別に、下の者が勝手に・・・」というお決まりのパターンで、かなりの割合での
発砲の公算が高いように思われる
大事に至らなければ幸いだが、「大事が起こっても別にかまわない」と両国政府とも、ある程度は考えての
今回の事態なのだろうから、頭痛の度合いが増すというものである

そもそも、実際にはダレも住んでいなかったような島を、いまさらになって国家レヴェルで所有権を
主張しあうのも滑稽の極みだ
もし、過去にそこに住んでいた人間がいたというのならば、そいつの一族にでもくれてやればすむことだし、
そうでないなら、「共有地」にでもすればいいと思うのだが、そもそも他人と「共有」というものができないヤツが多すぎるから、人間の歴史から戦争の終わりを見出せない、という根源的問題にぶつかるわけである

この問題に関して燃えているひとたちというのは、自分自身のモノの所有権ではなく、
国家的所有権という得体の知れない、個人には微塵くらいの利権にすら、
利欲を燃やしてしまう亡者に見えてしまうのは、はたしてボクだけなのだろうか?
実際にエキサイトする権利があるのは、近隣の漁民くらいのはずなのだが

・追記_それにしてもコイズミが政権首班について以来、この東アジア情勢との関係荒廃ぶりは、
いったいなんなのだろうか?
周辺諸国の対話能力が低いのもさることながら、それを差し引いても、近年の歴代政権で
もっとも外交折衝がヘタクソに映る
内側の「人気取り」のみを第一としたイメージ戦略政権だっただけに、外交がおろそかに、
あるいは「外交を捨てた」というのでは、ほんとうにただの「ぶっ壊し政権」だったという評価になってしまう
というものだ
歴代政権のなかで、最も周辺国に対話断絶のチャンス、隙を見せた政権
「日本政府はもっとも話の分かる政府」という虚像を自負するのならば、
対話拒否を意図する相手にも、そうはさせないように隙を与えてはならなかったはずなのだが、
国家的破綻が秒読み段階に入って、「すべてが面倒くさくなってしまった」という印象がボクにはぬぐえない
これもある意味、国民の自暴自棄感に感応した方針転換なのかもしれないが、
創造的時期には、本来意味を成さない政府なのだから、こういうときにこそ、しっかりとしてもらいたい
のだが、それもまた無理問答というものなのだろうか
みながみな、大人としての自負をかなぐり捨てた、そんな時代が来てしまった_とは、
とてもじゃないが認めたくないものだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-04-19 22:58 | ケイオス-フィリア