逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

30歳の肖像

4月6日といえば 泣く子も笑う ボクの誕生日だ それはあたかも 寝た子も起きるような風情か

Y談はこのくらいにして、ここでひとつ、「30歳」というものに対する所信を表明しておこう
「30歳」といえば、ぼくが若いころから常々、意識的に区切りとしていた年齢
「30歳になったら、オレはやるよ」「男は30歳からだぜ」などと、広い範囲で公言し、
ある種の「呪(しゅ)」「言霊」をかけ続けてきた年齢なのである
そして、きょうボクはついにその年齢に到達した、というわけである

「30歳」に対して、まずなにから手始めに着手すべきか
「30歳」といえば、まだ中途半端にこどもな「20歳」とはちがい、完全なる「大人」の年齢
「大人」とは、「おとな」と読むだけではなく、「たいじん」とも読めるカテゴリー
「たいじん」とは、「徳の高いりっぱな人」「度量のある人」「大人物」をさすという
これらをクリアするためには、まず「度量」からを手始めに振舞うがよいだろう

胸を張り、何事にも動じない落ち着きをもち、冷静に振舞う
まずは立居(たちい)からボクの日常を入れ替えよう
ボクは「30歳の呪(しゅ)」により、昨日をもって、それまでの「こどものボク」と決別す

われ30にして、壮年に到る、である
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-04-06 19:30 | 雑記・雑感