逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ウイイレ9攻略 ウィング編

ウイイレ9でボクの得点源といえば、やはりサイドからの攻撃
これが機能するのか、機能しないのかでは大きく得点率が変わる
システムを調整し、試行錯誤ののちに見えてきたポイントは、どうやら「攻撃意識」の設定だ
この「意識」の設定だけで、同じシステムを採用していても、その機能性は大きな変化を生む

以前、このブログで「華麗なるポルトガル代表」などという日記的記事を書いたが、
なぜポルトガルが機能したのか、その検証をもういちどしてみた
するとボクのポルトガル代表(1CF 2WG 2SH 2CH 2SB 2CB)のウィング2枚の攻撃意識の方向は
「ゴール側」と「アウト側」前方に向けられていると気づいた
ひとりのウィングが外に開いたら、逆サイドのウィングは中へと
この動きによって、クロスに対して飛び込んでくるのがセンターフォワードと2列目だけではなく、
逆サイドのウィングまでがゴールエリア内で待ち構えるようになる
ふつうにやるとウィングの攻撃意識の設定は、縦とゴール側に向けられがちだが、ワイドに開くことに
よって、相手のマークを外すという効果も出てくる
(ウィングは従来の位置よりも内側に置き、相手SBの裏を狙う これがおもしろいようにきまる)
あとはウィングの能力次第で内側に切れ込むも、鋭い低弾道クロスを上げるも思いのまま
この方法で、きのうまでまったく機能していなかったフランス代表が甦り、爆発的な攻撃力が生まれた
(イングランド代表などが相手でも、前半だけで3・4点いくことも_もちろんレヴェル6で)

どうやら「攻撃意識」の設定と「守備意識」のバランスは極めて大事なようだ
これだけで攻撃と守備がまったく激変してしまった
フランス代表のようにある程度、足のあるCBがいる場合は、バックラインの攻撃意識を見方GK側に
設定するのもひとつの手です
カウンターを受けても、がっちりと押さえてくれます(ラインで守るとカンタンに裏を破られるときがある)
まったく機能しなかったフランス代表が、ふたたび世界の頂点のサッカーをしだした
「攻撃意識」の設定、ウイイレ9のシステム設定の深さ、おそるべしですw

      トレゼゲ
 アンリ       ジュリ
       ジズー
         ヴィエラ
    マケレレ
エブラ         サニョル
    ギャラ  テュラム
       フレイ

アンリを左ウィングで起用 これでジズーとの相性の悪さは解消され、持ち味の突破力も生きる
というか、ボクはCFの使い方がヘタでなかなかゴールをゲットできないので、アンリが真ん中では
もったいないから・・・ダレかCFの機能する設定の仕方おしえてくらはい^^;  
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-10-23 12:32 | ウイイレ